1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『華やかな迷宮』/松岡なつき(よしながふみ)
衝撃の事実!というほどでもないのですが、
「ワーストだから苦手な方はお引き返しください☆」
と普段書かない注意を書いているのに、
なんでまれにみるページアクセス数なのよ!
そしてユニークアクセスも冬休み中の
どの日よりも多い……まったくもう!

そんな皆さんが大好きです。ありがとうございます。

さて、『華やかな迷宮』を休み中に読み終わりました。
やっぱり面白いな、松岡さんの歴史ものは。
既に周知の作品ですが、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 00:13 | - | - |
『センターコート 1〜3』/松岡なつき(須賀邦彦)
昨日、記事の最後にニコニコの動画を引用しました。
あのゲーム、調べてみたら14年も前のゲームでした。

1994年といえばもう平成だし、つい最近のような
気がしますが、今年はもう2008年だもんね……。
14年後に、自分がパソコンを使ってこんなBLの感想を
書いていることになるとは思いもよりませんでした。

さて今日の感想本は10年前、1998年の作品です。
うーんあのゲームをやってた頃の4年後だったのか…、
そうやって考えると、いま、あの頃の本の感想を
書いているのも不思議な感じです。

それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 21:21 | - | - |
『アンダルスの獅子』/松岡なつき(亜樹良のりかず)
アラブといえば何だと思う?と問われたとき、
「国名」「石油」と答えるあなたは常識人。
「張り型!」と答えるあなたはAF好き。
「流行ってたよね、お金持ち中東版」と答える私はBL好き。
いやあ、たった一つの質問で人間が分かるものです。
周囲に質問しまくってくださいね。もちろん冗談です。

私はアラブというと、他にはあの白い服、
「ディスターシャ」を思い浮かべるのですが、
今回の攻めは黒い服しか着ないという変わり者です。
でもお話は凄く真っ当で面白かった…!以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 21:39 | - | - |
『SWEET SAVAGE やさしく殺して』/松岡なつき(奥貫亘)
初・もえぎ文庫の感想でございます。
あの学研から出版されたBLを読む日が来るとは、「〜年の科学」を
愛読していた昔の私には思いもつかないことです…(遠い目)。

でも作品の中身はビブロス出版の「やさしく殺して」に
加筆修正したものなので、オリジナルではないんですよね。
それに独自路線のもえぎ文庫ピュアリーも、創刊の
ラインナップにナンバランを据えてくる時点で、
「お前はこの私にとってのモンキーなんだよォーーッ!!」
(ジョジョが分かる人にだけ分かる超馬鹿にしくさった言葉です)
と、嘲りたくなるもえぎ文庫…生暖かく見守ってやりたいです。

でも、この作品は松岡さんらしく楽しく読めたのでご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 20:59 | - | - |
「FLESH&BLOOD1」/松岡なつき(雪舟薫)
初めて申しますが歴史が結構好きです。

中学時代は歴史の流れよりも人物に傾倒し始め、
富or美貌or力を持つ人たちが好きでした。
マリー・アントワネット、エカチェリーナ二世、クレオパトラ、
マリア・テレジア、則天武后、etc。
まあ、女に生まれていたらこうなりたかったな〜と
自分を重ねて妄想してたんですね。凄いオカマだ。

高校に上がると世界史を選択して、
ホモ疑惑の男どもに惚れまくるのですが(笑)、それはまた別の話。

で、もっとも敬愛していたのがエリザベス一世。
苦難を乗り越えて立派にイングランド黄金時代の礎を築いた彼女。
(一番繁栄した時代はヴィクトリア女王ですが)
処女王と言っておきながら愛人がたくさんというのも
私の欲望を見事にかなえていた女性でした。

そんな大好きな時代+BL=冷静になれないですよ、もう。
今まで手に取らなくてごめんなさい松岡大先生!

ではちょ〜っと長めの感想です…。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 22:06 | - | - |
「GO WEST!」/松岡なつき(ほたか乱)
今日の一冊☆男版ハーレクインっぽい。

世間ではオリンピック一色(でもない?)。
私も影響されて外国ものが読みたい!と思い
積読の中から選びましたのがこの1冊。

積読の良い所は突然あるジャンルが
読みたくなってもたいてい1冊は
そのジャンルがあることでしょうか(自嘲)。

では、あらすじ&感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]松岡なつき | 22:59 | - | - |