1/3PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『禁縛』/剛しいら(嵩梨尚)
〜今週末にしたことの報告その1〜
逆転検事2はあと1週間とか言っていたわりに、
あの後はわりあいスムーズに進んで5章の中編です。
いやー5章はイチヤナギ検事が可愛かった。
あと、青いひとが一瞬モブで出てきたときは嬉しかった。
今作は過去のキャラの扱い方がうまいですね。

〜同じく報告その2〜
ドラマ『すいか』を見終わりました。
いいドラマだった……前に進みたくないときとか
卑屈になりそうなときに見返したくなるドラマです。
先週の金曜日に仕事でまた新しいミッションを
与えられてしまい、非常に憂鬱っていうか、ねえ、
他にいないからってこのポジション力不足だよ?
役不足じゃないよイチヤナギ検事!と
逃げ出したい気分の今にぴったりかな!(半ばヤケクソ)
ああ、会社行きたくないったら行きたくない。(そして本音)


さて、剛さんの22作目の感想です。
作品数としては30作近くになるのか…それでも剛さんの
著作全体の5分の1も書いてないんだから頭が下がります。

タイトルどおり「縛り」がテーマでした。
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:09 | - | - |
『描くのは愛』/剛しいら(朝南かつみ)
週末は暖かくなります、と予報では言っていたけれど、
昨日も今日も、金曜に比べると暖かい、であって、
4月半ばとしては肌寒かったように思います。
私が外出できないのがその証拠です。(寒いから)

つまりは一日中家の中にいたのですけれど、
そんな折、朝食を食べたあと部屋に戻ったら、
なんだか図書館の匂いを感じました。
圧倒的な本の匂いとほのかに混じるカビ臭さ、
うーん、ちょっとノスタルジックな匂い。

積読本たち「部屋掃除してないのと何年も経った僕たちのせいかと」

はい、そうです、すみませんごめんなさい。

というわけで、今日は積読消化に勤しみました。
部屋の掃除?そんなの関係ねえ!
(↑これ、もう3年前のギャグなのね。懐かしいなあ)
表紙の過激さでなんとなく積んでいたこちらですが、
先日薦められたので、読みました。
おお、これは面白い!読んでよかった。
それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 22:36 | - | - |
『優しい罠』/剛しいら(織田涼歌)
昨日のおでかけのせいでものすごく肩が痛いのですが、
予定があって今日も外出して歩き回りました。
家に帰ってきて、万歩計(ポケモンのポケウォーカー)を
見たら、なんと16,434歩……そりゃ疲れるわ。

でも、体はなんとなく朝よりも楽になりました。
動かしたほうが筋肉痛は楽になるっていうけど、
本当なんですねえ。だからといって、私が、
この私が、アウトドアしようぜ!みたいな
アクティブな人間にはならないと思いますが。
楽しかったけど、本読んでるほうが楽しいもの。

さて、今日の感想は、剛さんの新作です。
……BLとは言いがたいBLでした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:03 | - | - |
『リメイク』/剛しいら(かんべあきら)
先日リカバリー中にあまりにも暇で机の整理をしていたら、
昔(3年ぐらい前?)に買った CD が出てきました。

このころは(もちろんBLの)『SEX PISTOLS』に
はまってたのよね〜とCDプレイヤーで聞きなおしたら
「世界の栄口勇人がノリりんだったのね……!」とか、
「イインチョって平川さんだったのか……!」とか、
驚きの連続。何が驚きって、聞いてた当時は
なんにも声優さんのことなんか知らなかったのに、
声を聞けばわかるようになったってことです。
うーん、温故知新ですね。ちょっとちがうか。

さて、読んだら故き時代を温したような
気分になった、今日の感想本です。
オヤジ(ジジイ?)スキー全開ですのでご注意を。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:48 | - | - |
『スウィート・スイミング』1・2/剛しいら(とおのぐり太)
読書の秋といっていいほど朝晩が涼しくなってきた昨今、
なのに本を読みたくない時期です。

読みたくないというより、ゲームをやりすぎて
それ以外のことが手についていないというか…
このBlogの更新がなくなったら、廃人になったとお考え下さい。
あ、といってもオンラインゲームとかじゃないので、
一時期を過ぎれば中毒はなくなると思うんですけれど。

