1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『運命はすべて、なるようになる』(上・下)/五百香ノエル(SHOOWA)
今日は早引けしました!
そのために常識的な時間に更新です。

あ、別に体調不良や精神状態不調とかではありません。
単に夏休みに休日出勤した分の振休を取らなくては
いけないので、取っただけの話です。

もちろん取れるのはとても嬉しいんですけれど、
取るためにその前日(つまり昨日)に残業を
しなくちゃいけないのはおかしな話だな、と
思うんですけれどね…まあ、ちゃんと休みを
取らせてもらえるだけマシですけれど。

というわけで今日の午後はだらだらのんべりと
本を読ませていただきました。幸せ!
週の真ん中にこういう日があると楽ですね。
明日も頑張ろうっと。

さて、それでは今日は五百香さんの
初ホリーノベルスの感想です。
上下通して絡みつくような重い愛情の話でした…。
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 22:29 | - | - |
『ヒューマン・レプリカ』/五百香ノエル

明日は、入社式や入学式でスーツを着る初々しい姿を
桜の咲き頃とともに見られるよき日ですが、
なんで自分も同じ日にスーツを着ねばならぬのか……!

もともとは来週末あたりに予定していたことが、
いきなり今日の帰り際に「明日!」と決定してしまい、
普段スーツを着ていない私はてんてこまいです。

ワイシャツは1枚の虎の子をなんとか発見したものの、
スーツはシュウカツ用に使っていた古いものしか見つからず、
スーツ用バッグは埃をかぶり、革靴もお手入れしていない、
ああ、もうスーツって面倒くさい!

といいつつどうせ着るならコスプレ気分で写真でも
とっておこうかな、と思ってるあたり、楽天的です。
……明日、新しい生活をはじめる皆さん頑張りましょう。(関係ない)

それでは終わり際が「俺達の新しい生活はこれからだ!」で
終わった、BLと呼んでいいかちょっと迷う作品の感想です。
(ちょっとネタバレ多めです)

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 00:11 | - | - |
『KISSと海賊』/五百香ノエル(黒泉らら)
私が読んだのはビブロス刊、旧版の方でした。

宙出版から今年の9〜10月に復刻されたようでして、
ちょっとAmazonで調べてみたら、挿絵が変わっているため、
なんだかまったく違うものに見えます。
復刻版で読んでいたら、描写は同じといえど、
キャラのイメージが少し変わるんでしょうね。

ただ、復刻版のタイトルは平凡な気がします……、
面白かったことにかわりはないので別にかまいませんが。
五百香さんのファンタジーはやっぱり面白いです。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:59 | - | - |
『キリング・ビータ』シリーズ/五百香ノエル(麻々原絵里依)
Amazonに画像が無いのでしょぼい携帯の画像ですが、
まあ、見てみてください…。



麻々原さんの絵がわかーい!
バランスは変わりませんが、パーツが違います。
10年前の作品なのですからしょうがないですよね。
けど、昔の絵、恥ずかしくなったりしないのだろうか。
私なんて1年ちょっと前の文章でもかなり恥ずかしい…。
世間に何かを出すと言うことは、それに耐えなきゃいけないのかも。

本文には関係の無いことでしたね。失礼しました。
それでは以下、古くても楽しめたSF系BLの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:59 | - | - |
『闇の愛人』/五百香ノエル(麻々原絵里依)
嬉しいことが2連発でありました。

1つ目は、カウンタが「801801」に到達しました。
切りよく80万で祝えというあなたはBLのモグリでしてよ。
これが8/1だったらもっと記念になったのに……。
何はともあれ、いつも閲覧頂きありがとうございます。

もう1つは、先日書いた記事の『WORKDAY WARRIORS』を
Amazon のアフィリエイトで全巻一気に買われた方が
いらっしゃったこと!これは嬉しい!
金額の問題じゃなくて(マケプレだったので¥0でしたし)、
感想とそれに対する皆さんのコメントを読んでシリーズを
バンとそろえようとした方がいらっしゃるのが何より嬉しい。
うーんやる気になっちゃうなあ。
……でも体は不調で更新回数は変わらない、という罠。
まあ、このまま地味に続けられればいいなと思います。

ではその地味な更新の一歩にふさわしい(失礼)、
黄色い背表紙のコバルトパレット文庫の感想をば…。
(素で間違えました、ご指摘ありがとうございます!)

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 21:01 | - | - |
『白皙』/五百香ノエル(須賀邦彦)
白皙:肌の色の白いこと。「―の美青年」

という意味なんですね。なぜかセルフイメージでは
頭のいい人、という意味合いがありました。

この作品でも白皙の人はある方面においては
日本一と言ってもよいくらい頭がよかったです……
が同時に、全体的にはかなり頭がおかしい人でした。
天才と馬鹿は紙一重とはよく言ったものですね。

おそらくこの白皙の人についての感想にしか
なりませんが、以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:46 | - | - |
「GENE2 望郷天使」/五百香ノエル(金ひかる)
連続で更新中のGENEです。
金ひかるさんの挿絵って見てて楽しいな〜。

2巻も波乱や複線がたくさんあります。
そのためまたなっがーいあらすじになって
感想は短くなるんでしょうけど
それでも読んでくださる方はどうぞ続きへ。

かなり!ネタバレです。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 00:15 | - | - |
「GENE 天使は裂かれる」/五百香ノエル(金ひかる)
昨日の記事は読み返すとかなりしっちゃかめっちゃかですね。
くだらない話を読んで衝動で書いてしまったもんですから…。
直す気にもなりません。


さてGENEですが、やっと読みました〜。
結構古い上に名作ですから知ってる人も多いでしょうけど
私は今ナウオンでございます。

ついに積読本の引き出しがあふれてしまったから
流れに乗ってしまえば一気に読めるシリーズものを
まず読んでしまおうと思ったからじゃないですよ、うん。

ファンタジーものが少ないBLでの9冊ですから
かなりのファンタジー長編と言ってもいいですよね。
あと何日かはずっとGENEになりそうです。


では第1巻の感想です。
今回は固有名詞使いまくりです〜。
相当ストーリーはネタバレなので注意して下さい!
というかほとんど説明です…。

続きを読む >>
| [BL・小説]五百香ノエル | 01:35 | - | - |