1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『知らなくても生きていける萌えの話』/英田サキ(高階佑)
PCから見てくださっている方には見えると
思うんですが、Twitterで呟いたように、
朝寝朝酒朝風呂をした後に買い物に行きました。
(健康なんだか不健康なんだか)

そのあと人と待ち合わせてランチの予定だったんですが、
買い物がスムーズすぎて時間が余ってしまったので、
漫画喫茶に寄ってマンガを読むことにしました。

で、マンガを読んでしばらく経ったころ、
カップルシートのほうから声がしたので、
「おやまあ日曜の午前中に珍しい」と
興味をもって、次の本をとってくる通りがけに
ちらりと見たら、なぜか男2人……!

妄想と現実がごっちゃになる末期状態かと思って
も一回通ったらやっぱり男2人でPSPやっとる!
えっ、ゲーム、あっそう妄想と違うわね健全よね!
やだアテクシったら!と思ったのもつかの間、
なぜここでゲーム?回線が必要なのか?
ここ、無線通ってたっけ?というか、いるだけで
お金かかるここよりあそこのビックカメラでいいよね?
というかカップルシートでやる必要あるの?
いや、考え方を逆転させて「この2人はここでPSPを
やらなければいけない理由がある」と考え(妄想す)るんだ!
となってしまいマンガが読めませんでした。

私の中では「クラスで派閥の違う幼馴染み同士が
足がつかないように漫画喫茶でゲーム」ということに
落ち着いたんですが、結局なんだったんだろう…。


ま、かように妄想することが生きる糧で証なわけですが、
そんな大切なものについての英田さんのエッセイ本が
今日の感想本です。それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:31 | - | - |
『最果ての空』/英田サキ(奈良千春)
よく寝た…買い逃していた新刊を買いにも行かず、
外に行ったのはインフルエンザの注射のみの土曜でした。
(ただし季節性。少し供給されたらしいです。)

ただ、日曜もがっつり寝るぞと思いきや、
甥っ子という名の台風があらわれて、
強制的に起こされてしまいました。
若い男子(幼児)は無駄に元気ですね……
世の中の母親すべてを尊敬する勢いです。

さて、年末も差し迫ってまいりました時節、
「今年の読み逃したくない新刊を片付けようフェア」
というひとりフェアをおこなっております。
なので新刊感想が増えるかもしれません。

その第1弾、英田さんの『エス』シリーズの
最終巻にしてお義兄ちゃんのスピンオフです。
BLと言えるのか謎ですが面白かった!
以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:56 | - | - |
『恋ひめやも』/英田サキ(小山田あみ)
今日はガ○アの夜明けを見ていました。

この番組、家に帰ってきてまで仕事の番組なんか
見たくもないわい、と思うときもありますが、
萌えるときはかなり萌えるんですよね。
アクシデントとか競合他社とのつばぜり合いとか、
暑苦しいまでのワーキング、萌えです。
(性的な意味含まず)

さて、今日は英田さんの新刊の感想です。
暑苦しくもなく事件も起きませんでしたが、
上の番組と同じく人間くささがよかった…。
それでは以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 00:37 | - | - |
『デコイ 囮鳥』『デコイ 迷鳥』/英田サキ(奈良千春)
デコイは作中で解説されるとおり、囮の鳥の人形ですが、
カルドセプトファンからみると、どうしても
あのピエロっぽいクリーチャーが浮かんでしまいます。

そういえばカルドセプトDSが10月に発売ですね。
デッキのチューニングに徒に時間を費やす日々が
またやってくるのか……中毒者になりそうで怖いです。
もちろん、この小説とは何も関係ありません。

前評判の高さにどっきどきでしたが、
期待通りの面白さでした!以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 20:03 | - | - |
『ライク・ファーザー・ライク・サン』/英田サキ(ヤマダサクラコ)
あとがきで、 [like father like son]の意味は、
「この親にしてこの子あり」と書いてありました。

アル○のホームページで引いてみると、ちゃんと2番目に出ました。

なるほど……ひとつお勉強になりました。
でも、二人の関係はどちらかというと、
このバカにしてこの息子のような年齢の
可愛い男のがなぜか恋心あり」でした。

そんなオヤジ本の感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:55 | - | - |
『愛してると言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃)
くつきかずやさんのグラフィックデザイナーの本を
先日読んだせいか、装丁のデザインを気にかけています。
そんな中、この作品の装丁は良いなと思いました。

北畠さんの絵がステキなのはもちろん、
帯が無いので分かりにくいと思うのですが、
帯がタイトルの「はない」の部分に
かかっており、ちゃんとそれより上に
作者名・イラストレータ名がきて、
帯の下に網越しに繋いだ手が隠されたように
二人の深い関係をあらわしていて……。


やっぱりBL新書のデザインはSHYノベルスが好きです。

内容は…ヘタレオヤジ万歳でした。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:49 | - | - |
『素直じゃねえな』/英田サキ(桜城やや)
今日は仕事で疲れたから軽めのものが読みたいわ…、と
棚からサッと取り出せるようになったら、BL初級は
合格のような気がします。そんな検定無いか。

BLの良いところって、表紙だけでその作品の雰囲気が
わかるところなのですが、表紙だけで分かった気に
なってしまい、違った!となるときもありますよね。
それがまさにこの本でした。

……表紙から単なるエロ話かと思ってたらオヤジ本じゃん!
ってことで、以下オヤジスキー感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 01:18 | - | - |
『夜に咲き誇る』/英田サキ(山田ユギ)
前作の『夜に赦される』(感想とあらすじはこちら
前々作の感想とあらすじはこちら。)でなんだか
不満な形で終わってしまった…と書いていた夜シリーズですが、
よかった、今作は。表紙の秋津の肌色率が低くて!(そこか!)
1作目のときはシャツが肩にかかってるだけで乳首は見えてるし、
2作目は後ろ向きかと思いきや半ケツさらしてますし…、
ようやく店頭で買えるレベルになりましたね。

ってそれは置いておいて…、よかったな、って思ったのは
前作で不満だったある点が解消されたためです。
詳しくは以下薄いネタバレで。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:52 | - | - |
『DEADHEAT』/英田サキ(高階佑)
DEADLOCKの続編にして待望の新刊、DEADHEATです。

英田サキさんは今最も勢いのある作家さんだと思いますが、
有名になるにつれ、期待が比例して上昇するものであって、
その期待に応えるのはとても大変だと思うのですけれど、
それを決して裏切らない良作でした。

あらすじの最後の、「デッドエンドLOVE」以外はね!
デッドエンドってさー、「行き止まりのとか、行き詰まった」って
意味じゃなかったでしたっけ?…(検索中)…「将来性のない」もか。
タイトルどおりにしておけばいいものを。

まあ、そんなあらすじの些細なことは置いておくとして、
詳しくは、ネタバレ注意、以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:51 | - | - |
『エス』シリーズ/英田サキ(奈良千春)
ようやく読みました…。

先週の土日は1泊で出かけてきたのですが、
そのお供たちは『エス』『エス 咬痕』『エス 裂罅』。
それとBL以外の1冊で計4冊で大丈夫だろうと
思っていたのですが、自己分析が甘かった…。
エス以外の1冊を行きで読み終わってしまい、
エスに手を出したらもうやめられないとまらない。
のんびりしに行ったのに、夜中に「続きはー!?」と
心の中で叫ぶはめになってしまいました。

帰って即座に『エス 残光』を読んだことはいうまでもありません。

はあ…なんとも濃い話でした。
昨年のベスト常連は伊達じゃありませんね。
以下、遅くなりましたけどもろネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 22:30 | - | - |