1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『藍苺畑でつかまえて』/小林典雅(夏目イサク)

『藍苺畑でつかまえて』/小林典雅
新書館(2013/6)
【Amazon】

☆あらすじ
『綾織村に中国からお嫁さんを
迎えよう』。村を挙げての
婚活プロジェクトに
渋々参加することになった信。
とはいえまだ25歳、結婚する気はない。
一方、姉代わりの友人の付き添いで、プチ女装で
渋々参加した夏雨(23歳・男)。 もちろん結婚する気はない。
そんな二人は、顔合わせ初日から言葉も通じないのに大喧嘩。
だがなぜか、夏雨がホームステイ先に信の家を選び……!?

・雨が降ったら降ったでうっとうしい、晴れれば暑い、夏です。
 アルコール関係と図書館以外は9月まで営業休止です。
 そいうえば図書館に江森備さんの『私説三国志』があると知り、
 読み始めました。(侮りがたしわが街の図書館)
 どうしても横山版の印象が強くてなかなか慣れませんでしたが、
 新しい孔明像がようやく掴めてきました。
 これがマヤの「あたしの演じる美登里がわかってきた…」
 といっていた感覚でしょうか。違うか。

・さて、今日の感想本は中国繋がりです。
 あらすじを読んで「こんな手があるとは!」と感心しましたよ。
 嫁ものはBL界にあまたありますが、「婚活」と絡めるだなんて!

・…我にかえってよく考えると「嫁」って時点でヘンなんですが、
 婚活からはじまっていること、かつ作中の人物達も
 ほぼ受けを女性と勘違いしてるというつくりなので、
 無理やり感が控えめになっているように思います。

・まあ、ぶっとんでるという点では同じなんですけど、
 でも支離滅裂になっていないのは、作中で
 現実と虚構がうまく組み合わされているからでしょうかね。
 いま二次創作界隈で熱い「進撃の阪神」とかさ…!
 他にも抱腹絶倒のタイトルが並んでいて、
 本気で電車の中で緩む顔を引き締めるのが大変でした。
 全体が、このタイトルのように、現実と虚構を織り交ぜつつ、
 笑えるコメディに仕上がっている。
 典雅さんの個性、というかBL界唯一のものだと思います。

・それからちょっと嬉しかったのが、ふつーの、
 庶民階級の中国人が受けということです。
 BLに出てくる中国人はたいてい攻めならマフィア、
 受けならその愛妾やら秘書やらという認識
 (これはおおよそ間違ってない認識だと思う)なので、
 新鮮ですよね。先日中国に行ったときに、
 国家的な問題はさておき個人はいい人たちだったので、
 それを思い出して共感できたのも個人的に良点でした。

・中国語が頻繁に出てくる点も作中のリアリティを支えているし、
 片言の日本語がおかしかったりするのも非常に萌えた……!
 とくに致すシーンでの「やだなの」は卑怯である。
 それに萌えている元クール系の攻めにも萌えるのである。

・また新しい萌えを発見できて非常に嬉しいです。
 素晴らしいコメディ作品でした。今年のベスト候補です!
| [BL・小説]小林典雅 | 14:56 | - | - |
『恋する遺伝子〜嘘と誤解は恋のせい〜』/小林典雅(小椋ムク)
Twitterで呟いたとおり土曜日にランチ→床屋→整体コースを
行ったら、ものすごく身体が熱くなり伏せってしまいました。

まあ、伏せっていたとは言っても、ゲームやら
読書やらはだらだらとしていたのですけれど、
どうも目が霞んであまり効率が上がらず、
少し目をつぶったら何時間か経っている……を
繰り返しておりました。昨夜もモニタにちゃんと
焦点を合わせられず、コメントだけお返しして
感想は今日に繰り延べました。

整体行ったら坐骨神経痛が悪化していると言われるわ、
こないだの木曜(雨でよりによってスーツだった日)から
足が変に引き攣っちゃって痛いと相談したら、
疲労で血流が悪くなっている未病状態(ほんとはもっと
説明長かったけどはしょる)と言われてしまうわ…、
アタシほんとに大丈夫なんかいと思った週末でした。

