1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流(草間さかえ)
昨日は暑くてあきらめたけれど、今日はそこそこだから
でかけるぞーと思っていたら雨が降ってきたため、
思いっきり出かける気が削がれてしまいました。

そして二度寝、朝ご飯を軽く食べてまた寝て、
昼食を食べて昼寝。ハメハメハ大王と猫を
足したような生活ぶりだな……。
まあ、社会生活には支障ない範囲だからよいとしよう。

さて、今日は待ち望んでいたまんじ×楢崎先生の
単行本でーす!嬉しいなったら嬉しいな!
まんじの奇妙なダンスを踊りたい気分です。

それでは、以下、単なる萌語りです。
続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 22:14 | - | - |
『茨城さんと京橋君』2/椹野道流(草間さかえ)
金曜に奮闘するも、土曜出勤になるハメになり、
土曜も出勤するも、残業コースになるハメになり、
憂さ晴らしに同じく出勤していた先輩と飲みに行き、
かなり酔っ払ったため、日曜は二日酔いによる頭痛。
文字を読む気にならず、通販雑誌をたらたら読みながら
昼寝していたら、もうこんな時間でした。

もったいない!って気がした週末でした。
今週の本も買いにいけなかったし……。
来週こそは3連休をもぎとってみせるぞぉ。

そんななかやっぱり癒されるのはBL、
そんなときの椹野作品でした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 22:37 | - | - |
『茨木さんと京橋君』/椹野道流(草間さかえ)
今月末はメス花シリーズ、そして先月はこの新刊と、
椹野さんらしからぬハイペースですねえ。

他にも色々と停滞しているシリーズがありますし、
私も鬼籍通覧シリーズとにゃんこ亭シリーズは読んでいるので、
そっちも出してほしいものですが……そうはいっても、
ダメなものはダメなんでしょうかね。

まあ、着てはもらえぬセーターを編む(なんか違う)より、
新シリーズの新刊を素直に楽しむのが吉ということで
読んだこちら、やっぱり面白かったです。
これだから他のも期待して待っちゃうんじゃないかー!

…気を取り直して、以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 21:23 | - | - |
『作る少年、食う男』/椹野道流(金ひかる)
この本の感想、書いたと思っていたのに書いてませんでした。
おっかしいなあ。あっるれえぇ?(おおふり花井風に)

おっかしいといえば、この本も少し可笑しいです。
表紙とタイトルと中身の印象がちぐはぐというか。
タイトルは「ちょいエロ(食う男が)」を感じさせなくもないのに、
表紙は上品そうで少し儚げな印象のする少年と、
その少年の肩をそっと抱いている穏やかな青年。
あっるれえぇ?何か違う…。

そして中身はもっと「あっるれえぇ?」でした。
自分の好きな方向に「あっるれえぇ?」でしたけど。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 21:04 | - | - |
『右手にメス、左手に花束』/椹野道流(加地佳鹿、唯月一)
うむむ……やはりこういうタイプはシリーズが
進むにつれこうなって……あ、こんばんは。
BL研究会所属のaya-meです。専門分野は『オヤジ』、
研究対象は『オヤジとヒゲのシナジー』です。
全然今日の感想には関係ありません。

ただ、ある長寿シリーズとこのシリーズの間に
ちょっとした共通点があるな、と
このシリーズを読んで思ったのです。

それは……

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 22:29 | - | - |
『ブライトン・ロック!』/椹野道流(宮本イヌマル)
イギリス行きたーい!ブライトン行きたーい!
日本の片隅でBLを読んでそんなことを叫ぶaya-meです。

外国人が出てくる本として紹介された本なのですが、
海外ものって読むとやっぱり普通のBLと違って楽しい。
ちょっと旅行に行きたい気分にさせてくれますね。
残念ながら行けない現実が待っていますが、
出不精の身としては追体験の形でも、本の中だけでも
旅行した気分になれることは素晴らしいと思います。

もちろん旅行気分になるためには小説が面白いことが前提ですよね。
そしてもちろん、面白かったので感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 21:23 | - | - |
『にゃんこ亭のレシピ』シリーズ/椹野道流(山田ユギ)
ホワイトハートは、難しい。
何がって、BLとBL以外の見分け方!

普通、BLが出てるレーベルと言えばBLしか出版してないのに、
ホワイトハートはライトノベルも出してるもんだから、
境界線が曖昧…そもそもBLとライトノベルの境界線は
何なのか、と問われたら分からないのですが…。

とりあえず、男同士が相思相愛だったらBLだと思います。

さて、このシリーズも読むまでユギさんの挿絵だからBLだと
思っていたのですが、読んでみたらBLじゃありませんでした。
が、面白かった!のでご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・小説]椹野道流 | 20:58 | - | - |