1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年BL小説ベスト10
新年明けましておめでとうございます。

今日は元旦、毎年恒例のお祝いをやるために祖母を
我が家に招待したものの、祖母の腰の具合が悪く、
介助しながらつれてきたんですが、大変ですね!
おかげで自分も腰を痛めてしまいました。

まだ体重の軽い祖母だからいいものの、これが恰幅のよい
男性だったりなんかしたら、介助側が危ないですね。
うーん、介護関係の仕事って激務だよなあ。
自分のためにも介助の方法を少し学んでおくべきかしら、
なんてちょっと暗い未来を案じたお正月でした。

それはさておき、今年も絶頂ローペースで無理なく
頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。


さて、もう去年になってしまいましたが、
2010年のBL小説ベスト10です。
小説はこの頃読めていないなあ、と感じていたんですが、
まとめていたら11月〜12月の間なんか約2日に1冊は
読んでいたんですよね……うーん、意外です。
(感想を書く時間が無いだけで←デジャヴ)
総数は減りましたが、これはこれでいいかな。

それでは、以下にて。
続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 23:53 | - | - |
2010年BLコミックベスト10
仕事が納まらないので人にバトンタッチしたという
非常にすっきりしない仕事納めを迎え、昨日から
休みに入りました。といっても昨日はほぼ寝てしまい、
今日は部屋片付けだけで終わりました。
なんだこの年の瀬感のなさ!普通の週末と変わらない!

なんか悔しいので大晦日らしく(?)本棚の整理をしていたら、
つい読み返しちゃって…やはり普段と変わりませんでした。
うーん去年は何をしていたのかしら?と去年の記事を
見たら、ほぼ同じことを書いていました。
進歩の無さが伺えるそんな大晦日です。


さて、今年は忙しすぎて、エクセルへ読んだ本をまとめるのも
遅れてしまっており、ようやくコミックだけ終わったのですが、
手早く読めるコミックの読了量は意外と減ってませんでした。
(感想を書く時間が無いだけで)

よってちゃんと10作選べます!というわけで、
年内最後の記事は、2010年コミックベスト10です。
それでは、以下にて。
続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 23:59 | - | - |
2010年上半期 BL小説ワースト5
土曜日曜と、睡眠とマンガに耽っていました。
(あ、選挙には行きましたよ!)

新刊はもちろんなのですが、もやしもんを
再読しては飲酒して昼間から寝こけたり、
ガラスの仮面の通し読みをしては速水さんの
顎の成長の軌跡を追ったりと、中毒状態でした。
物語のエネルギーって素晴らしいですね!

さて、その物語のエネルギーですが。
残念ながら、こちらの怒りエネルギーが
うなぎのぼりになってしまうものもありまして、
その私憤を晴らすのがこのワースト記事です。

もちろん個人的なワーストですから、
誰にでもワーストであるとは限りませんので、
もしかしたら不愉快になるかもしれませんので
苦手な方は回避してください。と毎回書いてるけど、
毎回ベストよりアクセスが多いんですよね。
私が言うなですが、世の中は物好きで満ちています。

それでは、以下にて。(今回は長いよ!)

続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 21:28 | - | - |
2010年上半期 BL小説&コミック ベスト
今日はようやく川端康成の『少年』を読み終わりました。

旧字が多くて読むのにとても時間がかかりました。
また、物語としての体裁をとっているのではなく
自伝的な部分が強く、時系列もあちらこちらに
飛んだりで終着点が見えづらく、普段やわらかい本ばかり
読んでいたので非常に疲れました……。

ただ、寮内での同性愛というか少年愛的な文化があり、
誰々が誰々を狙っているだとか手を絡めて床に就いただとか、
フツーに描写されてるのに驚きです。というか、
そんな内容の文章を学校に提出しちゃっても
咎められない文化があったっていうのは…凄いですね。
タイムマシンがあったら見に行ってみたいものです。


さて、タイムマシンに乗っているわけでもないのに
あっという間に過ぎた上半期を振り返ってベストです。
今年はコミックはちょっと数が少なかったので、
小説を10作、コミックを5作としてみました。
それでは、以下、どうぞ。

続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 22:30 | - | - |
2010年BL系感想一覧
■BLの感想(っぽいもの含む)のみピックアップしています。
■特別お気に入りのものは色がつけてあります。
■週末毎に1回更新する予定です。

