1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青空へ飛べ』/久我有加(高城たくみ)
今日も寒くて出かける気力が萎えかけたのですが、
明日からの通勤電車に耐えるためのリハビリも兼ね、
外出しました。自分を褒めたいです。(レベル低っ)

本屋→図書館といういつものコースに加え、
買うかどうか迷っているものを見に行きまして、
結局今日も判断を保留して購入を見送りました。
1、2万くらいなら奮発して買えるんですが、
ここまで高いものを結局使わなかったりしたら
もったいないなあとか考えちゃうとダメですね。

ところで、完全に「趣味、娯楽のもの」と言える物で、
形に残る一番高かった買い物はなんだったかな、と
記憶をたどってみて思い浮かんだのはPS2でした。
(初期のころは結構高かったんだよね…学生の身分には)

すると大人になってから高額な買い物ってしてない?
おおなんてチンケで小市民な私、と思ったんですが、
本の購入額は1冊1冊は高くないけど下手すると
1月でPS2以上の金額を使ってたりするんですよね……。
うーんそう考えると奮発してもいい気がしてきました。


さて、毎度のごとく前置きの日記とはなんら関係が無く、
今日の感想は久我さんの野球ものです。
これがよかった!ということで、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 23:07 | - | - |
『恋で花実は咲くのです』/久我有加(草間さかえ)
行こうと思っていた海上保安資料館とスパは、
土曜は仕事に行ってしまい、今日は雨で、
結局行けませんでした…気分転換がしたいよう。
来週の庭で気分転換しよう、そうしよう。
その前にカタログをチェックしないと…。

あ、資料館は行けなかったんですけれど、
土曜の出勤の時間を遅めにして(休出時間は自由なため)、
先にアニメイトに寄ってしっかりカタログは買いました。
もう店員さんに聞くのなんか怖くない!
……月日の経過と慣れは加速的だなあ。


さて、今日は久我さんの芸人シリーズ感想です。
そう来たか!という面白さでした。それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 22:33 | - | - |
『いつかお姫様が』/久我有加(山中ヒコ)
梅雨に突入して、なんだか電車の中も
心なしかイライラした雰囲気の6月も、
もう半分ですね。そしてあと半月で今年も半分……。

全プレに追われて日々のすぎてゆく
早さや雨の落ちるがごとし。
なんて五七五七七はどうでしょうかね。
今月は是のペーパー締め切りなのでご注意を。

と、自分向けのアナウンスをしたところで、
続けてディアプラス文庫の感想です。
久しぶりの久我さんの新刊、面白かったです!
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 23:38 | - | - |
『それは言わない約束だろう』/久我有加(桜城やや)
今日から通常運転、2008年最初の感想はこちらの作品です。

そうそう、ディアプラス文庫1月分の新刊は
いつもより早く出版されていましたね。
早すぎる年末進行、読む分には早いのは構わないんですが、
制作側の現場は大変だったろうなあ……宮仕えは大変ですね。

さりとて宮仕えなどではないといって、
芸人が楽かというと、それもまた違いますけれど。
そんなつらい立場の芸人が攻めの漫才師ものでした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 20:17 | - | - |
『月も星もない』/久我有加(金ひかる)
昨日、Web拍手で頂いたコメントを見てびっくりしました。

『きみの処方箋(の感想)は、2度目ですよね。』

えっ、…あれ、ほんとだー。約1年前に書いてましたね。
完璧に忘れてました。…青年14歳にしておけばよかった。
コメントもついているので消しはしません。
「ププw」ぐらいで読んでやってください(笑)

さて来ましたよ、久我さんの漫才もの!(ごまかすかのように)

今までに久我さんの作品の八割がたを読みましたが、
その中で一番面白かったのは『何でやねん!』でした。
その次に面白いと思えたのがこの作品でした!
読んだばかりのせいかもしれませんが、純粋に楽しめました〜。

ではでは、早速感想へ参ります。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 21:24 | - | - |
『光の地図-キスの温度2』/久我有加(蔵王大志)
連続でアップいたしました久我さん本です。
一日空きましたけれどドンマイ。
ドンマイって言い合う高校野球児は萌え。
敗因プレイをした男の子が言われて泣くのはもっと萌え。
作品とはまったく関係ありません。


さてこの二作、まとめても良かったのですが、
メインカップルが変わりますし
主題も変わっていたので別々にしました。

前作『キスの温度』(記事はこちら)を読んで
時々の登場のくせに結構な印象を残した二人でしたから、
身長差萌えの私としては読めてよかったです。

詳しくは以下ネタバレ感想をどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 21:18 | - | - |
『キスの温度』/久我有加(蔵王大志)
おどれには何人コンプを狙とる作家がいるんじゃ、と
関西弁で文句をつけられてしまいそうですが、
今日はコンプを目指している作家さんの一人、
久我有加さんの作品です。これが4冊目かな?

久我さんじゃなかったら、この表紙では
おそらく手をつけていなかったことでしょう。
皆優男気味なんだもの。
もっとヒゲとかオヤジとか(略)

でも、読んだら好みでした。以下ネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 20:39 | - | - |
『何でやねん! 2』/久我有加(山田ユギ)
示し合わせたようにAmazonとebookoffの荷物が届いたので
ひさしぶりの購入日記&既読には読後メモです。

・Amazon
『DEATH NOTE 11』/大場つぐみ・小畑健
 →文字多くて疲れる…ついてくのが精一杯。
『僕と君の間に 3』/鈴木央
 →ファンタジーとしてかなりの出来じゃないでしょうか。
『コンティニュー?』/いつき朔夜
『hand which」/鈴木ツタ

・ebookoff
『誰がおまえを好きだと言った』/山田ユギ
『月を抱いた』/夜光花
『晴れ男の憂鬱雨男の悦楽』/水壬楓子
『家賃』/月村奎
『きみの処方箋』/月村奎

面白ければ近いうちに感想書くかもしれません…

さて、今日は「何でやねん!」の続きです〜。

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 23:05 | - | - |
『何でやねん! 1』/久我有加(山田ユギ)
つい何回も読んでしまう本。
大切な、面白い、お気に入り…
そんな本が誰にでもあると思います。

もち、そう言ってる身ですから私にもあります。
一例をあげると、BL小説ならRECOMMENDにも置いている
ひちわゆかさんの「今宵、雲の上のキッチンで」や、
烏城あきらさんの「許可証」シリーズ。
BLコミックでは夏目イサクさんの「ノーカラー」
寿たらこさんの「SEX PISTOLS」などがあります。
(BL以外は割愛します…)

その何回も読んでしまう本リストに
新しく追加されたのがこの作品です。
文句なしにオススメです。

どうか以下ネタバレ感想をご観覧くださいまし…

続きを読む >>
| [BL・小説]久我有加 | 22:27 | - | - |