ま、そういうわけで、すると濃くなくてらく〜に
読めそうなものを手にとりたくなるわけで、
2冊×105円=210円で購入したこの作品を読んだのですが…。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:55 | - | - |
『狼伯爵―永久のつがい』/剛しいら(タカツキノボル)
いま、書き始めた時点で、アンケートが75票も入っています!
ご回答くださったみなさん、ありがとうございます。
引き続き 6/16まで実施しております。

さて、アンケート実施中ですが、さっと回答に
目を通しましたところ、3点ほど、気になる回答が
ありましたのでご紹介と簡単な回答を。

・「あれ」「それ」でいい(Mさん)
 →ああ! 「代名詞」もありですね。失念でした。
  いまさら項目追加はアンケートが崩れますので、
  もし他にも代名詞が良い、というかたが他にもいましたら、
  8・その他を選んで「代名詞」とコメントにてご記入願います。

・「情欲」「劣情」は感情系?(Nさん)
 →感情系…確かに…でも、私としては性欲に限りなく近い
  感情だと思うので、これは4へ分類してもよいかな、と。
  
・「シャフト」(匿名さん)
 →シャフト…、は、まあ、日本語で「軸」ですから、
  3・物質系に分類させていただければと思います。
  少なくともゴルフクラブのあの細長い「シャフト」を
  さしているのではないです……よね?
  ただし、マグナムなら6・一般的な性器の別称です。

そんなところでしょうか。他にも興味深い回答、
お待ちしております。

それでは今日は剛さんの新刊ケモ系作品の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 00:05 | - | - |
『雛供養』/剛しいら(須賀邦彦)
剛さんが続いてしまいました。
続けて書くつもりはなかったんですが、
ちょっと衝撃があったもので…。

今回登場するアイテムに雛人形があるのですが、
実を言うとあんまり好きでなかったりします。
ビスクドールはまだ平気ですが、日本人形が怖い。
なんだか情念のこもっていそうな目が苦手です。
ひとが好きなものを貶したりするつもりはないですが、
人を呪っても全然おかしくない目です。(偏見)

そんな怖い・理解不可能な印象をこの作品にも感じました。
以下、いつもよりネタバレ強めで感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 22:17 | - | - |
『子守歌…消えた』/剛しいら(水上有理)
前にも似たようなことを言っていますが、
BLはレーベルによって作家の風味が変わるものです。
中でも剛しいらさんは、耽美もの、人情もの、
アホアホものなど、幅が広すぎて、初心者に
一番誤解されてしまうBL作家のような。
最初に『座布団』を読むのと、『奪われた白衣』を
読むのとでは、まったく違う味わいですよね。

別にどれもこれも好きなのでかまわないですが…
剛しいらという作家は、はじめに読んだ本によって
540度見方が変わる作家だと久しぶりに耽美系の
この作品を読んで、つくづく思いました。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:42 | - | - |
『教授の密やかな愉しみ』/剛しいら(華門)
黒というと、神聖な色ととらえられると同時に、
背徳的・悪い意味の色としてもとらえられますよね。
どちらにしても力があるってことなんでしょうか?

その「黒」がレーベルの通称に入っている「黒ラキ」って
すごいブランドだったのでは…この作品を読んでいたら
このブランドを無くしたことは惜しかったな、と思いました。
こういう立ち位置のブランドもあってもいいと思います……
プラチナやスラッシュなんかが近いけど軽すぎるし。

ともかく、今までに読んだ黒ラキレーベルの中で、
5本の指に入る面白さでした…以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:26 | - | - |
『奪われた白衣』『汚された白衣』/剛しいら(萩原薫)
カウンタが70万を超えました。
純然たる来訪者の数の積み重ねの結果に、深く感謝いたします。
‥それにしても、カウンタがベストのときよりも
ワーストのときのほうが人が来てるってどうなの。
あたくし辛口派に転向しようかしら。

冗談はさておき恒例で記念に何かしようかと考えています。
うーん、久しぶりにアンケートなんてどうかなあ。
腐男子をターゲットにしたアンケとか面白いかな…。
明日は私休みなのでつらつらと考えておきます。

さて今日の感想は、久しぶりの剛しいらさんのアホアホ本です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:52 | - | - |