1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『風が強く吹いている』/三浦しをん
通勤中に本を読む私は、本を読み切ったあとに
手持ち無沙汰になることを恐れて、大抵は
2冊以上の本を持って家を出ます。

しかし先日は単行本だからとこの1冊しか持たなかったので、
キリよく読めるようにセーブをと思ったのですが、
全然セーブが効きませんでした…というかセーブどころか
始業のチャイムぎりぎりまで読んでしまいました。
止めるのが嫌なくらいに面白かったんだもの!
BLだ何だという前に面白かったです。

では感想へ。

続きを読む >>
| [その他]三浦しをん特集 | 01:05 | - | - |
『シュミじゃないんだ』/三浦しをん
うーん、この本のカテゴリは何なんだ…
BL関連書籍?ちょっと違うなぁ…と悩んだ挙句、
三浦しをんカテゴリを作ってしまえい!と
しをんさんのカテゴリを作ってしまいました。
どうせこれからも増えていくでしょうし〜。

さて、しをんさんの話題のエッセイ、シュミじゃないんだ、です。
まずはこの本の出版に踏み切った新書館に拍手です。
こんな素敵な本を出してくれてありがとう!
そして書いてくださったしをんさんに感謝です。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [その他]三浦しをん特集 | 21:52 | - | - |
『月魚』/三浦しをん
もうすっかり秋ですね。

秋といえば、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋…と
猫も杓子も最後に秋をつけやがりますが、本当に
スポーツや芸術が好きな人は年中やってますよねぇ。
大体秋だけやっても上手くならないですし。

その点読書の秋は上手くなるならないは無いから良いですよね。
というわけでスポーツも芸術も苦手な私は秋の読書に勤しむのでした。

さて、今日の感想は私にとって初しをんさんの小説で、
古書店の店主2人のお話です。

続きを読む >>
| [その他]三浦しをん特集 | 22:36 | - | - |
『妄想炸裂』/みうらしをん
今日は注文していた同人誌が3冊届きました。
ひちわゆかさん、秀香穂里さん、よしながふみさん1冊ずつ。
ひちわさんの美容師ものはまあまあ。
秀さんの『くちびるに銀の弾丸』シリーズはムフフでご満悦。
よしながさんの新刊は…け、傑作だ。
小野はいまだに恋しちゃってるのだね…
ああ、仕事の疲れが癒されました。

あれ、今日は祝日でお休みでしょ、ですって?
そう、紛れもなく今日は祝日。けれど出勤だった…(泣)
祝日って国民の祝日のことだから、私は日本国民でないんですよね、
しかも敬老の日だから老人を尊敬しなくて良いってことですか。

…なーんて冗談半分でこんな書き方をしたくなったのは、
この本を読んだからでしょう。

妄想炸裂
『妄想炸裂』三浦しをん著/新書館
[BK1][Amazon]

(今は在庫が無いんですね…直木賞のネームバリューおそるべし。)

時の人、三浦しをんさんのエッセイです。
今まで文章を読んだことがなかったのですが、あははは、
後ろ向きさと妙なはじけっぷりが大変面白いですねw

このしゃべり口調と言うか、文章の赤裸々なトーンが
ひどくなじみがあり、はっきり言えば腐女子丸出しです。
駅伝大会ネタの妄想話なんて、もろ腐った脳みそ丸出しです。
しかもその腐った妄想が同じ思考回路だ…。
ホモカップルに出会った時の行動なんざ脱帽だ。

友人のネタも多く登場しますが、これまたオタク。
さりげなくマニアックな、35pにおけるガラかめネタを例にしますと、
『インテリだけど漫画も読める僕』みたいなスタンスで
コジャレた漫画を読み、上澄みだけを飲んでる人に対して
「そうですよ。北島マヤだって泥まんじゅう食べたんだから」

ああ、なんか近いものを感じる…とても近くに!

まんだらけとか、同人誌とか女性エッセイストがこれまでに
書かなかった(書けなかった?)内容は斬新というべきか。
(盆栽等年寄り趣味ははさくらももこもやってますし)

三浦しをんさんが「腐女子」と口にしたら、完璧に定着しそう。


腐女子の皆様にとっては、(差はあれど)同類の日記を見るようなものです。
ただ、世の中のBLなんて読んだこと無い人たち、特に男性が
『直木賞作家のエッセイか、ちょっと読んでみるか』と
中身も確かめずに買って読んでしまったら…
結構にあぶない内容のような気がしますね。

…でも読んでしまって「うわっ、なんだこれ!」とか言いつつ
何故か気になって読みすすめていたらいつの間にかBLに興味が…
なんてことになったら大変面白いのにな。

まあ、そんなこと妄想してるくらいにもう腐っちゃってる
私にはあぶないか判断がつきませんけどw

もろ腐女子のエッセイ、共感する点もあると思います、
試しに読まれてみてはいかがでしょうか。
| [その他]三浦しをん特集 | 22:12 | - | - |