1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『おまえにUターン』/いつき朔夜(印東サク)
『おまえにUターン』/いつき朔夜
新書館(2011/8)
【Amazon】

☆あらすじ
東京で大学を出て就職したものの、
一年足らずで帰郷した光晴(こうせい)。
中学時代からの相棒・弘夢(ひろむ)に
乞われて、彼が父から継いだ防災会社で
勤めるようになり、やりがいも感じていた。
ところが最近しっかり者のはずの弘夢がミスを繰り返し、
光晴は世話を焼かされてばかり。 そして光晴は、
弘夢と一緒にいるとなぜかドキドキしてしまう。
そんな時、弘夢におかしな視線を向ける男が現れて……?
・何はさておきタイトルにつっこみたい。
 これといい『つながりたい』といい、『八月の略奪者(ラプトル)』や
 『午前五時のシンデレラ』などとは違うセンスのような。
 後者たちが私の好みってだけなんですが、うーん。

・それ以外は、あいかわらず私好みの作家さんです。
 まずはメジャーでない職種のワーキングBLです。
 防災会社ですよ、防災会社!

・BL界においてセキュリティ会社は星の数ほどありますが
 (守られる側の社長も異様に多いBL界ですが)、
 防災会社は初めて見ました。普段あまり接しない職業のため、
 当初はイメージがつかみづらかったのですが、
 火災報知機などの点検のシーンで一気にばっちりです。

・華々しい活躍などはないですが、私の萌えツボである
 作業着での業務や、「アッチーナ」「ケムリーナ」などの
 愛称を器具につけるのがグンとリアリティを感じさせる、
 良質なワーキングBLですねえ。
 あのビルや学校で見かけた人たちは、こんな仕事を
 しているのね…と、またBLで職を知る体験ができました。


・それから、再会もので同級生で幼馴染みという
 幼馴染みスキーをホイホイするための設定です。
 この関係は巷に溢れかえってますけれど、
 バカをやっていた――不良行為ではなく、
 「男子ってほんとバカ」と思うような行為――を
 していたエピソードなどが、リアリティがあって、
 よりいっそう幼馴染みの美味しさが増します。

・甘酸っぱい現役学生の同級生ものもいいですが、
 甘えたり世話を焼いたりしても対等であり、
 本音でぶつかりあえる仲…長年の関係がベースにあり、
 その上で恋愛というのも熟成されていてまたよし、です。
 「幼馴染み」という単語はかくも私の萌えツボです。

・ついでに受の父がオトコマエすぎる……。
 一度リタイアしかけた息子の成長を気にかける父に萌えます。

・地味っちゃ地味ですが、ハズレなくコンスタントに
 良作を書かれるいつきさんは本当にありがたいです。
 あれだけ重い話を続けて読んだ後だと余計にね!(笑)
 地味めのお話でも問題ない方にオススメです。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:50 | - | - |
『つながりたい』/いつき朔夜(石原理)
ああー明日から会社か……長々と休んだので
現実感がないというか麻痺しているというか、
現実の事として考えたくない自分がここにいます。
脚のこともあって億劫だなあ。

本を読むだけの生活がしたいですけれど、
それでは本を買う資金がなくなるどころか
生きていけないのでそこそこに頑張ります。

と言いつつ、明日やらなくてはいけないことを
リストアップしたら、概算で8時間は軽く
オーバーしてました。せわしないなあ。

そういえば「せわしない」って方言だと
思っていたら共通語でもあるんですね。
方言と共通語の違いってわからない…。

さて、今日はいつきさんの方言BLです。
高校生ものは久しぶりですが楽しみました。
それでは以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:51 | - | - |
『溺れる人魚』/いつき朔夜(北上れん)
夏休み明けにしてはさほどだらけていません。

気づいたら終電間近で駅まで走る→帰ってくる→
なにか胃に入れる→暑いという感覚もなく急速睡眠、
というだらけてるヒマがないサイクルだったためです。

…『トッキュー!!』全巻新刊で買ってやる。
俺、今週末こそ買い物に行くんだ……と、
死亡フラグを立てていたところで、
今日の感想本はいつきさんの新刊です。

コンスタントに面白いという感想を書くことができる、
自分にとって貴重な作家さんです。
ぜひ今のペースで長らく続けて欲しいな…。
それでは、以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 03:00 | - | - |
『スケルトン・ハート』/いつき朔夜(あじみね朔生)
突然ですが「接待」はBLでよく見るパターンの1つですね。
隣の間に布団が敷いてある料亭で当て馬か悪代官に
脅迫されて押し倒されそうになったところに、
攻めが助けに来てラブラブ突入というあれです。

なんて縁のない世界の話、と思っていたら、
なんと初接待に行かされました…いきなり。

もちろん普通の宴会の延長ですけれど、それでも
お門違いよ!と思う反面、前述のBLの接待を思い浮かべて
ひそかにほくそ笑んでしまう自分が恐ろしい!

