1/4PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『WEED』『FLOWER』『POLLINATION』/木原音瀬(金ひかる)


『WEED』『FLOWER』『POLLINATION』/木原音瀬
リブレ出版(2007/5〜7)
【Amazonへのリンクは画像についています】

☆あらすじ(別の話と考えて全て載せます)
WEED:エリート医師の若宮と悪友谷脇はある雨の夜、一人の男を拾う。
一夜限りの刺激的な遊びと、男を無理やり弄んだ若宮たちだったが、
一週間後その男・岡田と偶然再会してしまい──。

FLOWER:医学生を招いての医局説明会で、医師・谷脇は格好の
ターゲットを見つける。気弱げな医学生・松本を酒に酔わせて
関係を結び「君から誘ったんだよ」と甘い嘘で翻弄していくが──。

POLLINATION:谷脇の勤務する病院に深夜、ケガを負った急患が
運び込まれてきた。年齢に比べて幼く頼りなげな顔立ちをした
その少年・佑哉を見て、谷脇はかつての恋人を思い出していた。
彼に治療を施そうとしたが、触れることすら強く拒絶されてしまい──
・新刊で買ったはず、なのに「2007年」ということは、
 実に4年も積んでいたということになります。
 非情にもAmazonさんは「2007/5/18に注文しました」と
 細かく教えてくれました。なんという大きなお世話でしょうか。

・でも、痛い話に慣れたからこそ受け止められた話かもしれません。
 積読ではなく機が熟すのを待ってたんだよ!

・とはいえ、裸んぼ三部作(表紙の肌色率の高さからこのあだ名だとか。
 受けはともかく、攻めのほぼ素っ裸は珍しい!)も、
 COLDシリーズ同様、1冊目『WEED』はさほど痛くありませんでした。
 攻が受に転身したなどの珍しい要素はありますが、
 自己中で臆病で我が侭な男が、相手を振り回しながら
 くっついては離れてを繰り返し、いつしか唯一無二の
 関係になる話です。(…十分痛い?)

・2作目から本領発揮。死にネタです。
 そして3作目は、自閉症受けです。
 題材が題材なのと、攻めの谷脇が人非人なため、
 かーなーり痛い…というか、心を揺さぶられます。

・BLといえば困難を乗り越え思いが通じてハッピーエンド、が
 鉄則ですが、意思疎通そのものが困難だったり、
 想いが通じずバッドエンドだったりと、掟破りすぎる話です。

・しかし、BLという世界にあってこそあり得る関係であり、
 ここでしか読めないものです。そして掟破りの怒涛の波に
 夢中になり、心を揺さぶられ、ある種の感慨を覚えます。

・この題材を扱うこと、そして終着点へ導くこと――
 ものすごいチャレンジャーぶりと筆力です。
 規制が危ぶまれるご時勢ですが、あるものを
 題材にしなければ描けないものがあり、
 それが読み手の心に響くことを体現している話でした。

・しかし谷脇は稀に見るイヤなやつなのに、
 どうして憎みきれないんでしょうか。
 遅すぎる感情に号泣する姿にほだされたのか、
 まるで贖罪のように尽くすようになったからか……
 無垢に救済と成長を与えられる物語だからでしょうかね。

・これも精神的に安定していないと読めないと思いますが、
 フツーのBLじゃ満足できない人は読むべし!
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:53 | - | - |
『WELL』/木原音瀬(藤田貴美)
夏休みも今日で終わりか…。
本当にあっという間でした、今年は。

ただゴロゴロ(マンガ喫茶は行ったが)してるだけだと、
アクティブになれない自分に何か嫌気がしてきます。
しかもメインで読んだマンガ(トッキュー!!)が
萌える…じゃなくて燃える漢ばっかりだったので
我が身を振り返って鬱になってみたり。

……あ、これ鬱プレイの一環なので気にしないで下さい。

さて、鬱プレイの続きということで、もう鉄板と
言われている『WELL』を読んでみました。
ぬおお……まさにこれこそ鬱な話でした。
以下、感想です。


続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:44 | - | - |
『FRAGILE』/木原音瀬(高緒拾)
たまには早い時間に更新です。

実のところ、本当は昨日書くつもりだったんですが
あまりにも強い睡眠欲に負けてしまいました。
一日中睡眠か本かゲームしかしてなかったのに、
なぜ夜もひたすら安眠できてしまうのでしょう。
「過不足なし」を目指したい今日この頃です。

さて、夏休みの読書のテーマですけれど、
短い夏休み…猛暑…引きこもり…憂鬱…
ということで、「憂鬱になりそうな本」に
決定しました。おお、なんて自虐的!

まあ、木原さんの積読をいい加減少なくしたいという
意図もあるんですけれどね。ということで、
1冊目は痛いと評判の『FRAGILE』にしました。
うん、看板に偽りなしでした!以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 12:32 | - | - |
『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬(鳥人ヒロミ)
会社的には昨日から休みなんですけれど、
昨日も明日も休日出勤したりするために、
1日(今日)と3連休の休みになるという有様です。
休みがもらえるだけマシ、なのかなあ。

まあ、秋ごろのできればJ庭の前後あたりに
代休をいただいちまおうとは思っていますが、
これじゃF&Bの読み返しと積読消化が
できなくって、アタシ困っちゃうわー。(棒読み)
今年の夏休みの読書テーマは何にしようかな…。

あ、ちなみに夏コミは行きません。
休みが短いのも理由ではありますが、暑いからね。
セーフモード中の人間は家でおとなしくしてます。
行かれるかたは、準備万全でよい戦いを!

