<< 2/2PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『DEADLOCK』/英田サキ(高階佑)
刑務所ものというと『箱の中』のイメージが強すぎて、
買ってから1ヶ月近く放置していたこの作品。

英田さんだけに、はやりにのっちゃえーな展開は絶対ない、と
思いつつ巷のアラブもののように似たり寄ったりだったら
どうしようかと思ったのですが…ぜんぜん違いましたね。
(あらすじ読めって…)
むしろ『刑務所』というシチュエーションなら、
こちらのほうがインパクト強いような気がします。

Amazonでは評価が分かれているようですが、
私としてはかなり楽しめたので、ご紹介をばいたしませう。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:26 | - | - |
『夜に赦される』/英田サキ(山田ユギ)
秋津と久我の続編が出てすっごく嬉しかったんです。
だから、店頭に買いに行って、サッと表紙を見もせず取って、
レジに出したから気づかなかったの。

秋津の双丘のライン(BLっぽく言ってみる)が見えているなんて事は!

夜に赦される

このイラでも見えますでしょうか、双丘のライン…
ああ、今思うと恥ずかしい!久我さんの本を
上にして…ってどうせバーコード通すときに
裏で分かるか…店員が気にしていなくても
自分が気にしてしまいますね、さすがに。


うーむ、『夜に蘇る』では上半身をさらし、
続編では割れ目をさらすとは…さすが(?)秋津です。

さて、割れ目に動揺してしまいましたが、久しぶりに
英田さんのヤクザを読んだネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:17 | - | - |
『バカな犬ほど可愛くて』/英田サキ(麻生海)
私のだいっ嫌いな飲み会で人生を語る奴が隣で喋っていようとも、
BLと萌えがあれば妄想して耐えていける、ダァーッ!


飲み会のあとにこの作品を読み終わった私はそう叫びたい。

この作品は、ここ最近(と言っても1ヶ月ぐらい)の中で、
萌えにおいてはワンツーワンツーアタックNo.1でした。
(このフレーズの意味が分かる人はいるのだろうか…)

ちょっと萌え語りが長くなりそうですが、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 11:05 | - | - |
『さよならを言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃)
さよならを言う気はない
今日は予定ではテンプレートを変えて、
少ーしだけカスタマイズして整えて、
ずっとしていなかったリンクを整理して…
予定2時間の、はずだったのに。

テンプレートのカスタマイズが巧く行かず、
5時間かけてできたものも結局納得がいかず。
休日がカテゴリを2つ増やしただけの
ほとんど無駄に過ごしたも同然に。


(悔しいから新しく覚えたタグを無意味に使ってみました)

とかいいつつ、でももうちょっとでできそうなので
まだ奮闘中です。あきらめられません。
付き合いきれない奴と付き合う気分は
こんな気分なんでしょうか。


さて、今日はそんな奴が登場する
英田サキさんの新刊です。
(以下少しネタバレ)

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 21:29 | - | - |
「今宵、天使と杯を」/英田サキ(ヤマダサクラコ)
今日の一冊☆酔いどれクララ

やっぱり上に画像を持ってくるのはやめました。
理由は簡単、見づらいから。スリム化しないとね。
体重もスリム化したいところなのですが。

今日の一冊がわけわからん事書いてますが、
読了後すぐにひらめいたのがこれでした。ご勘弁を。
(タイトルを見たときはフランダースの犬でした…なぜ?)

それでは以下、アホなネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:36 | - | - |
「ひと目会ったら恋に花」/英田サキ(笹生コーイチ)
エスを読みたい、読みたいと言っておきながら
地層の上から読むためこちらが先に来ました。
エスは…下から8・9冊目ですか…うっうっ。

この悔しさを積読を減らす気力に変換することにします。

さて、この作品はテーマはヘビィですが花丸らしく
ライトな感触でした(合ってないともいう)。
それでは感想です〜。


続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 18:27 | - | - |
「夜が蘇る」/英田サキ(山田ユギ)
英田さんのヤクザものはいい!と多くの方が
仰ってましたので英田サキスキーをかたるには
読まないわけにはいかないでしょう。
とまずこの作品を手にとって見ました。

文と絵がものすごいペアですね〜。
ビ…ビューティーペア?(古)

以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:28 | - | - |
「君のために泣こう」/英田サキ(北畠あけ乃)
英田サキさんも2冊目になったのでカテゴリ作りました。
まあ、エスへの布石ってことですね。

「愛しすぎる情熱」(記事に飛びます)はオヤジ受けではあるものの、
内容は非常にオーソドックスだったので
英田さんはこうだ!という印象がまだ無いのです。

他のはどうかな〜と有名なこちらに手を出してみました。…
(以下ネタバレ感想)

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:30 | - | - |
『愛しすぎる情熱』/英田サキ(稲荷家房之介)
やっとこさ読み終わりました。
つまんないからではないですよ。
私に気力が無かっただけです。

またア行ですか・・・。
バイト中にもよく思いますが作家はア行が多い!
注文する人の名前もア行が多い!
ア・カ・サ行だけで半分ぐらいですからね。
何故でしょうか。

・・・考えても仕方ないので感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]英田サキ | 23:54 | - | - |