1/2PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『職業、王子』/砂原糖子(小椋ムク)
今週末は少しダウナーなことが多かったです。

まず、金曜日に宴会で行ったお店の料理が激マズだったこと。
つまみがマズい=お酒も美味しく感じられないんですよね。
(だから食べ放題系は避けてって言ったのに…ブツブツ…)

2つめに、原因がはっきりしないんですが、ネットワークが
繋がったり繋がらなかったりと不調なこと。
原因を特定できるほど詳しくないんですよねえ。

3つめに、来週に出張があるのでちょっとナーバスです。
別に自分がメインでどうこうするってわけではないんですが、
だからこそ別に居なくてもいいなら経費的にも
行かなくてもいいじゃん、正直めんどくさい…とか
考えてしまう自分がめんどくさい週末でした。

というわけで、珍しく出張があり、その準備などで
来週の平日はおそらく更新できません。
まあ、ここんとこ平日はそんなもんですけれど…
とりあえずはお知らせまで。

さて、今週読んだBLの中で一番楽しめたアラブ「受」でした。
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:23 | - | - |
『イノセンス―幼馴染み』/砂原糖子(陵クミコ)
睡眠時間は八時間が理想です、とはいうけれど、
0時に帰って来たらもうダメじゃんね……。

ご飯食べてシャワー浴びてもろもろ片付けて、
バナナフィッシュ読んだら2時じゃない!
や、そこでバナナフィッシュ読んじゃうのが
間違いだとは理解してるんですが、止まらないんですよねー。

1日1冊で止めるように努力してたんですが、
面白いわ、やっぱり。というわけで予告どおり、
ただいま絶賛読み返し中です。本日3週目開始です。

さて、今日の感想は砂原さんの新装版作品です。
旧版も人から借りていたのに、読まずに
新装版を買って読んでしまうだなんて…、
月日は早く過ぎるものだなあ。(しみじみ失礼)

無垢って諸刃だなと思った作品でした。
それでは以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:35 | - | - |
『スリープ』/砂原糖子(高井戸あけみ)
今日は早く帰れたのでメガネを探しに行きました。

今度免許の更新があるし、今のメガネの度が合わないし、
リスパラのコラボメガネが気になってるし、ま、
単にかこつけて買い物したいってだけなんですけど。

というわけでリスパラコラボメガネの実物を見るべく、
ひとがいっぱいいる所まで遠出した…のに、
イメージと違って何も買わずに帰ってしまいました。
なんかこういうときって凹みます。新しいメガネ……。

そんな鬱々とした気分の帰路でしたが、
この本を読んでいたら気分が別の方向へ飛びました。
テンションがあがりはしませんでしたが、面白かったです。
以下、感想なのです。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:59 | - | - |
『ラブストーリーで会いましょう』(上・下)/砂原糖子(陵クミコ)
なんだか梅雨が戻ってきたような天気ですね。

気温が下がったのはいいけれど、雨が降ると
軽い頭痛で出かける気が奪われてしまいますし、
かといって夏らしい晴れ晴れしい日も暑苦しく、
出かける気がなくなってしまいます。

単にひきこもりを正当化したいのですけど、
ほんと夏は嫌いです。早く秋が来ないかなー。

さて、今日はここのところ少なめだった、
新刊(に近い)小説の感想です。
砂原さんの描く変人登場話って結構好きかも…。
以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 22:15 | - | - |
『15センチメートルの恋』/砂原糖子(南野ましろ)
週末だし駅中でスイーツでも買って帰ろうかな、
でも給料日まで1週間近くあるし我慢しよう!と決めたものの、
乗りたい電車がちょうど出て行ってしまいました。

寄り道しようかどうするかと迷っているうちに、
過ぎ去っていく電車のなかに見てしまいました。
グリーン車の窓際でサントリーのプレミアムモルツ1缶を
窓際におき、もう1缶を呷っているおっさんを!

