1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『部長の男』/鳩村衣杏(佐々木久美子)
『部長の男』/鳩村衣杏
海王社 (2012/4/28)
【Amazon】

☆あらすじ
純朴な青年・水科康太を、一人前の男にする。
それが出世を条件に、印刷会社広報部部長の
日下部に課せられた任務だった。
容姿に恵まれ処世術にも長け、
仕事も恋愛も順調な男盛りのゲイである日下部にとって、
真面目だが無愛想で目つきの悪い康太は、
食指も動かない、取るに足らない相手だった。
しかし彼から予想以上に懐かれ好かれて、ペースを乱される。
一途な想いをいじらしく感じた衝動で、康太を抱いてしまい……
・二週連続で同じ作家さん(鳩村さん)の感想を書くなんて、
 昨今では珍しいですね……別にステマではありません。
 隠してないしお金ももらってないですからね!
 見え透いた提灯記事ほどつまらないものはありません。

・さて、今週の感想本は、まず表紙が目を引くつくりですね。
 BLで一人だけ(相方は手だけ出演。月影先生か!)、
 しかもこんなアップは滅多にありません。
 こういう試み、嫌いじゃありません。

・で、話の内容はこの部長によるマイフェアレディです。
 社長が気に入った社員・水科康太を、社長の娘婿に
 ふさわしい男に仕立てるために指導していたら、
 まあドツボにはまっちゃったわけで……。

・ありがちな展開といえばそれまでなのですが、
 鳩村さんらしいきっちりとしたつくりのワーキング、
 世慣れたオヤジが初物(童貞&処女)である康太に
 はまっちゃってみっともないさまをさらすあたりは
 鳩村ファンになった作品「ドアをノックするのは誰?」を
 髣髴とさせたりと、私好みの作品です。


・「ドアを〜」に比べるとキャラクター造形は
 浅めに感じる(特に康太)のですが、あちらと
 違うところで特筆すべきなのは……「リバ」!

・この作品では部長の企み(康太を社長の娘婿に仕立てる)が
 康太本人に発覚し、プッツンしたときに起こります。
 康太の受けたショックの大きさが良くわかる
 BLだからこそできるエピソードであり、
 単なるネタではないのがとても好きです。
 
・そして、後日談のSSでは、月1ぐらいでリバってると
 判明するのがなお良いです。
 康太があっち方面でも勤勉とわかるエピソードであり、
 オヤジの抱かれる側になれる懐の広さと
 気恥ずかしさがわかるエピソードでもあり…。
 こんなリバ展開がありな時代になったんですね。
 いい時代になりましたねー。
 まあ、まとめればYOUどんどん逆転しちゃいなよ!
 オヤジ受けバンザイ!ということです。
 
・意味のあるリバであれば許容できる方には、オススメです。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 20:42 | - | - |
『両手に美男』/鳩村衣杏(乃一ミクロ)
『両手に美男』/鳩村衣杏
徳間書店 (2012/4/27)
【Amazon】

☆あらすじ
正反対の美男二人から突然の告白――
これって神様のご褒美、それとも試練?
華やかな美貌のイケメン・榊原は、
高校時代に振られて、恋を友情に変えた大親友。
かたや弓削は、榊原が可愛がっている後輩で、
黙っていれば理想だけど時折野獣な顔が覗く年下の美男。
どちらも選べずに悩んでいた来実だけど、ある日、
ニューヨークへの海外赴任の社名が下り……
・皆様、GWはいかがお過ごしでしたか?
 私はカレンダーどおりの休みでした。
 前半はモンハンオフをしたり、飲みに行ったりと
 少しアクティブに動き、後半は引きこもりました。
 どこか出かけようかなーと思っていたのですけれど、
 合間の2日間の出勤で、今後半年間、苦手な同僚との
 共同作業を命じられてプチ憂鬱だったものですから…。
 まあ、でもBLマンガを前半とあわせて15冊ほど
 読めましたので、よい積読消化期間になりました。

・それとはまったく関係ない、今日の感想本です。
 鳩村さんは私にとって波があるといいますか、
 「新刊で全部買わなくてもいいかな?」と
 読み終わってから思うときが、ぶっちゃけあります。
 ですが、「まだ買い続けるか…」と思うことも同回数あります。
 たまに鳩村さんの作家性にぴったりな、
 この感想本のような良作に出会えるからです。

・表紙に3人=3Pですね、とBLの文法を読み取りましたが、
 ところがどっこい、リアリティのある三角関係でした。
 まず、ことの起こりのタイミングが見事です。

 榊原と(恋愛感情ではなく異なる特別な意味)でセックス
 →弓削に告白される→弓削とセックス→榊原が告白

 ……あれ?ここだけ抜き出すと尻軽な感じが…。
 細かく言うと、榊原とは恋愛ではなく、遊びでもなく、
 特別措置的な夜をすごした後に、それとは別として
 弓削に告白され、弓削を悪く思ってなかったから
 付き合おうかと思ってたところに榊原が告白…
 と言った感じなので、読むとビッチ度はゼロですよ!