あんなに楽しくないお酒は珍しいので、
もう2度とご遠慮ですが、いい経験……かなあ?
まあ、ここの原料にできただけよしとしましょう。

さて、今日の感想はいつきさんのほやほやの新刊です。
ちょいと地味めでしたがこういうのも好きです。
それでは以下にて。


続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:45 | - | - |
『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜(夏目イサク)
先ので予期せぬ雑文記事が2つ続いてしまいました。

別に悪いことだとは思っていないんですけれど、
なんだか最近文章が長くなりすぎている気がします。
うまい人は200文字でも100文字でも感想を
ぴったりと伝えられるのでしょうけれど、
自分はついだらっと長くなってしまいます。
字数の調整って難しいものですねえ。

さて、字数もそうなんですが、その文章を最大限に
伝わるように時間内に喋る弁論はもっと困難だろうな、と
思った、弁論部顧問の先生同士のBLです。
やっぱりいつきさん大好きだわ……!以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:48 | - | - |
『ウミノツキ』/いつき朔夜(佐々木久美子)
この作品を読み終わってすぐに思い出したのが
「アジアの純真」という曲のタイトルでした。
何度今までピュ〜ア〜なハートがっ、と
口ずさんでしまったことか。ブームとは恐ろしい。

ブームといえばBLの流行は去年〜おととしでは
遊郭、アラブ、ヤクザというイメージがあります。
今年はなんでしょうね?いまんとこヘタレが多いと思いますが、
ヘタレは性質であって、シチュエーションではないか。
意外な所から怒涛の勢いで何かが来るかもしれませんね。
(凡人の私にはわからないってことなんですけれど。)

さて、今日の感想は、ブームとは関係なく、いつでも
面白いと太鼓判を押したい、いつき朔夜さんの新刊です。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 21:59 | - | - |
『午前五時のシンデレラ』/いつき朔夜(北畠あけ乃)
先日恩田陸さんのエッセイで、うろ覚えなのですが
こんな意味の文がありました。

「……ミステリ好きは、ミステリを1作書くように。
すると様々な職業の人が様々な専門的知識を生かした
面白いミステリーが生まれるはず……」

もちろん思いつき、冗談半分の一文だったのですが、
これってBLでも適用できそう。BLが好きな人は
専門的知識を生かしてリーマンBLを書けば……。
知識ではなく経験なのですが、方言も可能ですね。
方言ネイティブの人は方言BLを書くこと!(笑)

もちろんそれは冗談として、そのネイティブな
方言を使った作品が今日の感想本です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 20:49 | - | - |
『八月の略奪者』/いつき朔夜(藤崎一也)
八月の略奪者と書いて「はちがつのらぷとる」と読みます。
難しいタイトルの読み方ですね。

地名・人名に続いて難しいのが本のタイトルだと思います。
たとえば、こんな本のタイトル。

樒/榁→しきみ/むろ
亜智一郎の恐慌→あともいちろうのきょうこう

一発で読めた人を尊敬します。
まあ、タイトルが作品にあっていればなんでもいいと思いますが。

では、ネタバレ低めな感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:59 | - | - |
『コンティニュー?』/いつき朔夜(金ひかる)
ここのところディアプラスの感想が
多いことに気がつきました。

今、一番好きなレーベルかもしれません。

昔はよく読むレーベルが角川ルビー・ラピスでしたが
最近はシャレード・ディアプラス・キャラです。
ノベルスではシャイ・ビーボーイってとこですね。

人間、好みは変わるものですね。

さて、前置きは8割関係なく(オイ)、
先日「注目の新人」と申しておりました
いつき朔夜さんの新刊のネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 22:41 | - | - |
「G1トライアングル」/いつき朔夜(ホームラン・拳)
アワード2005の新人作品で気になっており、
名前だけチェックしていましたが
ブックオフで見つけて即買いしました。

なぜなら。

挿絵がホームラン・拳さんだったから!
まったくもう、聞いてないよ。
嬉しい誤算(?)とはこのことです。

では、ネタバレな感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:53 | - | - |