1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スイートルームの恋人』/暁由宇(小笠原宇紀)
ほぼ10時に帰宅って、ブログを書くには遅く、
かといってすぐ寝るには早すぎる微妙な時間だなあ。

ベッドの近くに
ところで、ようやく文庫版の
『BANANA FISH』を入手しました。
「あ、入札忘れた」「あ(以下略)」と
何回も繰り返してようやくの入手です。

ANOTHER STORY は『PRIVATE OPINION』が
初読みでしたが、いいですね、師匠と弟子。
いいです。ふふ。(感想を放棄)

読み返し期間に入るので更新が滞りがちに
なるかもしれませんが、ご容赦のほどを。


さて、今日は、未読本のほうが少なくなってきた
暁作品の感想です。寂しいなあ…それでは以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 01:21 | - | - |
『グリーングラス』/暁由宇(岩清水うきゃ)
本日定時退社したら雨が降っていたうえに、
時間がかぶっていたらしく、大学生の集団が
横並びにたらたらと歩いてて、あーやだやだ、と
思っていたら、集団の最後のほうに目が奪われました。

それは男同士の相合傘だったんですが、
そのさしてる傘は2人入るには小さい傘で、
そういう場合って普通は入るほう(以降A)が遠慮して
ちょっと濡れたりするじゃないですか、それが逆で
さしてるほう(以降B)が傘の下にいる面積が少なくて
肩が濡れてるんだけど何も言わないで
さしてるとかどんだけBの想いが深いの!
Bの肩の雨水は相合傘という幸せの代償?萌える!

しかもAは、さしてる子と逆側にいる子(以降C)と
楽しそうに喋ってて、でもちらちらと横にいるBも見て、
3人という微妙なポジションを配慮して……って、あ、
B→A→C で、AはBが自分(A)のこと好きだと
知っているんだけれど知らないふりして友人を続けてて
BはAの気持ちがCへ向かっているとわかっても
傍にいたい情け深い朴訥攻めってことか……おお滾る!
あれ?でもなんでCの傘にAは入らないんだ?
ああそうか、Cには臆病になっちゃうAが
本当に信頼してるのはBで、よってB×AでQ.E.D ね!
ってとこまで受信したら駅でした。恵みの雨に感謝です。
これだけで幸せになれるって幸せだなあ、妄想って。

ええっと…これだけで終わりそうな勢いで書いてしまいましたが、
本題は以下の感想です。暁さんの作品で一番好きかもしれないです。
それでは折りたたみます。

続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 22:58 | - | - |
『夜毎の鎖』/暁由宇(小路龍流)
ああ……憂鬱です。なにがって、明日、
急な飲みになってしまいました。

一週間頑張った自分へのご褒美♪に
明日美子さんの『卒業生』を金曜の夜に読んで、
思う存分萌え萌えしようと思っていたのに!

正直断りたいけれど、断れない事情がありまして、でも、
「相談は就業中にお願いします。(BLで)忙しいので!」
といって逃げてしまいたい衝動に駆られています。
土曜日に回すか……うう。ジレンマです。

さて、今日は暁さんの3P本です。
この方、やっぱり普通じゃないものを感じさせますね。
以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 23:37 | - | - |
『Hard to hold』/暁由宇(石原理)
昨日の記事、非公開になっていました……。
寝ぼけていたわけでもないのに、
公開にするの忘れたのかしら。

忘れていたと言えば、今日の感想を書こうとして、
「暁さんの本はこれで通算」…えっと何冊目?と思って
読書リストを見たら、なんと8月でとまっていました。
読書メータをつけているせいで、ついうっかり、
リストのほうもつけているものだと思っていました。
勘違いって怖い!

リストはただいま読書メータが落ちているので
明日に持ち越しですが、暁さんの6冊目の本だと
わかったので、とりあえずの目的は達しました。

ということで、暁さんの6冊目も面白かったです。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 22:18 | - | - |
『甘い罠』『恋の獲物』/暁由宇(斐火サキア)
昨日はまた宝塚を見てきてしまいました。
どんだけ好きになったんだ!と思われるかもしれませんが、
タダで誘われたら行っちゃうってのが人情と言うもの。

前半のコメディは、一緒に行った宝塚自体はじめての人が
「あんなに派手で大音量なのに寝ちゃった……」と
つぶやくのもしょうがないと納得するほど退屈でした。
が、後半のショーはノリノリなサンバが爽快でした。

それにやっぱり大劇場でのラストの階段を
降りてくる場面、あれがあると楽しいなあ。
また機会があれば行ってみたいですね。


さて、今日の感想は最近お気に入りの暁由宇さんの作品です。
(今は無き)ジーン・ノベルス、あなどりがたし!
それでは以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 23:43 | - | - |
『罪深き誓約』/暁由宇(九条えみり)
今日は選挙でしたね。
投票しないともったいないのでしてきました。

日本経済がよくなってくれればどこでもいいんですけれどね…。
BLのお値段を下げろー!なんて本音は言えないし。
これを書きはじめた今現在、居間では家族が選挙速報を
見ているのですが、結果はどうなることやら。

さて、さっそく手に入れた『快楽の支配者』の続編、
『深き誓約』の感想です。前巻で見えた結論を
より固めていくようなお話でした。
それでは、以下にて。
続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 21:55 | - | - |
『快楽の支配者』/暁由宇(九条えみり)
自転車がブームの昨今(だいぶ経った?)、ちょっと興味を
持ったので、ここ何年か乗っているという後輩に、
いくらぐらいのを買ったのかと聞いてみたら、
「10万円ぐらいですよ」とな。
……藤子F不二雄全集が2つ買えるじゃないですか。

彼いわく、パーツなり備品なりのいいものをそろえると、
さらにお値段が上がるそうで、高いものになると
それこそバイクより高いものもあるとか…
うーむ、信じがたい世界だ。

「入門者向けモデルなら5万ほどのもありますよ」

…でも藤子F不二雄全集が買えるじゃないか。(そこから離れろ)
世の中色々だなあと思った今日この頃です。

さて、読書していても、世の中色々だなあと
強く思ったSMものBLが今日の感想本です。
オススメくださったTさん、ありがとうございました。
それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]暁由宇 | 00:02 | - | - |