1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『不条理で甘い囁き』/崎谷はるひ(小椋ムク)
今日は何ヶ月かぶりに日本酒を飲みました。

前回失敗してから断ビール・断日本酒(お酒全体ではない)を
心がけていたのですが、お寿司におつまみといったら飲まいでか!
甥っ子が「くさーい」と言っていましたが、まあ、
昔は自分もそう思ってたもんなあ…オトナの楽しみです。

でも久しぶりに飲んだせいか、ものすごく早く回ってしまい、
帰ってくるなり2時間ほど寝てしまいました。
ダメなオトナだなあと思いつつ、これもまた楽し、です。
感想とは全く関係ありません。

今日は、崎谷さんの新刊、でも懐かしい…!という作品の感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 23:38 | - | - |
『甘い融点』/崎谷はるひ(志水ゆき)
本当に今日は寒い!ついに冬物のセーターを
引っ張り出して着込んでぬくぬくしてました。

そんな中でも荷物を持ってきてくれる宅配便のオジさん、
あちらにとっては仕事とはいえありがたやありがたや。
中身は、3Pものの調査をしていたら衝動的に欲しくなって
ポチってしまったBL本だらけとは想像だにしないだろうなあ。

さて、今日ははるひんのはっちゃけ本の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 19:59 | - | - |
『ハピネス』/崎谷はるひ(せら)
はるひん作品は顕著ですが、はるひんに限った話ではなく、
最近は本当に新装版が増えましたね。

良い作品が残る、伝わるのはとても良いことで
喜ばしいのですが、同時にこれだけ良作があっても
版元が潰れたんだよな、と少し哀しくもあります。

雑誌まで手を出したらお金も読む時間もなくなるし、
こうやって単行本を買うことぐらいでしか
応援できないのですけれど、どうか出版不況に
負けず、頑張ってほしいと思います……。

さ、暗い気分はこのへんにして、
高校生×父親代わりの新装版の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 20:33 | - | - |
『大人は愛を語れない』/崎谷はるひ(ヤマダサクラコ)
『絵になる大人になれなくても』のリンク作です。

と言いつつ、実はリンク作の内容を忘れていました。
うーんとどんな話だった?と自分のブログ内を
検索してみたら感想書いてました。それすら忘れてました。

でも恥ずかしいながら自分の感想を読むうちに、
ぼんやりと思い出したような気がします。
どんな本だったか、そのときどう感じたかを
再認識するために自分用のブログを持つと
便利かもしれません。ダブリ買いはしなくなるし!(笑)

ではでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 00:26 | - | - |
『花がふってくる』/崎谷はるひ(今市子)
BL解禁! と言っても金〜土の間だけですが、
というのも今日、個人的にとある試験があったもので、
そのためにBLを2日ほど断ってみました。

断BLの効果?残念ながら断った意味はありませんでした。
直前になって頑張ろうとしても無駄ということを
いくつになっても学ばないのはどうなんでしょ。

まあ、2日とはいえ久しぶりにBLを読まなかったので、
今日読んだこの作品は余計に楽しめました。
こっちのほうが効果あったかも…。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 21:32 | - | - |
『ANSWER』『SUGGESTION』/崎谷はるひ(やまねあやの)
本読み過ぎて目が疲れましたそんな日曜日です。

平日は仕事中パソコンを使い通しのため、
目の酷使を避けようと読書をセーブする意識が
勝手に働くのですが、休日はダメですね…
結局家でもパソコンを使っていると言うのに。
まあ、幸せだから良いんですけれど。

でも真っ昼間っからはるひんの濃ゆい作品を読んでいると
凄くいけないことをしているような気になります。
まあ、面白いから良いんですけれど!

それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 21:23 | - | - |
『垂直線上のストイシズム』/崎谷はるひ(高永ひなこ)
今月のルビー文庫は、この作品とフジミシリーズのみ買いました。

出戻って幾年月、作家の好みが分かってきたのはいいけれど、
読む作家の幅が固定化しすぎてきたような気がします。

頭が柔らかくなるような、私が優先して読もうとしない、
軽めの、ポップでキュートな、ある意味破壊力のある、
BL作品をたまには読んでみたくなってきました。
久しぶりにナンバランでも買って読んでみようかな……。

さて…、作品によってはキュートなキャラも多く出てくる
はるひんですが、白鷺シリーズのスピンオフなだけに
すこしシリアスなお話でした。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 20:38 | - | - |
『キスは大事にさりげなく』/崎谷はるひ(高永ひなこ)
はるひんの作品の感想はなんと約半年ぶり…。
一年なんてこのペースだとあっという間だなあ。

ところで。タイトルの『キスは〜』って甘い感じに
軽く言っているけど、難しくありませんか。
『繊細かつ大胆に』という指導などを目にしますが、
それとおなじくらい矛盾しているような気がします。

このシリーズの二作目『夢はきれいにしどけなく』も、
ちょっと意味が不明ですよね。
しどけない=身なりなどがだらしない、などを指すようですが、
だらしなく=みだらな意味でとれば、夢はキレイにだらしなく…?
ううむ、はるひんの作品そのもののような。

まあ、タイトルの話はこの辺にして、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 22:55 | - | - |
『しじまの夜に浮かぶ月』/崎谷はるひ(おおや和美)
「崎谷はるひ、5ヶ月連続刊行!」のラストを飾るはこの作品です。

ルビーから出た5ヶ月間の新刊をすべて読んでる私も私ですが、
5ヶ月連続で刊行するアンタはすごい!と思っていたら、
あとがきに書かれていましたのですが、他社のと合わせると
「7ヶ月連続10冊」だったんですって…。

崎谷さんの作品は好き嫌いはあれど平均点は超えてるので、
よくこれだけ書いて擦り切れないなあと感心いたしました。

では、5ヶ月刊行軍の中で一番好みだったこちらの感想をば。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 12:01 | - | - |
『カラメル屈折率』/崎谷はるひ(ねこ田米蔵)
カラメルソースはお好きですか?
私はアレが大好きなので、一人暮らしをしていた頃は
よく作って市販のプリンやらパンナコッタやらに
大増量してかけて食べていました。

良く考えたら砂糖しか入っていないんだから、
砂糖水をかけているようなものなのですが…
あの煮詰めた苦甘さにとりつかれていたとしか思えません。

そのとりつかれていた私が言うのだから間違いない、
この作品はカラメルの苦甘さです!!
どんなところが、というのは以下ネタバレでお送りします。

続きを読む >>
| [BL・小説]崎谷はるひ | 22:03 | - | - |