1/4PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は嵌められる』『交渉人は諦めない』/榎田尤利(奈良千春)
今日はやおい(8/01)の日!おめでたいですね!
タイトルを打とうとしたら「ハメられる」と変換した
私のPCもおめでたいですね!間違ってないけどね!


全然話は変わりますが、机の上に積んでいた本を
一気にどかしたらものすごく机が広くなりました。
そりゃ机の3分の1を占めていた本がなくなれば
自然とそうなるんですが、ちょっとしたことで
手軽に気分転換できるというのは悪くないですね。
え、本?…いまはベッドの上です。こうしておけば、
寝る前に片付けるでしょう。たぶん!


さて、記念すべき(?)やおいの日に読んだ交渉人。
素敵なエンターテイメントでした。
以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:37 | - | - |
『はつ恋』/榎田尤利(小山田あみ)
最近はちょっとしたついてないこと続きなのですが、
今日はなかなか痛手なことが起きました。
いつもBL本を売りに行っているお店が買取中止……。
閉店ではわけではないのですが、困ったなあ。
ブクオフだとBLの適正値段で買い取ってもらえないし、
かといって池袋まで重い本を持っていきたくないし…。

ああ憂鬱だなあ、そのお店から駅へ帰る途中、
駅前で露店のようなものが開催され賑わっており、
ひとが落ち込んでるのに癇に障るなあもう、
と苛立っていたら、飴のお店の前で、
「男二人でりんごあめっておかしくね?」
「いいじゃん食べようぜw」
とイチャコラこいてる高校生を見てテンションアーップ!!
全然おかしくないよ!ありがとう高校生&露店!

でも真剣に買取について考えなくては…うむむ。

さて、今日は久しぶりに読んだ商業BL小説です。
引き込まれた…!以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:34 | - | - |
『蛇とワルツ』/榎田尤利(志水ゆき)
相変わらずの深夜帰宅&更新です。
感想自体は適当な余り時間で書けるので、
大して負担じゃないのですけれどね。
むしろその方が集中して書けているような気がします。

ところでこのタイトル、既視感があるなあ、と
思われた方、私のほかにもいませんか?
私が連想した答えは『蛇にピアス』でした。
語感がそこはかとなく似ているような……似てないか。
まあ、この作品は『蛇とフェイク(3音だから見逃して!)』
といった内容の作品でした。

やっぱりシャイ×エダさん(シャイ攻めではない)は
いいですね!それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 02:44 | - | - |
『交渉人は振り返る』/榎田尤利(奈良千春)
PCのバックアップをし忘れて困ったことがひとつ。
変換機能がパーになってしまいました。

エダさんは枝有利だし、剛さんは合資医らですし、
高遠さんは高と折るかですし、まったくもう、と
変換に憤りますがやっぱり作家名が特殊ですよねこの業界。

新しく登録すればいいだけの話なんですけど、
その読みが変換できるだろう範囲内だ、と
無自覚に考えちゃってるんだなあと気づいた次第でした。

さて、それでは5月で一番楽しみにしていた交渉人シリーズです!
ちょっと重い内容でしたがやはり面白かった…!
というわけで、以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:09 | - | - |
『交渉人は疑わない』/榎田尤利(奈良千春)
だからやめられない今日の画像は、先日フェアで申し込み、
届いた久世番子さんの小冊子です。

64ページもあり、描きおろしもあり、
これが300円!?なできばえでした。
中身も相変わらず面白かったし、
普段小冊子商法とか悔しさ半分で
言ってますが、これはお得だなあ。


英田さんの『デコイ』とこの榎田さんの『交渉人〜』の
小冊子も600円以上の価値があることを願います。
それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 21:33 | - | - |
『獅子は獲物に手懐けられる』/榎田尤利(志水ゆき)
三本目の抜歯が終わりました。
これで親知らずを抜き終わりスッキリ。
見せてもらったら歯の裏側が虫歯で黒ずんでいまして、
もう少し悪化してたら砕いて抜かなきゃいけないところでした。

しかし、もう慣れてきたとたかをくくっていたら、
やっぱりズキズキと痛くて、痛いものは痛ぇー!
痛みに慣れたつもりでも肉体的なもの、精神的なもの、
トータルで痛いですね。

さて、今日のエダさんも痛々しい話でした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:31 | - | - |
『理髪師の、些か変わったお気に入り』/榎田尤利(二宮悦巳)
エダさんにしては長いタイトルですね。

タイトルと言えば理髪師ですが、髪を外で
切るようになってからというもの、2回を除いて、
ずーっと同じ床屋で髪を切ってもらっています。

そこで一番気持ちいいのは顔剃りなんですよね……。
あの有終の美とも言える爽快感と心地よさは最高です。
美容院はあれがないのでどうもダメでした。
女性は特別なとき(結婚式とか)以外は行かないかもですが、
行ったことがなければぜひオススメします。

さて、藤井町シリーズ最終巻のこの作品、
顔剃り並に心地よいフィナーレでした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:36 | - | - |
『ビューティフル・プア』/榎田尤利(稲荷家房之介)
プア。poor。
どうやって書いても間抜けな単語に思えます。

最近はワーキングプアなんて言葉が流行していますが、
どうも緊迫感の無い単語に感じてしまうんですよね…。
「貧乏労働者」「貧窮社会人」と書けばほーら、
こんなにはっきり!…しすぎて嫌だな、意図が。

逆に山上憶良の作品を「Poor dialogue waka」と
横文字にしてリバイバルしたらどうでしょうか。
バカ売れ……しないな。発想がプアで困ります。

さて、プアだけどビューティフルな貴族が身売りをするという、
エダさんらしからぬBL的設定のお話でしたが…意外に面白かったです。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:35 | - | - |
『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利(石原理)
この一週間ぐらい、BLに限らずアタリが多くて、
かえってどれの感想を書きたいのかよくわかりません。

BLマンガだけでもユギさんの『ありえない二人』、
鬼嶋兵伍さんの『ジョカトーレ、捕獲計画。』、
ヤマダサクラコさんの『思い過ごしも恋の内』と
ひとり脳内フィーバー中です。(意味不明)

感想を書いてストックしておけばいいのは自明の理ですが
そういうスタイルができないので、とりあえず、
一番のアタリだったこの作品の感想にしました。
……小説のほうが書きやすいんだもん。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:11 | - | - |
『名前のない色』/榎田尤利(宮本花野)【60万企画・3】
今日は天気と体調の悪さによって、読書の日と決めたのですが、
2時から7時まで昼寝(夕寝?)をしてしまいました…。

もともと眠りはかなり深いタイプで、地震が起きても
夜中に携帯が鳴っても気づかないくらいなのですが、
今日はスイッチを切ったようにさらに落ちてました。
薬のせいかな…?おかげでだいぶよくなりましたが。

さて、「リーフ&アイノベルス哀悼企画」の、
最後の1冊は榎田尤利さんのアイノベルスです。

薬を飲んでも眠れないのって辛いだろうなあ…、と
惰眠をむさぼった私はまずそんなことを思ったりして。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:28 | - | - |