・どちらにも異なる魅力があり、どちらかを
 選ぶまでの心理描写もリアリティがあります。
 現実に起こったらねえ……そりゃ悩みますよね。

・「ひとりだけ選べない→どっちも!」は3Pにおいては
 よくある展開ですが、攻め2人が納得するなんてことは
 ないですしねえ。(ファンタジーとして好きですが)
 現実的に私の身に起こることはありえないのですが、
 自身の今後のキャリアにも大きく影響する赴任の
 問題も絡むとあれば、悩むことは想像に難くありません。

・結局、私の好みではないほうが選ばれますが(笑)、
 それまでの誠実な描写のおかげで納得はできました。
 ちゃんと異なる魅力で、異なる関係だけれど、
 どちらも同じ距離って三角関係は珍しいと思います。
 (当て馬のほうが魅力的、なんてことはよくありますが……)

・受けが優柔不断ではなく、振られたほうも潔いため、
 すっきりとした読後感があります。
 非ドロドロの三角関係を読みたい方にはオススメです。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:31 | - | - |
『アダルト・エデュケーション―紳士調教』/鳩村衣杏(祭河ななを)
週に約1回のお楽しみ、マンガ喫茶に行ってきました。
『BASARA』をようやく読み終わりました。
骨太なのに少女マンガ。面白かったです。

続けて読みたいのは『7SEED』なんですが、他にも、
『トッキュー!』『BANANA FISH』『摩利と新吾』
『日出る処の天子』『てるてる×少年』などを
読みたくて、どれから読めばいいやら……。

BLは、過去の作品、2000年より前の作品は、
たとえ名作と言われるものでもなかなか買わずに
手に取ることができないのと対照的ですよね。
うーん、うらやましい。

さて、今日は鳩村さんの新刊感想です。
年下攻め&ワーキングでした。
それでは、以下にて。
続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 22:09 | - | - |
『君の心を眠らせないで』/鳩村衣杏(櫻井しゅしゅしゅ)
今日は昨日の反動で、床屋に行く以外は家に居ました。

家の中で風が吹けば涼しいですね。
おかげで私、コミック1冊小説2冊、同人誌全て、
逆転裁判3を終えるというスムーズさ。
最後のゴドーはどう見てもナルゴドフラグだよ…。
(ゴドナルでも可)
4は意見が分かれるようですが、やるしかないですね。

さて、今日は鳩村さんのいい意味で地味なお話でした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:32 | - | - |
『愛と仁義に生きるのさ』/鳩村衣杏(実相寺紫子)
先日のJ庭の帰りに鳩村本を5冊も仕入れちゃって、
しかもまたブクオフで2冊も仕入れてしまいました。
もう購入したというより仕入れた、といったほうが
正しいと客観的に思う今日この頃の買い物です。

しかし積読本の構成もちょっとずつですが読んではいるので
すこーしずつ変わっていて、以前は積読本2桁の作家が、
木原音瀬さん・ひちわゆかさん・五百香ノエルさんでしたが、
今は木原音瀬さん・剛しいらさん・久能千明さんになりました。
一人だけ変わってないとかそういうツッコミはなしで。

それでは以下感想です。


続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:17 | - | - |
『彼の背に甘い爪痕を残し』/鳩村衣杏(ひたき)
はぁー…良いわぁ。(モモカンぽく)
あ、温泉に入ったひとみたいですみません。
でもなんだかこの本を読んでいたら気持ちがほんわりと
温く(ぬるくではなくて、ぬくく)なってしまって…。
絵で言うと、コメントでacoさんが言っていたとおり、こんな感じ。

ふう……いい話だった…
(『可愛いひとDX』/紺野けい子・リブレ出版より)

ただ、中身がこんなに心温まるお話なのに、
表紙がどうみてもバリバリヤクザものにしか
見えないのはだいぶ損している気がする。
ヤクザものも好きですけれどね、装丁は大切だから、
もうちょっとしっとりとしてもいいような…。

では以下、出版社いわく、
『甘く切ない珠玉のビタースイートラブ』の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:44 | - | - |
『駄犬は愛を求める』/鳩村衣杏(一馬友巳)
だけん、という間抜けな響きで思い出したのがいじわるばあさん。

近所の奥さんが「ダンケ」という飼い犬にえさを
あげようとしたら、縄を抜けてどこかへ行ってしまった。
そこでいじわるばあさんも探すのを手伝うことに。
奥さんが「ダンケ!ダンケ!お食事よ〜」と探すのに対し、
いじわるばあさんは「駄犬!駄犬!粗食事よ〜」と
言って探し回るのでした、と言った話。

そのイメージがあるせいか、カテゴリを表すタイトルとはいえ
「駄犬」って酷くないですか、だけん。
ヘタレ系にはダメとかバカが似合うのかな…。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 22:43 | - | - |
『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏(佐々木久美子)
ドア=心理学的には、解放や抑圧という解釈があるようです。

それが正しいかどうかは知りませんが、私はその解釈に
納得できますし、その意味合いに近いニュアンスで
使われていることが多いですよね。

月村奎さんの『もうひとつのドア』なんてその典型ですが、
この作品もその系列のニュアンスでした。

…そして、凄く良い小説でした。
ドアってつけると良い作品になるのでしょうか?(笑)
ユギさんのドアシリーズもいいもんなあ。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:20 | - | - |
『映画館で遭いましょう』1・2/鳩村衣杏(山田ユギ)
「あ、ユギさんのイラストだ」と思って見ていたら、
いつの間にか手に持ってレジに差し出していた本です。
ユギ絵、おそるべし。

今まで鳩村さんの作品は1冊しか読んだ事がありませんでした。
その1冊は自分としてはまあまあで、けれど名前を覚えただけで
次のを買おうとは思っていなかったのですが…楽しめました。
というかユギ絵ならば当たりに感じちゃうものがあります。
ユギ絵、おそるべし。反復して強調です。

楽しめた点は、以下ネタバレ感想になります。

続きを読む >>
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:06 | - | - |