1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『枯れない花』/京山あつき
先日、会社帰りに定期券外のところ(書店)へ
寄り道したら、ちらほら早売り商品が目に入りました。

リブレから発売された新創刊の『Citron』vol.1、
雁須磨子さんの『こめかみひょうひょう』、
それから今日の感想の『枯れない花』のコミックス、
あといつも早いルビー文庫などがありました。

東京ってこういう地の利が凄いよなー……、
地元だと発売日当日に入るかも怪しいもの。
ま、腐るほど積読するのに、1日2日新刊を
早く買ったところで意味はないんですけどね!
うぐっ、自分で言って凹む。

さて…、引田と今井のシリーズがついに完結です。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]京山あつき | 23:57 | - | - |
『見えない星』/京山あつき
腰が良くなっているのかいないのかよくわかりませんが、
安静にするしかないので安静にしています。
別段、激痛で動けない!というわけでもないのですが、
イスにずっと同じ姿勢で座っているのが苦痛、
そして伸びをするのも苦痛…健康ってなくなって
初めてわかるんですよね。水曜からの出社が不安です。

いかんいかん、不安になったときはBL。
疲れているときはマンガがより良い。
ということで、GW用にとっておいた『聞こえない声』(感想)の続編、
『見えない星』ですが……やっぱり面白かった!
てことで、感想です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]京山あつき | 16:55 | - | - |
『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき
9/25、京山さんとツタさんが同じ日に発売だなんて、
なんてベアウチフルでウォンデアフル(Beautiful, Wonderful。
中学の時そうやって覚えませんでした?)な日なんだ!と
発売日の就業後書店にウキウキで駆け込んでみたら、
なぜか京山さんの本しかないという不運。
よりによって今日持ってきた本は読み終わっている…、
……ゴッドダム!(goddam! いわずもがな)

けれど、帰りの電車の中でこの本1冊で十分ウフウフ言えたので
あの書店の戦略は正しかったと言えます。(戦略なんて無いだろうけど)

ニヤニヤが止まらない1冊をご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]京山あつき | 20:42 | - | - |
『仮面ティーチャー』/京山あつき
『聞こえない声』を読んでから京山作品を探してみたら、
意外に少なく3冊しか無いことが判明、そして
いつのまにやらコンプしてしまいました。

男の子が性的な体験(といってもキスですが)をして、
そこからぐるぐると思い悩んで恋を自覚するも、
失恋をして大人になるという「さよならBaby」も
とても面白かったのですが、仮面ティーチャーのほうが
より衝撃的な作品だったので、こちらの感想をば。
どっちも書けばいいことなんですけどね…。

それでは以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]京山あつき | 23:06 | - | - |
『聞こえない声』/京山あつき
こんばんは、睡眠不足&眼精疲労になると、
まぶたがぴくぴくと不随意に動くaya-meです。

今まできっと自分にしか感じないまぶたの動きなんだろうな、と
思っていたのですが、鏡を見ると目に見えて動いていることが発覚。
しかもまるでヤクザ映画で片目を吊り上げるシーンのように
不機嫌そうに動くことがわかり、かなりショック。
しかも動くと邪魔くさい…今日は早く寝よう。

さて、顔つながり(ムリヤリ)で、今日は表紙の顔に
目を惹かれて買ったコミックスをご紹介です。
(ちょっとほめすぎたかも…)

続きを読む >>
| [BL・コミック]京山あつき | 21:13 | - | - |