1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『BL48手』/アンソロジー(小説:秀香穂里)
『BL48手』/小説:秀香穂里
泰文堂 (2011/2/28)
【Amazon】

豪華作家48人が織り成す極上の
BLカップリング&体位イラストと、
秀香穂里がすべて描き下ろした
ショートストーリー。

おなじみからアクロバティックまで、わかりやすい体位解説も付いてます!
・この週末はほぼ引きこもってマリオテニスに没頭してました。
 Wi-fiを使った全国対戦がとても面白いのですけれど、
 アクション系は基本的に苦手なので苦戦しています。
 ま、トップ目指してるわけでもないのでボチボチに…。

・さて、出版された時は「企画本にしても……」と思い、
 忌避していたBL48手ですが、以前、某すまたの人に
 「秀さんの職人芸が凄いよ!」と勧められたので
 つい買って、48手を少しずつ読みました。
 …秀さんだけじゃなくて色々と面白かったので感想です。

・まず、確かに秀さんが凄い!
 どのSSも最後の一行までぴっちり書いてあります。
 1つの体位につきSSが3ページと、どうしても短いため、
 多少強引だったり、既にできあがってるカップルだったりしますが、
 それでもちゃんと体位にあわせた内容はもちろん、
 カップリング設定に相応しいSSを書かれています。
 カップリングは誰が考えたのかわかりませんが、
 かぶらないように編集か秀さんが考えたんでしょうか……
 それだけでも凄いです。 

・次に、イラストレータが色とりどりなのも凄いです。
 私は鳥人ヒロミさんや岡田屋鉄蔵さんの絵がいいな、と
 思ったんですが、誰でも1つは好きな絵があるんじゃないか、
 と思える幅の広さです。AKBと同じく48人ですからね!

・あとは、一番予想外だったのは体位解説です。
 これがなかなかツッコミどころがあって楽しい(笑)
 たとえば、「帆かけ茶臼」の解説。
向かい合って座った状態で、受けが攻めの身体を挟み込む。
結合部がよく見えるように足を開き、開いた足を
攻めが手で抱えるようにして腰を動かす。
視覚的に楽しむことができるので、羞恥プレイに最適。
 全体的にこんな内容で、無駄に有用でクールです。
 羞恥プレイに最適なのね、イラストつきで分かりやすいね、
 って誰もそんな説明は求めてないと思うよ!

・とまあ、SS・イラスト・解説と、三位一体の攻撃で
 なかなか面白かったんですが、1日に何個も読むと
 次第に驚きが薄れてくるのでゆっくり読まないと
 楽しみが軽減する恐れがあります。

・また、これはこういう形式の本を読むことで、
 BL小説のイラストレータは、まさに「顔」なんだな、と
 改めて思いました。というのもですね、
 えーと、イラストレータが好みでないものは、
 SSもなぜか面白く感じられなかったんですよね。
 あとあとSSだけ読み返したらそんなに内容的に
 変わるものでもなかったのですが…。
 私にとってだけなのかもしれませんが、
 イラストレータの影響の強さを思い知りました。

・最後の1つはさておき、意外に楽しめる企画本でした。
 しっかし、日本人てHENTAI民族だなあ…。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:22 | - | - |
『男色の景色-いはねばこそあれ-』/丹尾安典
2週間前にも似たことを書いたような気がしますが、
週末の前にちょっとイヤな事があったためか、
この土日は物語に没頭していました。

普段はあれもこれもと気が散るのに、
そういうときに限って集中力が増したりして、
どっぷりと入り込んでしまいます。
現実逃避だなあとは思うものの、物語の中に
いるときは、現実の煩わしいことが消えて、
快楽に浸れるから気持ちいいんですよねえ。

おかげさまでリフレッシュはできたので、
来週も頑張れそうです。それなりに頑張ろう。

さて、そんなことを書いているわりに、
珍しく今日は物語の感想じゃありません。
男色に関わる膨大な資料です。
長々と3週間読むうちにいろんな驚きがあり、
書かないのももったいない、ということで、
以下つらつらと感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:24 | - | - |
マニアなレビューのマニアックな感想
木曜の夜に書いた「意外と長くなった」話が今日の記事です。

長いこと続けていると感想記事が増えてきて、
過去作品のアーカイブが増えるのですが、
それはここに限らず、感想を取り扱う場所があれば
日増しに増えていくわけです。そうすると、
「だれも書いていないマニアックな本の感想」と
呼べるものがなくなってくるわけです。

だからって別に何か困るってことはないんですが、
たまにはマニアックな感想を書きたいなあ……と
いうことで、題してマニアなレビューのマニアックな感想、
【まるごと!ゲイビデオ三昧】の感想です!



