1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『本番五秒前』/いおかいつき(街子マドカ)
今日は神保町でのお買い物をしてきました。時間的に
ムリ!と思っていましたが、定時ダッシュなら
書泉ブックマートの閉店に間に合うことがわかりました。
人間やればできるもんですね!

書泉ブックマート、初めて行きましたけれど、いいですね〜。
昭和どストライク真ん中っぽい雰囲気が。
程よい広さで全部手の届く範囲にあって、
なおかつ多少の早売りもあるという素晴らしさ。

電車賃分ぐらいは大目に見られる魅力がありますね。
喫茶店も多いし、時間があるときはときたま通おうっと。

さて、今日はひさしぶりのいおか作品の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 22:48 | - | - |
『死者の声はささやく』/いおかいつき(亜樹良のりかず)
深夜にAmazonを徘徊していたら、いつのまにか籠の本が
てんこもりになっていた、ってよくある経験ですよね。
重さが無いから物欲だけが突っ走って、
量の実感がわかないんですよね。
しかもこんなことにも気づかないんですよね。

1冊誰か要りません?

またやっちゃいました。しかもキャンセルしようにも、
もう発送されていて不可能。仕事速すぎるよAmazon!

さて気を取り直して…。ひさしぶりにいおかさんの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 21:32 | - | - |
『子供に内緒で』/いおかいつき(カズアキ)
最近、私にとっては残念賞ばかりのいおかいつきさん。
この本も新書だったので新刊購入を躊躇っていたのです。

今まで新刊で買っていた作家を切るタイミングは難しいものです。
1作2作ハズレるのは著作数が増えれば、ある程度は
仕方がないと考えられますが、何冊も続くと「これはダメだ」という
考えが生まれ、さらにその考えを信じるか信じないか、で非常に悩みます。
買うのをやめたとたんにいい作品を出したりするのでは、と
期待しては裏切られ……を繰り返すことがよくあるので。

しかし、そのifが成立したのがこの作品でした。
それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 22:23 | - | - |
『覚悟をきめろ!』/いおかいつき(石原理)【60万企画・2】
風邪ではなくて、のどの炎症でした。抗生物質、嫌いなのに…。

さあて今日はリーフ哀悼企画第2弾です。
最近あまり新刊で買わなくなってきてしまった
いおかさんですが、この作品は結構好きです。

薄味なんだけれど、どこか他の人とは違った
持ち味があるように思える…
そんないおかさんらしい作品だからでしょうか。

では、以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 23:41 | - | - |
『恋する絶対の法則』/いおかいつき(奈良千春)
棒と茄子。
こう書くと淫靡なアイテムに思えてしまいますが、
大人の夏の楽しみ、ボーナスの時期ですね!
ちょっぴり出まして、買い物に街へ出かけました。

あんまり夏は外へ出かけたくないんですが、
三連休という開放感と、このルチルの新刊が
私を呼んでいたためです。他にも諸々ですが。

新刊を買った日に読み終わるのはいつぶりだろう。
そしてそれの感想を書くのは…いわずもがなw

ちょいネタバレ多めなので気になる方はお気をつけて。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 23:27 | - | - |
『恋愛恐怖症』/いおかいつき(DUO BRAND.)
いおかさんの新刊です。
5月の終わりだからもう新刊と呼べないかもですね。

ちょっとこの作品、忙しい時期にAmazonで
あらすじもさっとしか読まずに買ったため、読むまで
「ああ、受けに幽霊が付いていて、恋愛恐怖症になったのを
TVで良く出てくる江○何某よりも1000倍素敵な攻めの
ヒゲメガネ霊媒師にすぴりちゅあるに、フィジカルに
治してもらうのだわ…ああ、素敵!」

と勝手に妄想をしておりました。かなり違いました。
早とちりの私ではなくタイトルが悪いんだい!

詳細は以下ネタバレ感想でどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 22:28 | - | - |
『リロード』/いおかいつき(国沢智)
攻めですか、受けですか。

基本的に男は攻めですよね。
私はどっちかというと、というかほぼ受けなので、
攻める気持ちは分かり辛いのですが、
受けることなんて想定もしていないと
言うのがノンケ側の本音だと思います。

なのに、バリバリノンケだったくせに
よく受けられるな…と今さらながら
この作品を読んでいたら思ってしまいました。
や、BLはファンタジーだから追及しませんがw

…うん、まあ、とりあえずネタバレ感想に行きますね。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 23:12 | - | - |
「君こそ僕の絶対」/いおかいつき(奈良千春)
今日は(も)本屋へ。

予定通り宇江佐真理の文庫新刊、高田崇史のQEDシリーズ文庫新刊、
それから頼まれた雑誌サライとダ・ヴィンチ・コード 上・中・下、
BLでは六本木心中2とこの本を買いました。

そしてもう読み終わりました。
薄いので持ちやすく、電車の中で読みやすかったんです…
でも内表紙はかなりやばめ(↓)

kimi

皆様、外では気をつけましょうw
それでは、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 22:36 | - | - |
「好きこそ恋の絶対」/いおかいつき(奈良千春)
今日の一冊☆ワンコ攻めとはこういうもの

ここのところ、文が長い気がします。

さて、連チャン(練ちゃんではない)でいおかいつきさんです。
なんと奈良千春さんの挿絵初読みです。
めちゃくちゃ素敵で萌えましたw
人気が有るのも分かる気がします。

それではネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 23:20 | - | - |
「傲慢な愛は台詞にのせて」/いおかいつき(紺野けい子)
演劇モノ…どうしても「マヤ!恐ろしい子!」を思い浮かべてしまう
ガラかめフリークなaya-meです。

そんなわけ(?)であまり演劇モノには手をつけないのですが
最近「真昼の月」で有名ないおかいつきさんと
挿絵の紺野けい子さんの名前に魅かれて読んでみました。
「紺野けい子」病ですね。このタラコぎみな唇も好き。
薄い唇よりぽってりした唇のほうが官能的で好きです。
井上和○なんてそれ以外に見るとこないし(女には厳しい)。

役者同士ではなく、片方は裏方ってところがいいですね。
ではでは、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いおかいつき | 22:53 | - | - |