1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ブラック・オパール』/吉田珠姫(みなみ恵夢)
完全に床にうつぶせで九の字になって寝ている酔っぱらいを
横目で眺めつつ、終電の車内でこれを書いています。
(書いていました。今はちゃんと自宅で書いてます)

こんな大人になっちゃダメだなあ、と思いつつ、
うらやましくて仕方がありませんでした。
なぜなら今週は一滴もアルコールが入っていないから…!

今週末にちょっと飲む予定なので我慢していたのに、
あの酔っ払いのせいであまりにも飲みたくて
シルクエビスを買い、飲んでいる最中です。
ふふ、こんな大人になっちゃダメだなあ……、でも、
こんなんが案外楽しいと知れるのは大人の特権です。
子供は寝てな!(いわれなくても寝てる)

さて、今日は大人にぴったりな、
吉田さんのぶっ飛びシリーズの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 02:41 | - | - |
『隷辱の人魚』/吉田珠姫(高座朗)
今日はいいお天気だったので漫画喫茶に出かけて、
2時間ほどマンガを読んだ後、BLを買い込んで、
図書館でゴールデンウィーク用に予約していた本を
受け取って、自宅でしこたまBLを読みました。
その反動で頭が痛いです……馬鹿だなあ。

そういえば、昨日の記事には書きませんでしたけれど、
一般書も上下巻を1セットと、コラム集を2冊と、
ミステリを1冊読む予定です。あとオークションで
狙っているものが1つ…ってそんなに読めるのかな?

まりしんは今日読み終えたから除外して、
昨日の予定だけで、F&B3日、JUNE全集各1日で2日、
幸村殿1日、吉田秋生のコミックス1日、か。
うん、無理ですね!なんか毎年こんなことを
繰り返しているような気がします。

それはさておき、吉田さん続きの感想です。
吉田さんのSFということで、ちょっと積んでましたが、
いつもどおりヘンに凝ってる面白い吉田作品でした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 01:05 | - | - |
『ヴァージン・キラー!』/吉田珠姫(よしいくざんす)
「よしいくざんす」ってよしいくぞうの進化系ですか?
ちょっとした疑問を先に書いてみました。こんばんは。

今朝、いつもどおりにオートマティックに起床して、
オートマティックに本を鞄に放り込んだんですが、
失敗してしまいました。

1冊はBLで、寝る前に3ページくらい読んでいて、
これは面白そうと思っていた本。(実際面白かったです)
で、もう1冊は、昨日から読んでいた非BLなのですが、
薄い本の7割がたを既に読んでいて、つまり、
両方あわせても帰りの電車で時間が余っちゃう量で…。
手持ち無沙汰なんですよね、何もすることがないと。

しかし、しょうがないから雑誌でも買うかー、と
帰りに本屋さんに寄ったら、『BabySteps (12)』が
売っていて驚喜です。表に入れ忘れててラッキー!(?)
それをあわせて最寄り駅までの時間を本を読んですごせました。
ううむ、やっぱり本屋はまめによっておくべきですね。

さて、今日の感想本は、前日に読んでいた本です。
すんげーくだらなくて電車の中で噴きました。
こういうアホアホ大好き!というわけで、以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 23:24 | - | - |
『神官は王を恋い慕う』/吉田珠姫(高永ひなこ)
正月気分もだいぶ醒めてきた今日この頃ですが、
この小説の中では、いつだって盆と正月が一緒に
来ているようなテンションのようです……
その名は『神官』シリーズ。

1巻目から白目をむいて、なんて恐ろしい子たち!と
のけぞってしまうようなキャラたちでしたが、
巻が進む毎にさらに進化を遂げているようで、
最初っから最後まで笑い通しでした。

もう今回は感想と言うより、羅剛王(攻)の素晴らしい
迷ゼリフ集と化します。でも、それだけでも
雰囲気はつかんで頂けるはず……。
では、以下、笑いたい方はどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 20:46 | - | - |
『恋の呪文』/吉田珠姫(ホームラン・拳)
ここ1ヶ月くらい、なんというか仕事で疲れておりまして、
シリアスや重め暗めのものは避けているせいか、
感想もどちらかというとアホアホやトンデモよりです…。

暗い話の感想を書こうと思うと、書くときに思い出して
気分が暗くなるので、無意識に避けているのでしょうかね。

さて今日もアホアホ系列の本ということは
タイトルから既にお察しのことと存じますが、
一風変わったアラブで楽しめました。
さすがたまきん!(ピジョンブラッドのせいで全然敬意がない)

それでは、以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 22:45 | - | - |
『ピジョン・ブラッド』/吉田珠姫(門地かおり)
いやー……、そ、凄絶な作品でした。

もしこれを吉田珠姫さんの一作目として読んでいたら、
心の中で「こっこのたまきん(よしだたまきだから)めっ!」と
あだ名をつけて叫んでいたことと思われます。
というかもう私の中では、「たまきん」扱い決定です。

ちょっと辛口な感想になりますが、以下、
ネタバレとともにお付き合い頂ける方はどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 23:11 | - | - |
『神官は王に愛される』/吉田珠姫(高永ひなこ)
なんじゃあ、こりゃあっ!と何某デカばりに
叫びたくなるような愉しい本に出会ってしまいました。

以前読んだ、「恋獄の獣」シリーズを読んで、
かなり吹っ飛んでる印象を受けたのですが…
さらにこちらは上を行っている気がします。

この「可笑しさ」と言う点では、満点をあげても可笑しくない、
キテレツ齋さまもびっくりな奇天烈な作品でした。

トンデモな見方もスキよ、と言う方は続きをどうぞ。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 23:21 | - | - |
『恋獄の獣』シリーズ/吉田珠姫(相下猛)
タイトルが長いので勝手に恋獄の獣としました。
この作品は、今一番ホット過ぎる作品はなに?
と問われたら間違いなく答えたい作品です。

とにかくホット過ぎる…!

あ、ホット過ぎるというのは、言い換えると「暑過ぎる」。
よりベターな訳としては「暑苦しい」ですね。
熱いでなく、暑い、です。

突っ込みどころがありすぎて何ともいえなかったのですが、
トンデモ本よりとして楽しめたのでご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・小説]吉田珠姫 | 22:30 | - | - |