1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『金曜日の凶夢』/夜光花(稲荷家房之介)
先日宣言したとおり、ちょっとずつ部屋の本を
整理しているのですが、進まないことお約束の如し。

処分するかどうか迷ってると読み返したくなって、
で、このシリーズをとっておくならこっちは、と
本棚を順に読み返していってしまう勢いです。

新刊が200冊も積んであるのになぜそっちを
読んでしまうのか……まあ、本棚にある本は
少なくとも自分の「とっておく基準値」以上には
面白いわけだから、未知数の新刊よりも
安心して読めちゃうんだろうなあ。うん、納得。
しかし物事の解決にはならないというジレンマ。

さて、今日は約3年ぶりのスピンオフ作品です。
前作のものすごいネタバレにびっくりした…!
それでは、以下ちょっとネタバレ多めな感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 22:56 | - | - |
『二人暮らしのユウウツ』/夜光花(小山田あみ)
かっ、からだが痛いでござる……。

めずらしく仕事で肉体的作業をしたのですが、
立ちっぱなしだったせいでの足全体と、
前傾姿勢だったせいでの背・腰と、
反復運動を繰り返した肩・腕がぼろぼろです。

しかも単純作業だったために時間が経つのが遅く、
なんとか頭の中でこの文章を考えながら、
「立ちっぱなし・前傾姿勢・反復運動」か……、
ここだけ抜き出すといやらしいなあはははは、
などとでも考えて気を紛らわしていないと
絶えられないほどでした。(それもどうなんだ)
毎日ライン作業とかって大変だな…敬意を表するわ。

さて、日曜の前言をはや撤回します。
むちゃくちゃ萌えな作品でした!
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 23:46 | - | - |
『忘れないでいてくれ』/夜光花(朝南かつみ)
あまりに掃除が終わらないので、昨日は丸一日PCに
さわらない日!と決めて掃除を断行しました。
なので日曜なのに更新サボってしまいました。

残念ながらまったく一日中さわらないことはできず、
ほんのちょこっとさわってしまいましたが、
なんとか床は見えるようになり、すっきりしました。
部屋の隅に積んである雑誌とかドナドナ本とか、
机の上の読了後未分類(ドナor保存)本は見えません。
見えないったら見えないんだから!

さて、上のは欺瞞ですが、以下は本当に記憶を
操作できる能力の持ち主が受の話でした。
面白かった!それでは以下ネタバレ少なめにて。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 21:13 | - | - |
『おきざりの天使』/夜光花(門地かおり)

職場に今年も新人さんが配属されてきました。
部署柄というかなんというか、おとなしい女の子なんですが、
おとなしすぎて質問がないのか、それとも、
質問が出来ないのかのかわかりません。

わからないものはわからないと言ってくれたほうが
全然教えるほうとしても楽なんですよね。
わからないままのほうが怖いんですもの。
まあ、ぼちぼちになんとかなるでしょう……。

さて、わからないまま怖いのは物語もでして、
途中までわけがわからず怖かった作品の感想です。
完全にネタバレしてるのでご注意を。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 21:53 | - | - |
『不浄の回廊』/夜光花(小山田あみ)
先日、他人のデスクの上に「すみません、大人気でした」と
書かれた付箋(どういう経緯なのかは不明)を
ちらりと見て、「え、「大人気。」?鹿乃さん?」と
思ってしまったひとは私以外にもいるはず!……はないか。

BL関係を読みすぎているせいでの認識の違いって
意外と多いと思うんですよね。ちなみに、
私のPCは「やこう」の変換は、「夜行」優先だったのが、
いつのまにか「夜光」が優先されるようになりました。

そんな夜光さんの新作の感想です。
意外や意外、またアホ気味でした!

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 21:19 | - | - |
『それが愛なのさ』/夜光花(門地かおり)
昨日〜今日にかけて、両親・祖母・兄夫婦・甥と私、
という結構な大所帯で小旅行をしてきました。

部屋割りで両親・祖母・私が同じ部屋になったのですが、
祖母が「あんたたち、本当に好きなんだねえ…」と
呆れてたほど、両親と私は本を読んでばっかりでした。

他に何もすることがなくて、読書だけに集中できるのは
最高の贅沢だと思うんですけれどね…ひとによりけりか。

で、私が読んでいたのはこの夜光さんの新刊でした。
ある理由で恐れておりましたが、面白かったです!
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 22:01 | - | - |
『深紅の背徳』/夜光花(高階祐)
おとといの夜中に更新したリストに、結構な量の
ミスがありましたので、修正しました。
ご指摘くださった皆様、ありがとうございました。

間違った情報をそのままにしておくと私だけでなく
見てくださってる方にも非常によくないですから、
ご指摘いただけるのはとってもありがたいです。
データ系の更新は深夜は避けようと思います…。

さて、朝の側仕え選び(持ってく本を決める)のとき、
なんとなーくダークなものを読みたかったので、
この作品にしましたが、期待と違っていました。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 00:48 | - | - |
『天涯の佳人』/夜光花(DUO BRAND.)
すっかり深夜型になってしまいました。
本格的に忙しくなったのはたった一週間そこらだと言うのに…
体が慣れてしまうと言うのは至極簡単なようです。

はっ、これはもしや、BLでよくあるH展開の
「体は正直だな」→「作り変えられてしまった」ってやつね!
すると残業攻めでリーマン受けとなるわけですね。
しかも残業は、コンビニおやつなどの甘いアメと
付き従う脂肪というムチを使いこなすプレイヤー。
意味が腐明です。

頭がおかしいのは深夜のテンションをひきずっているせいとして、
今日は三味線を題材にした珍しいBLの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 20:11 | - | - |
『凍る月〜紅の契り〜』/夜行花(高橋悠)
表紙が前回に続き、とても買いづらかったです。
シャツ一枚はだけた姿っていうのは、破廉恥系表紙の
ドレスコードとして決定されているのでしょうか?

内容はと言うと、確かにエロい部分もあるんですけれど
異色ながら骨太なファンタジーだと思うだけに
この表紙はちともったいないなあ、……って最近、
似たようなことを書いた気がするのはデジャヴでしょうか?
ボケたようでデジャヴって好きになれません。

ボケと言えば、この作品の受けも相当ボケてました。
前作のネタバレを含んだ感想は、以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 21:07 | - | - |
『水曜日の悪夢』/夜光花(稲荷家房之介)
これは水曜にアップしたかったのに…帰ってみれば
日付が変わっている生活なんてよくないと思います。

それにしてもおどろおどろしいタイトルつけちゃって、
イヤでも金曜日のあの映画が思い出されちゃうじゃないですか。

ホラーを好きな人って凄く健全ですよね。
恐怖に取り込まれないだけの精神力があるんだから…。
私はホラーを見ると、自分が殺人鬼側に回ってしまい、
発狂する夢などを見るのであまり見たくありません。
でもBLなら読んじゃうんだな…。

でも中身は金曜日のアレというより、
北○薫さんのある著作に似ていました。
以下、ネタバレ気味感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]夜光花 | 01:19 | - | - |