商業誌どころか同人誌でもない、雑誌の付録!
そして好きな人が少なそうなキワモノで
ブログ名ともぴったり!えーなになに、
「本誌人気コーナー『いきなりゲイビデオ三昧』」のべ71作品より
深井結己先生の選んだ歴代ベスト10作品を代発表!アンド、
ゲストの先生方による「出張!ゲイビデオ三昧」も
収録した完全保存版!

ほんとに人気のコーナーなのかなあ、知り合いの腐の人で
真剣にゲイビが好きで見てるひとを見たことがないです。
でも、付録になるくらいだし、池袋のだらけに
DVD置いてあったし、麗人とかピアスを読む人は
刺激を求めてるのかもだから意外と愛好家が
いるのかもしれないなんてことを思いつつ。

ちなみに私は一人暮らしのころはたまに見てました。
自分ひとりで親が部屋に入ってくることもないし、
安く調達できる街が近場にありましたからね。
いまは実家&BLに貢いでいるため、ご無沙汰です。


さて、中身は麗人本誌で書かれていたのを
まとめているだけなんですが……それでも面白い。
私は本誌はここ最近で買い始めたため、1つ以外が
初見ということも一要因ですが、他にも色々とあります。

第一に、作品のタイトル自体が笑えます。
「美少年ゆたか」「湘南夏色バナナ」「猥褻病棟24時」は
まあ、ありえるだろう、というレベルの面白さですが、
「僕の土瓶で君のまつたけ蒸してみない?」は
ころげまわって笑いました。

エクスカリバーやキャンディバーやお腰の剣など、
攻め側のを誇張した高名な表現はあるものの、
「まつたけ」と卑猥ながら平凡の域を出ない表現に、
「土瓶」をつけるだけでこれだけインパクトのある、
それでいてユーモラスでトンデモな表現になるとは!
これだけで見たくなります。(トンデモ好きの血)

エクスカリバーは単品であれば最強ですが、
「エクスカリバー」と「鞘」ですと、
「まつたけ」と「土瓶」のように、これといったらあれ、
という阿吽の呼吸を感じさせるものではないですね。
(本当の剣のほうならもちろん鞘も重要だけれど)


第二に、自分の感覚と違いすぎるのが興味深いです。
「ゲイビ」=「性欲を満たすもの」として見るわけで、
というか自分はそういうときしか見たくないのです。

よって三文どころかビタ一文すらやれない芝居やら、
女郎(男だけど)や病院のシチュエーションやらは
正直、萎える。邪魔。不要。と思ってしまうのですが、
けっこうそのへんを受け入れられてるんですよね…。

これは性別の違いのなせる業なのか、それとも
嗜好の問題なのか……わかりませんが、
自分のBL妄想とゲイビの妄想話はまったくもって
違う位置にあるのだ、ということが認識できました。
あ、でも実写BLもダメだな…うーん、難しい。


で、ラストの第三は、ゲスト作家の絵の詐欺っぷり。
稲荷家房之介さん、井上佐藤さん、鬼嶋兵伍さん、
ユキムラさんがゲストとして描かれていますが、
よくもこれだけフィルターを通したなあ……!
全部「あ、この通りだったら苦手な小芝居でも
見るかもしれない…」というフラグが発生します。


残念ながらネットで調べてパッケージを見ると、
「俺、この戦いが終わったらあいつと結婚するんだ……」
というフラグと同等で、絶対に見ませんけれどね。
だって、これが、これですよ?

理想
二次元

現実→こちら

(もっとも落差が低いと思われる方をセレクトしました。
ちなみに画像は流用元から18禁部分を削除しました。→元画像(18禁注意))

深井さんの絵は美しい!とは褒めがたいんですが、
少なくともこのレビューは、妄想が入りすぎず、
現実に近くてよかったのかも……。


と、なんだかんだ言いつつ、オススメはしませんが
これだけ書いてるんだから面白かった付録でした。

P.S. 一番の詐欺師は個人的には井上佐藤さん。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 01:11 | - | - |
「このBLがやばい!2010年」の感想
今日から仕事始めのかたが多いかと思いますが、
私は珍しく休みです。ほっほっほ、幸せです。

さて、今年の「このBLがやばい」アンケートには
協力しなかったので自腹で買ってきました。
だから好き勝手言いますよ!(今までも言ってる)