なん……だと……!グリーン車とビールで、
スイーツより高いじゃあねえか。とムッときて、
いつの間にか私はスイーツを買っていました。

ふん、憂さ晴らししてやったわ!と名も知らぬおっさんに
優越感を感じていたものの、その新作スイーツが
あまり旨くなくて凹んだ、そんな金曜日でした。


さて、そんな微妙に凹んだ気分を吹っ飛ばす、
トンデモ気味な砂原さんの新作でした。
もちろん、好きだ!以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:47 | - | - |
『シンプル・イメージ』/砂原糖子(円陣闇丸)
そろそろ5月にもなることだし、いつまでも桜をトップに
据え置くのは平安時代だったらとっくに野暮だよなあ、と
いじくり始めたら、テンプレートの構成も気になってきました。

そこで思い立って実行することは容易なのですけれど、
その先、スクリプトの移動などなどで不具合が起き、
配色もいじりすぎて落とし所が分からなくなり、
頓挫してしまうことが多々あります。
変えようと思っても変えるのは意外と煩雑ですよね…。
ということで、きっと次のテンプレートも今と同じ構成です。

さて、自分の意思だけで変えるのは難しいけれど、
他人に後押しされると意外と簡易ですよ、
というのが今日の作品でした。(すげー強引だな…)
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 20:14 | - | - |
『ミスターロマンチストの恋』/砂原糖子(明森ひびか)
『ミスター・ロマンチストの夏休み』という
同人誌と一緒に、ある方からお借りしました。
これ、絶版で手に入りにくいんですよね…感謝です。

それにしても、BLは絶版になるのが早いですよね。
きっと初版のロットも少ないでしょうし。
オークションでバカ高い値段がついているのを見ると、
著者に還元されないのがとても口惜しい。
と言ってもプレミアがつくのは一部の作品だけだから
会社の対応は難しいか……、良い方法はないもんでしょうか。

ともあれ、そんな一部の商品に入る一冊、楽しめました。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:22 | - | - |
『言ノ葉ノ花』/砂原糖子(三池ろむこ)
うーん、途中(あらすじのちょっと先)まで書いていたのに、
「戻る」を押してしまいショックです。
骨子はあったとしても二度と同じ文章は書けませんからね。
すでにここの書き出しからして異なってくるわけですし。

同じ事を言いたいだけなのになぜ同じ文にならないのだろう。
脳内信号が記憶に抗って新規性を求めてるとしか思えません。
それでより良いほうに向かうのであればいいのですけれど…。
バックアップをとっておけば良いだけの話なんですが。

さて今日の作品は、記憶ではなく心が読める受のお話です。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:47 | - | - |
『ヤクザとネバーランド』/砂原糖子(高城たくみ)
久々に読んだヤクザものでしたが、あまりアウトローな
人々ではないし犯罪もしなかったので(傷害はあるが)、
これはヤクザものと定義してよいものなのでしょうか。

それにしても今更ながら、ヤクザものという定義自体が
恋愛小説?のジャンル内において存在していることが凄いです。
アラブや医者はまだ外国のロマンス系でもありそうですが、
ヤクザはBLでしかみられないですよね…
腐の妄想力、おそるべし。(もちろん自分を含めて)

まあそれは置いておいて、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:24 | - | - |
『センチメンタル・セクスアリス』/砂原糖子(ヤマダサクラコ)
あらすじ、1行目。
「モデルの相原春巳には奴隷がいる。」
あら、砂原さん新境地?と勘ぐってしまいました。
読んでみたら砂原さんらしい作品でしたけれども。

どうもあらすじって印象を勘違いさせやすいですね。
端的に捉える分、どうしても印象を残しやすい設定の
際立ったところが抽出されるんでしょうけど…
表紙の次に購入を決定付ける1つの決め手ですから、
もちっと丁寧に書いてもらいたいのが多いと思います。

失礼、この本には関係の無い話でした。

今日はちょっと辛口めの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:05 | - | - |