1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『なぜ彼らは恋をしたか』/秀香穂里(梨とりこ)
人間慣れないことをすると疲れる、と痛感した週末でした。
あまりしたくないことを付き合いでするのは苦痛ですね。

しかし、その帰りにBLを読んだり、
今日もひたすらに本を読むことで、
リフレッシュすることが出来ました。

別に虚構に逃げ込むつもりは無いんですが、
本を読んでいる間だけ、一時だけ、
虚構の世界を楽しむことは、私にとっては
最高のリフレッシュ方法です。(その極上がBL)
やっぱり、本好きはやめられないなあ。

さて、今日の感想本は、秀さんのワーキング本です。
秀さんのキャラのワーキングは個人的に外れが無い…!
それでは以下、感想です。


続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 23:26 | - | - |
『隣人には秘密がある』/秀香穂里(山田ユギ)
バレンタイン商戦が始まっている今日このごろ、
見ていると気分が華やいでいいものですが、
ついつい買い物欲が出てしまいます。

しかし、4粒で可愛いチャームもついてお得な1500円です!
なんてのは庶民感覚がはたらいて買えません。
が、そのハイプライスのコーナーの先に構えている
ロ○ズを見ると、あらお安いなんて錯覚して
買ってしまうのですよ……くっ、やり手だな。

まあ、要は比較すると安く見えちゃうわけで、
キャラ文庫は昨今のBL文庫事情から考えると
500円台でお得に感じるなあということです。
ページ数もないのに600円代はきついよなあ……。

まあ、それはさておき、秀さんの新刊は
いい意味で期待を裏切られました。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 00:28 | - | - |
『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里(高階佑)
睡眠が毎日4時間だ、というひとがいますけれど、
もうムリ、1日3時間睡眠しただけでもう脳がへとへとです。
平時の40%ぐらいしか脳細胞が活動してない気がします。

これが仕事のせいなら致し方ないとも思えるんですけれど、
本読んでて時間を忘れてしまうって、社会人として
体調管理がなってないなあと反省しつつ、それだけ
のめりこんで眠気を抑えて感想を書きたい気持ちに
なれる本にであえるのは幸せなのかもしれない……。

ということで、今日の感想は寝不足原因のこちらです。
感想というより単なる妄想に近いですけど、お暇でしたらどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 23:49 | - | - |
『他人同士』1〜3/秀香穂里(新藤まゆり)
昨日の3周年に続き、なんとニアミスで200万ヒットでした。
連続になってしまいましたが、感謝は何回したって
いいですよね、今日もありがとうございます。
明日も明後日も宜しくお願いします!

さて、先日J庭体験日記では書きませんでしたが、池袋徘徊時、
この『他人同士』3が発売した次の日であるにもかかわらず、
なんとアニメイトでもとらのあなでも売り切れでした。
人気があるのか、それとも集まった人数がハンパじゃないのか…。
「どちらも」が正解なのかな。

きりよく完結したところで感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:15 | - | - |
『3シェイク』/秀香穂里(奈良千春)
昨夜会社帰りに地元の書店にぶらりとよったところ、
秀さんのラヴァーズ新作が出てるじゃありませんか。

あら、奈良さんたら表紙が過激ですこと、うーん、
顔なじみとはいえさすがにこの表紙は恥ずかしいな、
でも「そのままでいいです」って言ってさっと
済ませてしまえば大丈夫だろう、レジがあいたぞ、
「お願いします、カバー結構です」「はい毎度、600円です」
あ、細かいの無いな、紙幣は1000円があったはず…
あったあった、あと100円出して500円のお釣りをもらうか、
「1100円でお願いしま…」ってぇえ、か、カバー要らんと
言ったのになんでわざわざ危険な中表紙見える状態で
表紙をカバーに差込んでくれちゃってるんだよ!

動揺するのも仕方ないような肌色真っ盛りなんですよ!

私の頭もシェイク!