更新はしたいけど、まずは身体を大事にしないと、ですね。
週末以外更新できてなくてすみませんが、できるかぎりの
「マイペース」で継続したいと思います。

というわけで暗い出だしになってしまいましたが、
感想ははっちゃけて行きます。典雅さんだし!
それでは、以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]小林典雅 | 23:59 | - | - |
『なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…』/小林典雅(山本小鉄子)
「BANANA FISH」を探しにブクオフへ行ったら、
なぜか1冊も置いてなくて凹みました。

いいもんマンガ喫茶行ってくるもん!となれば
よかったのですが、あ、そういえばこの本も
読みたかったのよね……と立ち読みし始めたら
いつのまにか4時間近くも過ぎていました。

あるぇー?今日は「BANANA FISH」を買って、
優雅なブランチをとりながら読んで、
スイーツな気分を味わうつもりだったのに、
結果は足腰の鈍痛とコンビニのおにぎり…。
(既にランチタイムはとうに過ぎた時間)
ていうかスイーツは「BANANA FISH」読みながら
昼食をとらないから前提から間違ってますけど、
人生とはままならないものですね。

さて、タイトル長すぎな典雅さんの新刊です。
ヒストリカル…だと…?と思いましたが、
あいかわらずでした。以下、感想です。


続きを読む >>
| [BL・小説]小林典雅 | 23:37 | - | - |
『嘘と誤解は恋のせい』/小林典雅(小椋ムク)
毎回、典雅さんの新刊のあらすじは白泉社の本気が見えます。

問)琴線に触れるBLをお探しのあなたに伺います。
a.恋のきっかけは突拍子もないものに限る
b.恋愛成就効果のあるアンケートを体感したい
c.『泥酔襲い受』もしくは『洞窟羞恥プレイ』という
 ワードにちょっとピンときた
d.つい、味のある脇役に愛と萌えを感じてしまう
e.片想い時と両想い時、それぞれを楽しみたい
f.小林典雅または小椋ムクと聞くと胸がトキめく

――以上、どれか一つでも当てはまったあなたは同志です。
(勇気を持って)お買い求めください(ハート)
こういう本気と書いて気違いマジ、大好きです。

タイトルとこのあらすじでほとんど話は
見えてしまうのですが、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]小林典雅 | 23:23 | - | - |
『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅(柚名ハルヒ)
今日の睡眠不足はこの作品のせいです。

「2話めが75ページからだから、1時まで(こんなことを
考えているのが大体夜中の12時過ぎ)に1話めだけ読んで、
続きは明日の行きの電車に読もう……」だなんて
パーフェクトで典雅なプランが丸つぶれです。
すみません、単に典雅って言いたかっただけです。

悔しい…けれどそれを上回る満足感でいっぱいです。
やっぱり小林典雅さんは面白かったです!
それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]小林典雅 | 23:12 | - | - |
「小林典雅に期待する会」会員参加表明
今日は短文記事をもうひとつ。

アクセス解析にて、面白い記事と試みを発見しました。
その名も、『ただ今 “典雅なる一族” キャンペーン中!!』

『美男の達人』で私を一発でファンにさせた、
あの小林典雅さんの販促+応援を実施しているそうです。
試みも、志も、諸手を挙げて賛同したくなって
しまったので、こうして記事にしてみました。
こういう試み、ええ、あたくし大好きですことよ。

小林典雅さんの面白さは「典雅なコメディ」だと
思いますので、BLのフィールドで、でも既存の
BLではない面白さを味わって典雅に笑いたいかたに、
ぜひオススメします。(どんなかただ)

自分にできることなんて文庫を新刊で買うとか、
「面白かった!」と書くぐらいしかできないんですが、
それでも「小林典雅に期待する会」会員に
エントリーさせていただきまーす。
| [BL・小説]小林典雅 | 23:02 | - | - |
『美男の達人』/小林典雅(高峰顕)
以前、この作家さんは『老舗旅館に嫁に来い!』を
読んだことがあるのですが、シャレードパールで
本が薄いということもあり、自分としては
それほど印象に残らなかった作品でした。

とはいえコメディは脱力系で自分好みだったため、
次も買ってみようと思い購入してみたのですが……
すごかったです。
予想よりすごかったです。
ホリ○モンだって想定の範囲外です。(古いなー)
トンデモに近い、すごいコメディでした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]小林典雅 | 21:24 | - | - |