さて、買っただけで満足していたこちらの本、
ようやく読みました。…どこがセンチメンタルなんだ?
という気持ちでいっぱいです。以下、感想です。





続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:20 | - | - |
『月に笑う』(上・下)/木原音瀬(梨とりこ)
毎回感想の前に書いているこの駄文ですが、
今日書こうと思っていたことが意外と長くなり、
ひとつの雑記記事にできそうなぐらいになったので、
そのネタはお蔵入りにしました。

意外とこういうことは多くて、起こったことが
変わるわけではないのに、書いているうちに
それに対しての思考が変化していくというか、
「ここで改行したらこうなるからこの文が短くなるな、
ちょっと言い回しを変えてみよう、あれ、ちと違うな、
いや待てよ、ニュアンスは違うけどこっちのほうが
ほんとに言いたいことかも? となると次は……あ、
ちょっと長くなるから別記事にしよう」といった感じです。

小説もプロットと全然違う話になった、って
あとがきに書いてあったりしますけれど、
こういうことが頻繁に起こるのかなあ……。

まあ、それはさておき、展開がめまぐるしく
変化した作品が今日の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 00:57 | - | - |
『夜をわたる月の船』/木原音瀬(日高ショーコ)
このごろ、土曜日になると決まって
体調を崩しているような気がします。
平日のツケが来ているのかしら……。

よってまたほぼ布団の中に居たわけでして、
睡眠6割、ゲーム2割、本を読むこと2割、
とどのつまり、ダメ人間でした。

うーん、そろそろ脱却したいなあ、と思いつつ、
聴く音楽は「鬼束ちひろ」、読む本は「木原音瀬」。
憂鬱なときはとことん落ちたほうが治りが早いと
思い手に取りましたが、予想以上に気が塞ぐ話でした。
以下、とりとめのない感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:59 | - | - |
『COLD FEVER』/木原音瀬(祭河ななを)
昨日書いたとおり国際展示場まで行ってきました。
行っただけで、自分では買い物しませんでした。

なんのために行ったんだ!という突っ込みを
されますでしょうが、人いきれ・気温湿度・冷房、
食欲低下・立ちくらみ、本当に夏はダメなんです。

本当にお世話になりました。甘えてばかりでごめんね…
みこじゃないけど…秋の庭で頑張らせていただきます。


さて、昨日は怖くって読めなかった『COLD FEVER』、
帰ってきてからついに読みました。
うまく書けるかわかりませんが、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:59 | - | - |
『COLD LIGHT』/木原音瀬(祭河ななを)
夏の祭りが既に始まっていますね。
今年も暑いから参加しない!と引きこもり宣言を
高らかにしていたのですが、紆余曲折あって
明日だけ行くことにしました。

朝から行く体力は無いので、お昼からですが、
明後日からの会社に備えてリハビリとしても…
って明後日から会社!いやああぁぁー!
一日中物語に浸っていたい!ゲームしていたい!
外が怖い……という感覚が本気にならないうちに
外出しないといけませんね、ええ。

さて…順調に読んだ『COLD LIGHT』です。
「シリーズ中、最高に甘い第2巻」と帯にあったので、
それを期待したのですが…結構痛かったです。
痛いというより怖い、がより正確かな。
詳細は以下にてです。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:10 | - | - |
『COLD SLEEP』/木原音瀬(祭河ななを)
ここ何日か、小説道場の衝撃が大きくて、
JUNEとはなんだったのか、BLとはなにか、
もしBLで道場が開かれるならどんな風になるか……
なんてことを考えてたらあまりBLを読む気がしなくて、
BL本以外をメインに読んでいました。

道場はこれだけBLのレーベルも多い昨今では
一元化された形態は難しいのでしょうけれど、
出版社協賛で専門投稿誌を出して、各号で一般投票と
作家何人かで順位を決めて、1年間で最終段位を出して、
で、出版社がドラフトする…なんてことになったら
面白いなあと思うけれど難しいだろうなあ。

まあ、夢想はそれくらいにして、木原さんの
COLDシリーズに手をつけ始めました。
たまにはシリーズを1冊1冊書いてみるのもいいよね、
ということで、以下、1冊目の感想にトライです。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:43 | - | - |
『リベット』/木原音瀬(藤田貴美)
5月は1冊も木原本を読めませんでした。
し、4月に2冊読んだからいいよね!
同人誌も読んだしいいよね!
よーし、自分をごまかせた。

そして6月もぎりぎりになってこちらの本を読みました。
この本、2年と9ヶ月も積読してたのか……!
やあ、やっぱり公約にでもして強制的に読まないと
死ぬ前に後悔しそうなのでガンガン読もう。

さて、こちらの感想ですが、まんじ本とは別の意味で
書かずにいられないので、感想にならないかも
しれませんが、以下つらつらと。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:35 | - | - |