1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年に1度くらいはCD感想でも書いてみようか
四日連続帰宅時間が1時越えひゃっほーい!
というわけのわからない状態です、お久しぶりです。

えっと、まずは謝罪とお知らせを。
最近WEB拍手がリニューアルしたためか、
なぜか今までのアカウントでログインが
できなくなってしまいました。

取り急ぎ新規アカウントをとって原因を
調べていますが、12/2〜13の期間の総計と
コメントのログを取得するのは難しそうです…
拍手orコメントくださった方、大変申し訳ありません。

もう一度コメントしてあげるという方がいらっしゃいましたら、
メールフォームかWEB拍手(現在のは新しいアカウントで
貼り付けなおしてあります)でご連絡くださいませ。

それからお知らせですが、JUGEMの仕様として、
検索してこのサイトに来たのでなくても、
広告が全部の記事に入るようになりました。
金儲けに走ったわけではありません。
別のブログサイトに移動しようかな、と
思うくらいじゃまくさい!改悪だなあ、もう。


さて、こんな時間に帰宅するとさすがに
あんまり本を読む時間が取れないぶん、
残業中にかなりの確率でBLCDを聞いています。

以前は周りにひとがいないときだけでしたが、
最近は濡れ場も平気で聴けるようになりました。
人間の順応性って恐ろしいです。

で、たまには最近ヘビロテで聴いているBLCDの
感想を書いてみようかな、と。
まあ、「CD」と感想一覧に入れてあるのに
今年は1枚も感想を書かないのはどうかと思いますしね…。


では、まず1作目は『座布団』/剛しいら原作。
【寒也(神谷浩史)×要(山口勝平) + 初助師匠(三木眞一郎)】

CD化すると聞いて、初助師匠は難しいだろうな、
誰がやるのでも納得するのには
時間がいるなあと思っていただけに、
三木さんの色気のある初助師匠にやられました……!
(えっ、カップリング?そんなのはどうでもよろしい。)

前述のとおり聴くまでの積んでいる期間が
かなり長かったのですが、聴いてからは
結構な回数を聴いている気がします。

「しょうがないねえ……」と要(勝平さん)を窘める声に
父性とも母性ともつかない優しさを感じたり、
「かなめ……女ってのはね、…」と自らの中の女を
芸事に生かす噺家の苛烈さを感じたりと、
原作に負けず劣らず師匠ワールドでした。
噺の部分は流さないのが残念だけれど…すごくいいです。

あと、要のタマゴ産みとちん筆がノーカットで
来るとは思いませんでした。
声優さんってすごいですね、ほんと。


ヘビロテその2は、『交渉人は疑わない』/榎田尤利原作。
【兵頭(子安武人)×芽吹(平川大輔)】

原作も一級のエンターテイメントですけれど、
CDも素晴らしいエンターテイメントですね!

奈良さんの絵が自然に動くような声のはまり具合、
芽吹と兵頭の掛け合いからはじまるコメディ、
シリアス、エロ、人情話、アクション、の
移行のスムーズさと緩急の付けぐあいといい、
何度聴いても飽きずに聴けました。

それにしても兵頭は声だとなおさら、
ヘタレでかっこかわいいのう……!

とくに芽吹と溝呂木が手錠をかけられた状態で
視姦プレイになだれこみそうになったとき、
自分で仕掛けたのに溝呂木に「勝手に見るな声も聞くな」、
芽吹に「乳首出してんじゃねえよ」ってもう、
芽吹ラブがとまらない感じがすごくいいー!と
残業中のハイテンションがなくてもニヤニヤしちゃいます。
2枚組でボリュームがあるのも嬉しいところ。


さて、最後の3本目は『どうしようもないけれど』/夏目イサク原作。
【黒川(楠大典)×島野(武内健)】

黒川の「仕事のできるゴリラ」が素晴らしい……。
すごく自然で何回も聴きたくなるオヤジっぷりです。

島野視点から見た、下品でガサツでデリカシーない、
けれど必要なところはきゅっと締め、
嫉妬むらむらで余裕がなくなる攻め…。
はいはいどうせ私の好みはテンプレですよと思いつつ、
理想の萌え(のひとつ)という感じがします。

また、なぜかエロシーンから視点が黒川にいれかわって、
島野が外から見てツンデレ全開になった瞬間に、
「かわいいなあもう」と思うシーンは、
本当に島野(と黒川)がかわいいんだもう!

原作で何度も読んでいるシーンのはずなのに、
声で聞くとさらにニヤニヤ度が増してしまいます。
続編は難しいかもですが、出るならまた聞きたいなあ。


と、いうわけでCD三本立て感想でした。
『Sex Pistols』とかもかなりのヘビロテでは
あるんですけどね…、とりあえずこの3本でした。
| [その他]BL・CD | 02:44 | - | - |
BLCD聴了メモ@2008.11.5
出勤だった月曜に風邪を引き、早退して、
火曜日の午前中まで休んでしまいました。
(ちなみに月曜の記事は日曜に書いたものです)

ああ…迷惑かけたなあと思いつつ、暇なので病院の待合室や
布団の中で押し付けられたor頂いたBLCDなぞを聞いていました。

だいたいBLCDを聴くのは通勤途中だったのですが、
セリフがどうしても電車の音に消されてしまったりして
完全には聞き取れないのです。しかし待合室だと、静かなうえ、
周りにこの喘ぎが聴こえてるんじゃないだろうか、という
スリリングな体験が出来てより楽しめますのでオススメです。