表紙どころか過激な中表紙まで見られてしまった…。
教訓:「エッチな本 ぜひ通販で 買いましょう」。

…内容はとても好きだったので後悔なんてしないけどね!
以下、前置きが長くなりましたが感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:04 | - | - |
『小説家は我が儘につき』/秀香穂里(陸裕千景子)
ルビー、プラチナ、プリズム。
こう並べると麗しく美しいですが、この3つは、
私の中で「帯が恥ずかしいBL文庫TOP3」です。

と、久しぶりに帯の話をしたのは、この作品の帯が
「敏感すぎなんだよ、おまえ。噛みまくってやる。」
じわじわと恥ずかしさがこみあげてくるものだったからです。
こんな恥ずかしいものを店頭で買う私って、と思う気持ちが
薄れた今でもやっぱり恥ずかしいもんは恥ずかしい。
表紙にも乳首が見えてるしさ……。

まあ、内容の感想には関係ありませんが、
帯に負けず劣らずエロが濃い作品でした。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:24 | - | - |
『個人教授』/秀香穂里(やまかみ梨由)
軽く風邪をひいたようで、喉が痛いです。
このまま悪ければ、土曜にでも病院へ行こうかしら。

病院で喉、といえば、「耳鼻咽喉科」ですが、
発音がいやらしいですよね、「じびいんこうか」。
さらに発音や字面を駄洒落的に打ってみましょう。
「耳鼻淫行課」(聴覚と嗅覚に訴えるプレイをする部署)、
「慈悲淫行家」(ボランティア)、「自慰淫行家」(見たまんま)、
「自媚飲硬化」(バイアグラ)。
……やっぱり風邪で頭がおかしいのか、こんな単語が
すらすらと浮かんできます。早く寝よう。

話は変わって…いやらしいといえば秀さん(ひどい)。
今作も従いエロスでしたが、以下ちょっとだけ辛口感想です。
そのうえいつもに比べてネタバレ多めですのでご注意を。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:17 | - | - |
『艶めく指先』/秀香穂里(サクラサクヤ)
TBの嵐が復活し始めました。
JUGEMのスパムブロッカーが非公開状態にしてくれるのですが、
消す手間は変わらず…しかも私の大好きな『箱の中』『檻の外』の
全サ「すすきのはら」に「ススキノ風俗」のTBが来てるし!
純粋にむかつきます。でも吐き出したのですっきり。

さて、今日は秀さんの新刊です。『くちびるに銀の弾丸』と
ちょっと絡んでいると聞いて楽しみにしていたのですが…、
『くちびる〜』を読んでいない方でも面白いのでは、と思いました。
感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:17 | - | - |
『黒い愛情』/秀香穂里(奈良千春)
エダさんに続き、私の好きな作家の一人、秀さんが
奈良さんと組みました…しかも、ラヴァーズ。
これでどうなるか、というのは目に見えていました。

でも、あえて言いましょう。…エロい。

表紙からしてエロ大爆発のメガンテなんですよね。
はだけた上に透けたワイシャツのみ+手錠+鎖の受け、
透けワイシャツ+鬼畜そうなメガネ攻めに、
バックにはカルテと速水社長も白目の紫のバラ。
店頭で買うにはハードルが高い…店頭で買ったけどね!

今日は半分ぐらい秀さんのエロ描写話になると思います。
それでもよければ以下へどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 20:54 | - | - |
秀さんは不倫ものがお好き?
さる2月26日、アクセスが400000を越えました。
いつもいつも、ご来訪・コメント・TB・拍手ボタンを
押してくださる方々、本当にありがとうございます。
これからもゆるりと続けていきたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

400000記念はアンケートかバトンか作家特集に
しようかと思案中でございます。

さて、今日は不倫ものです。私は不倫自体は余程でない限り
ダメですが、不倫ものを読むのはとても好きです。
自分で味わえない(味わいたくない)感情を読めるんですもの。

そんなところに秀さんの新刊が2冊続けて不倫ものだったので、
あわせてネタバレ気味な感想を書いてみました。
続きは以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:56 | - | - |