1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『背徳のマリア』(上・下)/綺月陣(AZ Pt)


『背徳のマリア』(上・下)/綺月陣
海王社(2011 5/28, 6/28)
【Amazon】

☆あらすじ(上)
T大学医学部外科医の早坂圭介は、謎を残して失踪した大親友・佐伯彰を
想い苦悩していた。そんなある日、圭介の前に彰そっくりの美貌を持つ
「あきら」が現れて――許されない愛に身を落とした男たちの切なくも
美しい軌跡を描いた幻のデビュー作、完全復活。書き下ろしも収録。
・長らく積読してましたが、文庫化ということで
 ようやく読了です。評判に偽りなしの衝撃作でした。

・投稿先がJUNEとはいえ、ゆるめのものでも強姦、
 性転換、流血、妊娠 (ファンタジーにできちゃった、
 ではなく医療行為扱いで)、果ては精神崩壊……
 狂気を孕むのではなく狂気が全体を覆っています。
 実は上下巻で2カップルの話がありますが、両方ともです。
 精神が安定していないときに読むと、かなり引きずられそうです。
 具体的な表現は伏せますが、今のBLでは書けない、
 書かせてくれないような狂気でして、次元が違います。

・それでも「キ○ガイだわこの子!」の一言では
 終わりません。ただひたすら愛情を求める表現であり、
 端から見たらどんなにとち狂っていたとしても、
 そこには恐ろしく強い筋が一本、通っています。
 いや、狂っているからこそ、想いの深さが突き刺さるのです。

・でも、そこまで狂おしい愛を見ていると、紙一重、
 同じもののかたちが違って見えるだけのような気がしました。
 その見え方が正しいかどうかなんてことは判断できず、
 ただ美しいとか、怖いとか圧倒されるばかりなのでした。
  
・崇高なものの象徴であり、罪を背負うものの象徴でもある
 「マグダラのマリア」がぴったりすぎる話でした。
 マリア同様、片方のカップルの卵子が結局どうなったか?という
 余韻は空恐ろしいほどです。(文庫書き下ろしの話)

・唯一の救いは、カップリングに加わらない同僚、
 安藤のキャラクタ。粗野粗暴粗忽でブサイク、
 けれど私はそういうキャラが大好きです。
 能力はマッドですが、性質は一番まともです。
 彼なしでは話も読み手のページをめくる手も進みません(笑)


・また、物語を見事に表現した表紙絵も凄いです。
 未読でもパッと見て白と黒の対比が印象的ですが、
 読み終わって見返すと、ひとりでなにかを抱えて
 どこかへ向かう人物の表情に、深い感慨を得られます。
 
・余談ですが、手元にあるノベルスの挿絵と見比べますと、
 新装版では女性の体を極力見せていませんね。
 しかし旧版(ピアスノベルス。茶屋町さんが挿絵)は
 ざっと見てトップレスが3箇所はあります。
 イラストレーターの表現の仕方なのか、
 それとも出版社に挿絵規制でもあるのでせうか。と、
 余計な事が気になったのでした。

・これをデビュー作にさせなかった編集さんの判断は英断…。
 いきなりこれが最初じゃ、イメージが凄すぎです(笑)
 精神を万全の状態にしてからなら、オススメします。
| [BL・小説]綺月陣 | 00:21 | - | - |
『祈り』/綺月陣(梨とりこ)
ここのところ、部屋があまりきれいではありません。(控えめの発言)
最高に忙しかった時期は部屋がきれいでないことすら
認識していなかったので全然気にしていなかったんですが、
いま、すこし落ち着いて部屋を見回してみると…き、汚い。

だいたい、6畳の広さなのに、ベッド、机、
デスクトップPC、洋服ダンス、外套用のラック、
加えて本棚が2つにカラーボックスが4つに
段ボール箱がいくつか…なんてもともと物が
溢れているのに、日々増えていく本が
収まるわけがないじゃないか!

じゃあ買うのをやめればいいや、とならないのが
本を買う人の特徴なわけで、堂々巡りです。
うーん、少しずつでも毎日本の整理をしようかな。

というわけでまさしく雑談でした。
本日の感想は、グレーな綺月陣さんの作品です。
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 01:37 | - | - |
『罪と罰の間』/綺月陣(AZ pt.)
えーっとG○cktさんですか?と突っ込みたい美形と、
歩道橋のうえで落ちぶれ感たっぷりにたたずむオヤジ、
というちょっとBLっぽくないけれど、素敵な表紙の作品です。

ですが、また読みがわからない絵師さん……。
えーっと、「アズ ピーティー」さんか。
そのまんまでした。

なんでこうBLに関わる作家さんの名前というのは
一発で読めない名前が多いのでしょうか。
そろそろ新しいことへの記憶能力があやしく
なってきたので、明快な名前だと嬉しいです。


さて、中身は、素敵な内容ばかりではないですが、
あたたかみのある読後感でした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 00:35 | - | - |
『獣』『獣・壊滅』『獣・煉獄』/綺月陣(青海信濃)
昨日は腰痛のため土曜でしたがお休みしました。