正直、ランキングはさほど読みたいわけではなくて、
ダブルミンツとセブンデイズのショートコミック、
水城さんと須和さんのインタビューが読みたくて…。

期待通り、水城さんのインタビューは良かったです。
BL(男同士の恋愛)だけどBLではない、という話は納得です。
須和さんも…なんつーか、須和さんって感じです。(?)
ダブルミンツとセブンデイズも短いながらも
その後が見れてにやけてしまいましたね、ええ。

そして密かに楽しみだったマルコさんの
帯レビューはさすがの切れ味でした。
BLがネタ扱いされるのは嫌いなんですが、
帯に関してはこちら側でさえつっこみたくて
しかたないからまったく気に障りません。
ほんと面白いな……このひとの帯レビューは…。


さて、メインのランキングは主眼でないにせよ、
載っている以上、比較したくなるのが人情というもの。
で、10位までがどのくらいかぶっているか見てみると、
ほう…ふむ…コミック4点、小説3点ですか。
まあ、ちょうどいいというところでしょうか。

『俎上〜』が一致していたのは嬉しいですが、
しかし、このランキングって毎年疑問が残ります。
まあ、もちろん人それぞれなんですけれど、
「好き」という定義が曖昧というか……、
どういう観点で選んでいるのか謎ですよね。
そうとでも思わなきゃBL有識者の回答の中で
『俎上〜』が46点しかないなんて…ねえ。

好みや萌えはそれぞれですから、それをただ単に
まとめただけでは総意にはならないんですよね。
好みって難しいなと考えざるを得ません。

せめて萌えとして好きなのか、それともそれ以外の
要素(ストーリーとか)で好きなのか、に分けたら
意外と納得できるランキングになるんじゃないかなあ。
(ちなみに自分のベストは萌え度外視。オヤジ偏重になるので)

自分にとっては萌えるものを読みたいときと
純粋に読み物として面白いものを読みたいときって
明らかに違うので、BLの特殊性を鑑みるに
ばっさりと分けちゃってもいい気がします。

去年までマイ定義で答えておいて言うのもなんですが、
今のように単なる平均値をとるよりいいかなと。
って、私はそういう読み方をしているからであって、
分けられない人もいるだろうしなあ……うーん。
他の方の考えも知りたいところです。

あ、せめて有識者全員の選考ポイントや萌えを
一言で書いておいてくれれば納得しやすいかも。


ついでに、BL有識者の中で有識者と多くの人が
認めるのってしをんさんぐらいじゃないのかなあ。
知名度という点でも、レビュアーという点でも。
「BL好き」ぐらいにしとけばいいのに。(それじゃ普通すぎるか)

BLというジャンルの幅広さと萌えの奥深さを
網羅できるガイド本なんて無理でしょうけれど、
もうちょい工夫をお願いします、という長いひとことでした。

P.S.
3位にそれがはいるぐらいなら山中ヒコさんのを
どっちでもいいから入れてくれというのは
それこそ私の好みとわかっていても言いたい。
それにしても小説の不遇っぷりは異常です。
せめて5位まで選ばせてくれればいいのに。追伸長っ!
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:54 | - | - |
このBLがやばい!ほか、BL関連書籍
予定より一日遅れてしまいましたが、アンケート撤収しました。
回答してくださった皆さま、ありがとうございました!
結果は明日…から来週にかけて(おい)なるべく早めに。

さあて、今日は最近出たBL関連書籍3本です。
(あすの夕方の某アニメのエンディングぽく)

1・『このマンガがすごい! 2008』
2・『活字倶楽部 '07秋号 乙女と隠れ腐女子のための読書案内』
3・『このBLがやばい!』

ちょっと長くなりそうなのでいったん切ります。

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 23:48 | - | - |
『あのひととここだけのおしゃべり』/よしながふみ対談集
女性マンガ家の対談集はどれくらいあるのでしょうか。
少なくとも私は今までこれしか読んだことがありません。
というか、マンガ家がまとめた対談集ってあんまり
聞いた覚えがなく、買うのにすこし不安を感じました。

手にとってみると1200円の表示がちょいと重いものですから
しばし躊躇ったのですが、「よしながふみ」「三浦しをん」、
「萩尾望都」のネームに賭けて買ってみました。

……賭けに勝ったようです。うん、面白かった。
BLの話もたくさんありましたしね。
(逆に苦手な方はやめてもいいと思います。
 そんなかたはここには居ないと思いますけれど。)

以下、こまごまとした感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 20:00 | - | - |
ダ・ヴィンチ 2007年11月号
ダ・ヴィンチを買うのは約一年ぶり…、ていうか、
ほとんどBL特集があったときしか買ってないような。
べ、べつにBLの記事が読みたくて買ってるんじゃないんだからねっ!

