1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『どこにもない国』/草間さかえ
『どこにもない国』/草間さかえ
茜新社 (2011/9/24)
【Amazon】

南方戦線での状況下、たびたび問題を
起こしては処罰される部下・早川と、
厳しい隊長の竹内。
二人の間にはある秘密があって…。

そして時代は終戦を迎え、復員船で祖国に戻った二人は
共に暮らすようになるが――。男同士の情愛の儚さを、
当時の風景を濃密なタッチとともに描いた表題作とその続編。
ほか読み切り5篇を収録した、ファン必携の作品集。
・今週はためこんでいた小説にアタリがとても多かったです。
 『薔薇の誕生』(2年近いシリーズ完結、きれいに終わってめでたい!)、
 『F&B』19巻(ようやく再会!ここまで来るのに長かった…)、
 『初恋ドレッサージュ』(いつきさんの馬関係は特に秀逸)。

・しかし感想はこの本という結果に。
 ほぼ10ヶ月積んでいたぶん、期待も大きい反面、
 「心が乾いている今、つまらなかったらどうしよう…」と
 怯えてもいたのですが、表題作が好きすぎる。
 気持ち悪いくらい滾っている自分がおります。

・当時は当時で大変な事はいくらでもあっただろうし、
 別にこの時代に生きてみたいとは思わないですが、
 ノスタルジックな、入り込みたくなるような
 草間さんの描く昭和の雰囲気が凄く好きです。
 無線機、丸いメガネ、軍服、日本家屋、万年筆……
 細部が古き良き日本という幻想を支えています。

・戦時でも平時でもない、2人だけの島での生活に
 何があったのかは詳しく描かれていませんが、
 隊長に触れるだけで催して達してしまう早川と、
 最後に告白しつつ誘う隊長の色気がもうね!
 この隠微さはあからさまなのより100倍エロいと思います。

・そして、帰国してからの葛藤もとても良い。
 早川と共に暮らす中、「かつての日常」に
 彼を奪われることを恐れるあまり、
 島での生活に思いを馳せる複雑な隊長と、
 それを受けとめる早川のエピソードがたまらない!

・書き下ろしでは早川に受けとめてもらったことで、
 島での生活と決別したことが表現されていまして、
 隊長幸せなんだろなーという表情が素敵です。
 この流れの雰囲気を表せない自分の表現力が憎い!
 書いているだけでじんわり来てしまいます。

・しまった、表題作があまりにも好きすぎて、
 他の作品にまったく触れていませんでした。
 ちなみに他の作品は全て現代ものですが、
 心の機微は同じくらい複雑なので説明しません。
 どれも面白いですよ!(適当すぎる。まあいいか)
 細かいところですが、↓のやりとりがこれまた色っぽい。
攻「仕方なく俺に付き合ってる?」
受「…君が意外と目が悪いね 今夜は あと一回だけなら確かめてもいいよ」
・メガネキャラの色気にしか語ってない気がしますが、
 非常に今さらですが、オススメです。
 どこかへ逃げたい気分の人(たとえば私)に特にオススメです。
| [BL・コミック]草間さかえ | 22:18 | - | - |
『地下鉄の犬』/草間さかえ
9月って気がまったくしない今日この頃ですが、
今日はヒヤッとしたことがありました。
今日、っていうかついさっきのことなんですが、
突然幼馴染みがうちにやってきました。

「うちのPCで読み取れないCDがあるんだけど試してくんない?」

仕事で必要な資料というんだから断れませんよ、
断れませんが、いまの私の部屋に入らんといてー!
トッキュー同人誌に積読BLにドナドナBLに
机上のBLタワーにベッドに散らかった読んでるBL、
そこかしこに人に見せられないものばっかり…。
肝が冷えるわ!

「悪いけどそこ(玄関)で待っとき!」と言ったのに
部屋を覗き込まれ(私の部屋は玄関からすぐのところ)、
「……その(ベッドの)状態で寝てるの?」と素朴な疑問を
投げられたときはヒヤッを通り越して逃げ出したくなったね!
そうですよ、煩悩に埋もれながら寝てるんですよー。
みなさん、部屋はきれいにしましょう。(泣)

さて、今日は久しぶりにコミックスの感想です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]草間さかえ | 21:56 | - | - |
『夢見る星座』/草間さかえ
やばい、やばいよ、やばいばっかり連発していると
つまらない芸能人みたいでやばいですけれど、萌えすぎてやばい!
テンションがだいぶおかしいのは萌えすぎたせいだと
思って憐れんで赦してやってください。

萌えすぎるとおかしくなりますよね…?
布団の上で一人むひひと笑いながらごろごろしたり、
「これすごいよ!」と言いながら踊ったり。
言いふらせないジャンルだからそうなるのかな、
とちょっと自分をごまかしてみたり。

そんな風に激しく萌えた草間さんの新刊感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]草間さかえ | 23:36 | - | - |
『はつこいの死霊』/草間さかえ
私がベタ褒めの『箱の中』『檻の外』の挿絵も
していらっしゃる、草間さかえさんの単行本です。

タイトルと言い、表紙と言い、漂ふ雰囲気が
そんじょそこいらのBLとは違いますね。
時代の流れに乗る必要がない、独創性が見えます。

お話も独創的でとても良かったです。
今日はベタ褒めしちゃう、ネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・コミック]草間さかえ | 22:28 | - | - |