1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『攻め気なあなた 2』/水無月さらら(佐々成美)
昨晩から今日にかけてものすごく読書がはかどりました。

最近はゲーム主体の生活をしているためか、
つい読書は後回しになりがちだったのですが、
この2日間、なぜか途轍もなく集中できました。

出戻りしてから意識してBL断ちしたことはほとんどなく、
ずーっと毎日毎日読んでいたから、その習慣が
禁断症状にも似た集中力を生み出したのかも。

まあ、読んでいた本が面白かったから、というのも
あるんですが……とりわけ今日最後に読んだこちらが
とても楽しかった!水無月さららさん的な意味で。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 00:05 | - | - |
『以心伝心ABC』/水無月さらら(東条ひかる)

さーて今日もブログを更新しようかなと思って、
このブログに飛んだら驚いたことが2つ。

1つめは『風と木の詩』のコメントの多さです。
予想通り皆さん、並々ならぬ思い入れがあるんですね!
衝撃的でも何でもやっぱり当時に読みたかったなあ。

2つめは広告です。記事の下側になんかダサいの入ってる!
いつのまにか広告スペースが拡大されていたようです。

管理画面をしらみつぶしに調べたらサイドバーだけで
収まる方法がありましたが、広告を拡大するのもそれを
変更する方法も大々的にお知らせして欲しいなあ……
検索で来ると広告が入るのも最近まで知らなかったですし。
すみません、ちょっと内側の愚痴でした。

さて、そんな愚痴を吹き飛ばすトンデモをご紹介です。
タコとイカです。大事なことなので2度言います、タコとイカです。
それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 22:36 | - | - |
『クラッシュ・アイス!』/水無月さらら(雪舟薫)
この間書いたばかりなのに、また水無月作品を書いてしまう…。
面白い(荒唐無稽を含む)話を比較的に感想に書きたくなる
傾向の人間なので、すると必然的にこの人が多くなってしまいます。

しかもこの作品は水無月さんのお墨付き。
あとがきにて曰く、
「今回のノベルズは――(略)免許ナシ医者、仁義なき人々、
ドラッグ、コールド・スリープ、年齢逆転、
キ…キンシンソウカン…(うひー!)」
チャレンジャーと自負している上で本人が「うひー」って(笑)

まあ、でも面白かったので、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 23:46 | - | - |
『プライド・オブ・シープ』/水無月さらら(ビリー高橋)
こんにちは、休みをずらしてもらったため、
今日が連休最後のaya-meです。次第に鬱入ります…。

アンケートは慮外にレスポンスがあり目を疑いたくなるほど。
自由記入形式を含んでいるため結果がメールで来るのですが、
新着メール200件て…!しかも腐男子さんが2割強いらしたので、
二重に驚喜いたしました。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、攻×攻が『攻め気なあなた』ならば、
受×受で『プライド・オブ・シープ』=羊の誇り。
このタイトルの対比、なんだか面白いですね。
もちろん、受×受という類を見ないこの作品の中身も楽しめました。
感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 17:23 | - | - |
『攻め気なあなた』/水無月さらら(佐々成美)
水無月さららさんの本をひと月に一冊は読んでるような…
これが中毒と言うやつなのでしょうか。

さて、今日は趣向を変えて、写真から。

『攻め気なあなた』/水無月さらら
ビブロス(1999/8)
[Amazon]

BLを読みなれている人にとっては
薔薇が散ろうが男同士が手を組んでいようが
何の変哲も無いように見えると思いますが、
なんと…、左が受けで右が攻めなのです!

…驚くのはBLを読みなれている人だけでしょう(笑)
そんな時代を先取り?した作品の感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 01:13 | - | - |
『無敵のベイビーフェイス』/水無月さらら(吹山りこ)
こんばんは、トンデモアワーのお時間です。…って
出だしがよくありますが、よくよく考えると
アワーとお時間って同じですよね。まあいいですけれど。

最近トンデモ的な本の感想を書いていませんでしたが、
今日は水無月先生の力をお借りしてお送りします。

これも先日のU-18企画に含めたいですね!
もちろんトンデモ枠で、ですが。

以下、かなりふざけてる感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 22:28 | - | - |
『奇跡のオブジェ』/水無月さらら(円陣闇丸)
権力者によって、文化は創られる――
権力者によってサロンが設けられ、文化が花開き、
保護されて後世へと受け継がれる。

そして、キワモノは好事家によって伝播される――
チャレンジャーな編集者に見出され、キワモノスキーによって生き残る。
そんなことを考えてしまいました。

思いついてこれをプロットにした水無月さんも凄いけど、
まずはこれを採った担当の方に感謝。これは凄いキワモノだ!
と、宣言しておいて、ネタバレはなるべくしない方向で感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 21:42 | - | - |
『プロジェクトはC級』/水無月さらら(門地かおり)
問い:それは俺の入り口を侵し、身体の奥深くへ入り、
喉をむせ返させ、目に涙を溢れさせ、爛れたように肉を赤く染め、
自然とぐしょぐしょに体液を漏れさせてしまう、恐ろしいもの。

答え:花粉。おしべという隠語は不可。

ちょっとアダルトな書き方をしてみました、こんばんは。
花粉に対しては攻めだって絶対に受けですね…!
まあ、私は鼻水が出ても目がかゆくても
花粉症ではない(と思いたい)ですけれども。

そんなくだらない出だしを考えさせてしまうくらいの
アホエロオンパレード作品が今日の感想本です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 20:22 | - | - |
『お気に召すまで』/水無月さらら(北畠あけ乃)
なんだか最近、オヤジオヤジばっかり言っている気がしますが
今日もしつこくオヤジ本でございます。

なんでしょうねぇ…このとり憑かれようは。
昔っからオヤジスキーでしたが、去年のワンコの流行に
負けず劣らず、オヤジがマイブームです。
いや、ずっとブームはブームでなくマニアですね。
マニアを自認したくなるくらい、愛しています、オヤジ。

さて、今日は先日の分別で行くと、「3」の完璧タイプですね。
何でも出来るタイプは好きじゃないんですが、
このオヤジはなかなか面白かったのでご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 23:25 | - | - |
『お月様と百円ライター』/水無月さらら(果桃ばなこ)
ものすごく統一感のないタイトルが、ブクオフの105円の棚から
主張していたので目を留めたら水無月さんの作品でした。

うわっ、おめめがパッチリ…少年系ですか。
今ではあんまり見なくなったタイプの挿絵ですよね。
1998年の本ですか…新古書自体がライター並みの105円で
買えるようになるとは思ってもいない時代の本ですものね…
BLの月日の時流とは早いものだな、と毎年過ぎるのが
早いなあと思う12月は余計なことを考えたりしています。

中身はなんというか…面白かったです。
ちょっとまとめきれない感がありますが、
以下に感想を書いてみました。

続きを読む >>
| [BL・小説]水無月さらら | 21:18 | - | - |