嘘をついた舌の根も乾かぬうちに、早速読みました。
さすが表紙の題に持ってくるだけあって、20Pもの特集。
しかも特集では1番最初、と言うご待遇です。
ああ、やっちゃった…という、嬉しいような哀しいような。

特集別に好き勝手に感想をば書いてゆきます。
雑誌のあとに読みたい方を考慮して一応折りたたみで。

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 23:04 | - | - |
AERA 『スーツ萌え女子怒る「クールビズ」』
めったに雑誌買わないのに、今週は2冊も買ってしまった…。
だって、この見出しに目を奪われてしまったの。

「クールビズに怒るスーツ萌え女子たち」

スーツに萌えるのは女だけじゃないわよ!
という突っ込みもしたいところですが、
スーツ萌え男子としてはやはり気になるこの記事。

ジャンプコミックスより安いので買ってみました。
(週刊なのでリンクなし)

意見として、賛同できる点もあれば、不満な点もありました。
賛同できる点としては、
・ブランドばっちりよりも清潔感
・ワイシャツ一枚、汗で透けている
・服装で判断される
まとめればスーツは「一般的ビジネスマンの制服」なわけだから、
相手に信頼されるための気配りと清潔感が大事である。という点です。

その点は大いに賛同です。
記事の中でオン・オフが大切、とも言っていますが、
私もTPOを考えた上でのクールビズが良いと思います。

一番それが顕著なのは、記者会見してるときの政治家の格好ね。
やっぱり、ピシリと決まった格好は暑いとも思うし、
苦しいだろうけど、その分決意が見えますよね。
ネクタイが無いとどうもしまりが無いというか…。

でも私の職場でも営業さんがノータイはみっともない、と
言っていますからね…着る方としては無いほうが楽なんでしょうが、
せめてタイぐらいはつけて欲しいと思うのは
スーツを日常的に着ない人間の我が侭でしょうか。

かわって、記事で不満な点なのですが、
『暑さを我慢しているスーツ男子には母性本能をくすぐられる』って、
それはスーツ男子萌えであってスーツ萌えではないっ!
スーツだけで萌えられるのがスーツ萌えであると思います。
スーツという様式美を愛するのか、スーツを着た男子が
好きなだけなのか、それは大いに異なると思います。
(まあ、どっちも、という人が大多数でしょうけど)

私はスーツ萌えを超えて、スーツを見ると欲情しちゃいますけどねw
タイを緩めたときのオヤジに欲情するという意見は無いのでしょうか。
女の人だってスーツを見ると興奮するって人、いると思うんですが。
清潔感も大事ですが、私にとっての緩いスーツは、
BLで言う「エロオヤジ」「ヤクザ」的演出の役割もあるのでね…w

後は大体好意的に読めました(所々突っ込みたくなるが)。
合併号だからまだ書店にあると思われますので、
スーツについて思うところあり、という方は
ぜひ立ち読み(おい)してみてください。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:44 | - | - |
新聞で気になるBL
今朝は休日。ゆっくりと新聞を読める日。
昨日はとても早く家を出たので、
昨日の日刊から読んでいましたら
朝日新聞のあるコラムが目に付きました。

「執事喫茶」

これはもしかしてあの執事喫茶!?
ネットでも全く同じ記事と画像がありました。→そのニュースはコチラ

うん、どう読んだって見たってあの執事喫茶。
おお、全国ネットにて紹介されるとは…!
インターネットだって全国ネットなわけですが
新聞という媒体で書かれるのはまた別の新鮮さがあります。

ただ、私としては記事にも書いてありますが
渋いオジサマが欲しいです、執事というからには。
でも、なんだか嬉しいですね。


また、今日の新聞では講談社の新刊案内で
「井村仁美」の名前を見つけまして…

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:43 | - | - |
ライトノベル完全読本 vol.3
BL大分析が読みたくて借りました。
たまにはこういう作品紹介本もいいのではと。
良い悪いは置いといてこれが図書館にあるとは
BLもオープンな時代になりましたね〜(嘆息)。

ライトノベルも好きですから全体的に楽しみましたが
もちろんBL大分析を重点的に読みました。

内容を少しずつですがご案内です〜。
長いですよ!

続きを読む >>
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:27 | - | - |