運よく整体の予約が取れたので矯正してもらい、
今日はほとんど動かず療養に努めたので復帰しましたが
なんだか休みになると急に腰痛に襲われます。
平日だと気が張っているのがゆるんでしまうのでしょうか。
体のメンテナンスはこまめにしておかなきゃですね。

さて、今日は一日中横になっていたため、
綺月さんの『獣』シリーズを読破できました。
……体調が悪化したようです。

以下感想ですが、生理的に受け付けない人も
居そうですので、お気をつけてくださいませ。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 22:25 | - | - |
『ブライダル・パニック!』/綺月陣(氷栗優)
最近、寝巻き代わりにツナギを着ています。

今まで着た事なかったんですが、楽ですね、これ。
楽なんです、けれど、ツナギを着ているだけで、
時たま「ああ…次はションベンだ」というあの有名な
セリフがどうしても頭によぎります。
阿部(おお振りのじゃないよ)、恐ろしい子!

さて、今日は「3人以上の表紙だからとりあえず買おう」と
あらすじも読まずに3Pと推測して読んだこちらの本です。
全然違ったけれど、面白かったので感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 22:34 | - | - |
『梔子島に罪は咲く』/綺月陣(高緒拾)
ちょっとだれですか、『ご奉仕させていただきます』を
新刊で買った気前のいい人は!(笑) 嬉しいやらなにやら。

あ、ほんとはとても嬉しいです。垂れ流しの感想を
読んでいただいた上に本を買う気になってくれることが!
これが一番ブログをやっていてよかったことです、ええ。

さて、今日も前回に引き続きエロ路線ではあるんですが、
あちらとは全く違った、どろどろのコテコテです。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 22:34 | - | - |
『捨てたもんじゃねぇ』/綺月陣(水名瀬雅良)
今日は日記と二本立てにしました。

お題:綺月陣さんの作品を手に取りたくなる時ー!
それはステレオタイプのストーリーで描写にも個性が無い、
お仕着せのBLを読んで楽しめなかった時ー!(古いな)

トンデモだの何だのと言っていますが、綺月さんの作品は
良くも悪くもとても個性があるんですよね。
木原音瀬さんや榎田尤利さんの「この人しかかけない」とは
また趣の違った「この人しかかけない」があります。
いわゆるアレの隠語がアナコンダだったり、
ごま油を使ったりするのも慣れればご愛嬌(…かなぁ)。

今回も一見大人しめと思いきや、やっぱり綺月作品でした。
以下、ネタバレ多めな感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 21:25 | - | - |
『真夜中の標的』-神崎&那月シリーズ/綺月陣(高座朗)
朝9時台に更新なんて…初めて?おはようございます。

さて、今日は『能天気バカ』だの、『グロ系』だの、
あげくに『四十八手が書きたかっただけなんじゃ』などと
評しているのに意外と読んでしまう綺月陣さんの作品です。

次はどんなものが来るのか!?とトンデモ作品を
期待してしまうのと同時に、時たま「これは良い!」と
思わせる作品があったりするものですから‥。
波があるほうが楽しめるので、ある意味期待の作家さんです。

で、この作品はというと…中間でした。
理由は、以下ネタバレ気味でどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 09:48 | - | - |
『ベビー・エンジェル』/綺月陣(みなみ恵夢)
昨日のカウンタがおかしい事になってました。

リンク元を辿ってみたらやはり、ニュースサイトに飛びました。
ブログができてからですよね、様々なニュースサイトができて
連続して同じ記事をとりあげて伝播するかたちは。
しかし、それにしてもニュース・まとめ系のブログは
ゆるい(記事が少ない)サイトはあるものの、よく更新が
続けてできるな、と感心してしまいます。
パッと簡単にできるものなのでしょうか…あれは。
ん〜…私にはできないだろうなぁ、寸評も苦手ですし。

…ヒマなので縦読みを作成してみました。すぐ上の8行分です。

全然作品と関係ない遊びはここまでにして、
作品の感想へ行きますか…幼なじみ+子育て奮闘記です。
かなりネタバレです。

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 22:49 | - | - |
『昨日の敵は明日の恋人』/綺月陣(紺野けい子)
明日でアンケートが終わりです…
夏もアンケートもあっという間ですね。もののあはれ。

夏が終わるよりもっと悲しいことに紺野けい子さんの9月新刊が出ないそうで…
挿絵本を購入することで代償行為とすることにいたしました。
なんか間違っている気もするけれど、
そうでもしないと収まらなかったのです…。

綺月さんの作品は二面性がはっきりとしています。
エログロ系の痛い系か、能天気エロ系か。
(始末屋Jは中間に位置するかな?)
どちらにしろエロは濃い目ですけれどね。

で、この作品はプラチナ文庫だけあって後者の能天気系だったのですが…

続きを読む >>
| [BL・小説]綺月陣 | 21:57 | - | - |