1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『不条理な男』『愛されたがる男』/樹生かなめ(奈良千春)
今日の感想が今年の感想納めとなりそうです。
昨年や、もっと前から見ていただいている方も、
今年から見ていただいた方もありがとうございました。

あ、これが今年最後の更新ってわけではなくて、
ベスト企画を 30・31日にやろうと思っています。
明日仕事がなければ入念に準備ができるのに……っ!
(前々から準備も出来たという意見は言わぬが花ということで)

それでは今年最後の感想は樹生かなめさんです。
積読期間の長かったこちら(『愛されたがる〜』は
2年くらい……)ですが楽しめました〜。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 21:52 | - | - |
『DRは龍に乗る』シリーズ/樹生かなめ(硝音あや→奈良千春)
今年2つ目のシリーズ読破はこちらになりました。

このシリーズ、変わってるんですよね、色々と。
シリーズの途中で出版社が変わっていると言うこと、
シリーズのタイトルが変えられていること、
挿絵が交代していること……なにか樹生さんと
シャレードの間で何かあったのでしょうかね。

私としては、読めりゃなんでもいいんですけれども、
手に入りづらいのはちょっとなあ…と思ってしまいます。

さてもうひとつ変わっているのは、攻めと受けの関係性でした。
以下、その点を中心に、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 21:35 | - | - |
『炎の中の君を祈る』/樹生かなめ(笠倉志岐)
樹生さんの本って収集しにくいですね。

BLに限ったことではないのですが、少数に熱狂的な
支持を受けている作家さんというのは、絶版になると
出遅れた人にとってはレア本となってしまうため、
ヤフオクやマケプレでも高額になってしまいます。

万人受けはしないけれど、一部の人には印象深い……。
すべて人並みにはこなすけれどおとなしい優等生の子より、
異彩を放っているヤンキースタイルの子のほうが
印象に残る理屈と同じなのでしょうか。

まあ、それはいいとして、BL界のキワ・樹生さんの、
さらにBLと言えるかどうか怪しい作品の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 23:36 | - | - |
『もう二度と離さない』/樹生かなめ(奈良千春)
今日は飲み会でした。お肌のケアをしなくちゃ…。
飲み会の時、微妙な距離の人に決まって言われるのですが、
「どんな本読んでる?」「面白い本ない?」

「山田ユギさんの新刊が良かったよ、ルコちゃんもよくってさ。
でも今月末の新刊ラッシュも控えてるし、ほんとは
飲んでる余裕なんて金銭的に無いのよ、おわかり?」

なんて本音をパンピーに言えないですことよ。
偽装のため(だけでもないのですが)、BL以外の本も
持ち歩くようにしています…円滑にするために。

さて、今日は偽装つながりで…、この本の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 23:10 | - | - |
『黄昏に花』/樹生かなめ(槇えびし)
今日はJ-Gardenだったのですね。
私は体力も気力もカタログもなかったので行きませんでしたが、
雨の中行かれた方、お疲れ様でした。

さて…、高齢者のことをなぜシルバーなんて英語で
言ったりするのか、ちょっと不思議でした。

調べてみたら、silver hair=白髪になる、転じて高齢者、
その意味をJRが『シルバーシート』(現在の優先席)という
名称に使用したことから来ているようです。(ググった)
たしかに elderly などよりは分かりやすいですね。

さしずめこれからの高齢化社会に伴って、
BLでもはやるのはシルバーBLなのかもしれない…
なんてことを思わされた作品が今日の感想本です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 20:08 | - | - |
『ありのままの君が好き』/樹生かなめ(雪舟薫)
樹生かなめさん本の感想3冊目です。
そろそろカテゴリ増やさないとな〜…

買ってから約1週間、積読の恐山の中にありましたが、
病床で明るいものを読みたくなったために、急遽、
引っ張り出して場当たり的に読んだ作品だったのですが、
これが…予想以上にすごかった。
チャレンジャークイーンですね、樹生さんは…。
自分の中で木原音瀬さんに次ぐ2代目のクイーン認定です。

そんなマイ認定を決定付けた作品の感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 21:57 | - | - |
『やれる時にやっておけ』/樹生かなめ(北畠あけ乃)
『猫から始まる恋もある』は並みに楽しんで読めましたが、
『その男、発情中につき』ではついていけなさに涙し、
『極楽浄土はどこにある』では大根にドン引きし…

2連敗して「もう読むのやめようかな…」と思っていた
樹生かなめさんですが、キワモノ好きの血が滾り、
怖いもの見たさにまたこの方の作品を手に取りました。

結果は、完全に勝利。これは愉しめました。
苦節10年の思いをこめて(うそ)…感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 22:00 | - | - |
『その男、発情中につき』/樹生かなめ(白川七子)
前からちびちび読んでいる「愛しすぎる情熱」、
昨日買ってきた「試験に負けないパズル」を平行して
読んでいたのですがいったん中止。

途中で軽いものが読みたくなったんです。
そういうことってありませんか?

裏書を見てもっとも軽そうなものを
選んだらこれになりました。

あっという間にスラスラ〜と読めました。
そのノリで即感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]樹生かなめ | 23:40 | - | - |