過去の感想一覧リンク
【2005年】 【2006年】 【2007年】 【2008年】 【2009年】

―――小説―――
1月:12点
01.05 『極道さん、治療中!?』/永谷圓さくら
(以下、『夜を統べるジョーカー』まで2009年下半期ワースト5)
01.05 『姫巫子は王の腕に抱かれる』/月夜野亮
01.05 『恋愛の条件』/金田えびな
01.05 『ヴィレッジの掟』/クリストファー・モーガン
01.05 『夜を統べるジョーカー』/高岡ミズミ
01.08 『華やかな迷宮』/松岡なつき
01.11 『成澤准教授の最後の恋』/高遠琉加
01.12 『つる草の封淫』/沙野風結子
01.19 『いじめて、そして愛して!』/賀田まいと
01.21 『心まで縛りたい』/砂床あい
01.23 『ボクの彼氏はどこにいる?』/石川大我(No BL label)
01.28 『夜毎の鎖』/暁由宇(小路龍流)
2月:9点
02.05 『隣人には秘密がある』/秀香穂里
02.07 『アダルト・エデュケーション―紳士調教』/鳩村衣杏
02.09 『染模様恩愛御書』/深山くのえ
02.11 『妄想弁護士 〜あぶない法律相談所〜』/白金あろは
02.14 『好きで好きで好きで』/高遠琉加
02.19 『恋するバンビーノ』/高尾理一
02.21 『Hipな関係』/姫野百合
02.23 『雀荘恋愛事情』/中原一也
02.28 『甘い運命』/高遠琉加
3月:9点
03.04 『罪と罰の間』/綺月陣
03.05 『Sの悲劇』/有田万里
03.07 『文殊丸』/須和雪里
03.11 『スケルトン・ハート』/いつき朔夜
03.18 『声を聴かせて』/有田万里
03.21 『なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…』/小林典雅
03.23 『立ち読み禁止!』/音理雄
03.28 『ソウル・トライアングル』/有田万里
03.31 『二人暮らしのユウウツ』/夜光花
4月:9点
04.04 『無敵のまなざし』/バーバラ片桐
04.09 『月に笑う』(上・下)/木原音瀬
04.14 『夢は廃墟をかけめぐる』/渡海奈穂
04.16 『スウィート・レクチャー』/佐伯まお
04.18 『描くのは愛』/剛しいら
04.20 『グリーングラス』/暁由宇
04.22 『ヴァージン・キラー!』/吉田珠姫
04.26 『隷辱の人魚』/吉田珠姫
04.30 『パーフェクト・ラブ』『エクセレント・ラブ』/たけうちりうと
5月:9点
05.03 『翼あるもの』(上・下)/栗本薫(No BL label)
05.05 『落花流水』/凪良ゆう
05.09 『孕み猫』/西条公威
05.12 『サンタモニカ・ボーイズタウン』(上・下)/有田万里
05.16 『Happy Shock!』/名倉和希
05.19 『スイートルームの恋人』/暁由宇
05.22 『イノセンス―幼馴染み』/砂原糖子
05.29 『タンデム 〜狂犬と野獣〜』/沙野風結子
05.30 『なぜ彼らは恋をしたか』/秀香穂里
6月:8点
06.03 『花を買う男』/有田万里
06.05 『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒
06.06 『愚か者の最後の恋人』/樋口美沙緒
06.08 『お墓日和、恋日和。』/早瀬亮
06.10 『世間が許さない』/松永也槻
06.13 『男色の景色-いはねばこそあれ-』/丹尾安典(No BL label)
06.15 『いつかお姫様が』/久我有加
06.25 『ブラック・オパール』/吉田珠姫
7月:10点
07.09 『37℃』/杉原理生
(以下、『迷惑だろうと恋は始まる』まで2010年上半期ワースト5)
07.11 『ラブガードは終わらない』/甲山蓮子
07.11 『花色ー君をこそ、想ひ初めしかー』/栗城偲
07.11 『永遠に咲く花のように』/須藤安寿
07.11 『家族の肖像』/桃さくら
07.11 『迷惑だろうと恋は始まる』/相良友絵
07.16 『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加
07.19 『散る散る、満ちる』/凪良ゆう
07.23 『大阪ラプソディ』/海賀卓子
07.25 『江戸繚乱』/山藍紫姫子
8月:9点
08.01 『交渉人は嵌められる』『交渉人は諦めない』/榎田尤利
08.05 『祈り』/綺月陣
08.07 『金曜日の凶夢』/夜光花
08.08 『妖庵夜話 その探偵、人にあらず』/榎田ユウリ (No BL label)
08.12 『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬
08.15 『FRAGILE』/木原音瀬
08.16 『WELL』/木原音瀬
08.21 『溺れる人魚』/いつき朔夜
08.28 『甘い棘の在処』/萩野シロ
9月:5点
09.01 『運命はすべて、なるようになる』(上・下)/五百香ノエル
09.11 『鼓ヶ淵』/三田菱子
09.12 『青鯉』/たけうちりうと
09.18 『札幌の休日』1〜4/桜木知沙子
09.20 『恋する遺伝子〜嘘と誤解は恋のせい〜』/小林典雅
10月:2点
10.17 『疵 スキャンダル』1〜4/かわい有美子
10.24 『恋で花実は咲くのです』/久我有加
11〜12月:0点

―――コミック―――
1月:4点
01.16 『嘘みたいな話ですが』/腰乃
01.17 『茅島氏の優雅な生活』/麻々原絵里依
01.24 『Jの総て』1〜3/中村明日美子(No BL label)
01.31 『卒業生(冬・春)』/中村明日美子
2月:3点
02.02 『永遠のボーイフレンド』/吉池マスコ
02.17 『キャンバスにくちづけを』/南国ばなな
02.28 『枯れない花』/京山あつき
3月:0点
4月:1点
04.07 『BANANA FISH』/吉田秋生(No BL label)
5月:1点
05.13 『50×50(フィフティ フィフティ)』/国枝彩香
6月:2点
06.20 『かわいさ余って何かが百倍』/エンゾウ
06.20 『No.99:人間玩具』/池玲文
7月:1点
07.29 『オオカミの血族』/井上佐藤
8月:0点
9月:1点
09.05 『地下鉄の犬』/草間さかえ
10月:1点
10.03 『千 長夜の契』/岡田屋鉄蔵
11月:1点
11.09 『日出処の天子』/山岸涼子(No BL label)
12月:1点
12.19 『僕はすべてを知っている』/高久尚子

―――CD・その他―――

04.11 『まるごと!ゲイビデオ三昧』/麗人ふろく
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 22:00 | - | - |