1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『法医学教室の美女と野獣』/うえだ真由(金ひかる)
『法医学教室の美女と野獣』/うえだ真由
ムービック (2012/3/6)
【Amazon】

☆あらすじ
わけあって臨床医を諦め、
法医学者になった久住明紀。
不規則で多忙な生活のストレス解消に
ヴァイオリンを勧められ、
顔見知りの刑事・倉持幸臣からレッスンを受けることになった。
人間不信で毒舌家の明紀にも笑顔で接する幸臣を、
大人しくて扱いやすいヤツだと舐めていたのだが、
師弟関係が逆転した途端、態度が豹変。
「倉持先生と呼べ」意地悪な笑みで、明紀を見下ろしてきた!
幸臣の思わぬ下剋上に二人の仲は険悪。
…だけど喧嘩するたび、どんどん距離は縮まって―。
・このカテゴリ記事を更新できることが嬉しいです。
 ずーっと延期をしていたこの新刊が出たんですもの。
 延期になったものが、いつの間にか予定からも
 消えてしまったなんてよくあることですからね。

・さて、結論からいうと面白かったです。
 何がよいかというと、あらすじにも少しありますが、
 倉持から久住にはヴァイオリンを教え、
 久住から倉持には法医学を細かく教えるという、
 「趣味とワーキングで逆転する立場」です。

・最初のうちは鉄壁バリアーをはっていた久住が、
 趣味のときに遠慮のない倉持と口論したり、
 熱心に法医学を学ぼうとする倉持に教えたりという
 それらのやりとりによって、少しずつ心を開き、
 ゆっくりと親しくなる過程がとても丁寧です。

・なぜ久住はそんなに他人を遠ざけようとしているのか、
 なぜ2人がこの職業に就いているのか、など、
 会話の中での自然な流れも無理なく読みやすい。

・近づく理由が少し盛り上がりに欠ける気もしますが、
 「教え合う」行為が人を近づけるというのは、
 すごく頷けるんですよね。
 趣味や仕事問わず、教えたり教わったりするとき、
 その人の人間性が出る気がしますし、そこで真剣に
 やり合うことで熟成されてゆく関係は、
 この話に合った本当らしさがありました。


・あ、そうそう、読みやすいと言えば、
 趣味のヴァイオリンとワーキングの法医学、
 どちらも門外漢でも分かりやすかったです。
 ヴァイオリンって顎と肩で支えるのね、大変。 (こんなレベル)

・惜しむらくは挿絵が前半にしかないことでしょうか。
 後半の原稿が遅れたために、金さんのスケジュールに
 合わなくなっちゃったんでしょうかね。推測ですが。

・落ち着いた話ゆえ、裸シーンが後半しかないため、
 挿絵の肌色率も低いです。というかゼロです。
 私は通勤中に読むのでむしろありがたかったですが、
 こういうのも珍しいので一応注意書きまで。

・延期してたしルナだし、と思っている方(過去の私)に
 そっとオススメします。
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:27 | - | - |
『夏の贖罪』/うえだ真由(金ひかる)
奥さん、今日は小林典雅さんの新刊発売日ですよ!
嘘と誤解は恋のせい(花丸のページに飛びます)』の発売日ですよ!

私は朝の8時半に買ってしまいました。
あまりにこの本が読みたかったため、
体調不良になり、午後に有給をとりました。
しかし帰りの電車も午後も爆睡でした。
いったい何のための休み……まあ、これから読みますけど!

さて、今日の感想は先日久しぶりにブクオフへ行ったら、
今までなかった絶版本の宝の山にあった1冊です。
…強烈だけど面白かった!ということで、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 21:48 | - | - |
『キャラメルビターの恋人』/うえだ真由(麻々原絵里依)
腐男子アンケート、締め切りました〜。
450を超える腐の皆様のご回答に感謝です!
集計結果は可能であれば今週末に発表したいと思います。

それにしても暑いですねえ…。
この季節になるとアイスコーヒーが美味しい季節。
特に仕事中に抜け出してカフェでサボって行くと、
たまりませんね。(もちろんたまによ、たまにですことよ)
この小説に出てくるようなカフェがあったらさらに
幸せだろうなあ。絶対に入り浸っちゃいます。

だからってわけじゃないですけれども、
このお話、なかなか好きでした。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:01 | - | - |
『ロマンスの黙秘権 1』/うえだ真由(あさとえいり)
ここ何回か、感想がBL小説の感想ばかりです。

小説書いたらコミック、コミック書いたら小説と
バランスよく書きたいのですが書けない。
面白いものがバランスよく見つかることは少ないですし、
もともと読んでる量が違うんだから仕方ないですけれど…。

だったら今までに読んだ名作を書けやコラ、と
言われないうちに今日もBL小説の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 23:56 | - | - |
『スノーファンタジア』/うえだ真由(あさとえいり)
うえだ作品の感想その3です。

ブログも1年にもなろうかというに読む作家が雑多なせいか、
なっかなか複数冊書く作家さんが増えていかないため
「その他の作家・混合」カテゴリが一番多いんですよね…。
榎田さんと中原さんだけやんね、二ケタなの。

ひちわさん・榎田さん・いおかさん・剛しいらさんあたりの
カテゴリをもうちょっと増やしたいですね。
…あ、1周年記念は同じ作家を連続して書こうかな。
できるかどうかは別として、そんなことを考えました。

さて、今日はベタな記憶喪失ものです。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:00 | - | - |
『スイート2・バケーション』/うえだ真由(金ひかる)
本日2発目の記事は、久方ぶりのうえだ真由さんです。
『8年目の約束』(記事にとびます)を読んでからというもの、
たまに古本で購入しては読んでいます。

今日購入した本の感想じゃないの?と言う突っ込みは
ごもっともなのですが、感想を書きたい本も
積読と同じように積もってしまっているので…。
読みおわってからすぐに書けるといいとは思うのですが、
なぜか書けないときがあるものだから困りものです。

…相応しい時に寝かせておいた、とプラスに考えるとして、
今日のネタバレ感想・ダイバー×小説家のお話に参ります。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 21:00 | - | - |
『8年目の約束』/うえだ真由(紺野キタ)
うえだ真由さん初読みです。またア行・・・。

ある人から薦められたのですが
「人がすごくいいよ!」っていう本をあんまり
レッテル無しに素直には読めないんですよね。
ひねくれものなので。

しかしこれはいい作品でした。
スカトロの本の後に持ってくるのは人としてどうなの、と
自問したいくらいに純で切ないお話でした。

それでは感想、どうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:07 | - | - |