それでは以下、4点のBLCD感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:22 | - | - |
BLCD・『黒い愛情』、『夢見る星座』を聴いて
BLCDの感想なんていつぶりだろうかとアーカイブを
調べてみたら1年以上も書いていませんでした。
そんなに経ったのか…決して聴いてないわけじゃないんですよ、
前回の感想から今までに視聴済みのものを挙げてみますと、

『百日の薔薇』(クラウス@井上さんがエロかった)
『愛してないと云ってくれ』(斑目@井上〜以下同文)
『ボクサーは犬になる』(賢雄さんのいかれっぷりが素敵)
『我らの水はどこにある』(小西さんが高校生って…)
『言ノ葉ノ花』(これは素晴らしい作品でした)

と、5枚も聴いています。「だけ」なのかもしれませんが。

しかし、以上の5枚と今日の感想の2枚、何が違うのかというと、
平川大輔さんが出演しているCDだということです。
原作>声なのでフェチとまでは行かないものの、
平川さんの声に、軽く傾倒しています。

てことで、今日は平川さんメインの感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 22:06 | - | - |
レンタルBLCD・その後
先日借りたCDをようやく全て聴き終わりました。

一番良く聴くタイミングは通勤時間なのですけれども、
電車のチャイムや雑音などにかき消されてしまったり、、
ちょっとぼんやりして単語を聞き逃していたせいで
なかなか聴き進めるのが難しかった…。
布団に入って聴く方法も試したのですが、すぐ寝てしまい、
論外でした。気持ちいいですけどね(笑)
実は残業中に聴いちゃったりした自分が怖いです。

で、聴いた4枚ですが、好みの順位はこうなりました。
1、開いてるドアから失礼しますよ
2、顔のない男
3、指先の恋
4、そして恋がはじまる

各々のほんのわずかな感想は以下です。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:03 | - | - |
CDたずねてさんずい(渋谷)へ
「○をたずねて三千里」っぽくしてみたんですけど…
尺は合ってもさんずいのつく街なんてどこにでもあるじゃん…。

気を取り直して、今日は定時上がりできた(逃亡できた)ので、
題の通り渋谷に行ってきました。何のためにって、そりゃあ…
おしゃれな若者の街で彼氏とデートです。
スクランブル交差点のすぐそばのスタバの2階で
待ち合わせして…ごめんなさい、ハイパー嘘です。

本当は渋谷のTSUTAYAのBLCDの品揃えがとても良いと、
先日教えて頂いたので様子を見に行くためでした。

ちょっと長くなるのでいったん切ります。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 23:01 | - | - |
BLCD・『好きこそ恋の絶対』/いおかいつき
とってもひさしぶりのBLCDの感想です。
あまりに久しぶりすぎて自分でも分からず、
調べてみたら何と去年の夏ではないですか。

その言い訳としては、最近はBLCDを買わなくなったんです。
BLCDに熱中状態を過ぎて冷静に買い物をするようになったら、
本より単価が高いな、と思うようになってしまったんです。

レンタルCDがあったら山のように聴くと思うんですけど、
近所にあったCDレンタルショップ2店は畳み掛けるように
閉店してしまいました。…BLCDの在庫を沢山持った
レンタルショップが新しく出来ないかなあ(笑)

まあ、妄想は置いておいて、久しぶりに買ったこのCDですが…

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:57 | - | - |
BLCD 『あなたと恋に落ちたい』
今日の午後はブクオフと図書館に出かけようと考えていたら、
昼ごろから雲行きが怪しくなったので延期しました。
そしたら見事、2時間後にはどっーしゃー!ぶりの
ゴロゴロ、ピシャ、バリバリドグァーン!でした。
夕立が多くない地域なので、少し夏の風流を味わいました。
それに気温が下がるのも嬉しいですしね…。


で、買い物の時間のかわりに、BLCDを聴くことにしました。
電車の中では読書が優先で、かといって家で聴く余裕もなく、
遠のき気味だったのですが…夏休みの恩恵を受け、聴きました。

久しぶりに聴くと新鮮ですね。新鮮な気持ちで、感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:48 | - | - |
BLCD・『俺は悪くない』
休日の朝10時…いつもだったらぼぉーっと
メガネ無しでテレビの画面を眺めているのですが、
今日はバッチリメガネをかけてテレビを見ました。

なぜなら福山○治さんがいいとも増刊号に!!
このブログに名前載せちゃって良いのかな、
伏せとこう、キャー!と言うくらい好きです。
声が。(顔も良いけど…)
「声だけは福山君なのよね」というCM(ガムだっけ?)が
現実にあったら最高ですよ、ウフフ(妄想中)


朝から良い声に気分を良くした私、
今日は声づくめで行こうと薦められて取っておいた
(放っておいたとも言う)BLCDを手に取りました。

これが良かった!ので以下感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:12 | - | - |
お江戸ツアー(終点は大奥CDでございまする)
カテゴリに迷ってしまいます…。

朝一番で本屋に出かけたのは良かったのですが
Wハート、置いてないのね…井村さんの新刊、また遠く。
隣の市まで行く気力もなく、帰って江戸ツアーにしました。

江戸ツアー、出発進行!

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 22:28 | - | - |
BLCD・「愛とバクダン Vol.1」
先日掲示板のほうにこれから聴きます、と
書きましたが、原作が父親の部屋の屋根裏にあったため、
取りにいけなくて結局昨日になりました。
どうしても原作読みながら聴きたかったんです…。

ちなみに屋根裏と言ってもオシャレな屋根裏ではなく、
マンションの最上階(3階だけど)をいいことに
違法に作ったんですけどね。
BL倉庫となりつつあります。

これで4枚目のCDです。
それでは詳細編、どうぞ〜。

続きを読む >>
| [その他]BL・CD | 21:47 | - | - |