1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
同人誌・悲しみ編
同人誌にまつわる、悲しい怒りの話です。
見方を変えれば単なる愚痴なので、
嫌な方は読まれないようお願いします。


私は同人誌って商業ものに比べればめったに買いません。
(商業と相対的に見て)時間と手間とお金がかかるし、
商業作家以上に玉石混淆なためです。

それでもまあ、お気に入りだったりするところはあり、
そこで注文した本が、今日届きました。開けてみると…

続きを読む >>
| [その他]BL・同人誌 | 22:10 | - | - |
雄ケにまつわるエトセトラ
GWにおいて唯一の雨の日となった今日。
(あ、九州などの西の方は昨日ですか…)
行ってまいりました、雄ケット!

今日は雨だから人が少なくなるかも、と希望的観測を持って…
楽しみはもちろんあるけれど、その程度の夢は見ないと
くそったれな強風&雨の中、傘もって合羽着て、
何時間もかけて京急蒲田なんざぁ
行ってらんねーよ、という悲痛な叫びを
一個のエクスクラメーションマークの中にこめてみました。

上の7行の頭をひらがなにして、!を足すと…「いきたくないい!
でも行っちゃった同人腐男子の悲しい性による
雄ケリポートは下の続きより。

続きを読む >>
| [その他]BL・同人誌 | 19:48 | - | - |
『セクハラおやじ』/中原一也
今回は中原一也さんの「タイムリミット!」の同人誌です。
(読んでない方はつまらないだろう…)



配置がえもされず、相変わらず二人の部署。
そしてあいかわらずエロオヤジな夏目と
昼は淑女・夜は淫乱な志野です。

さらにあいかわらずセクハラし放題な夏目。

・オフィスでHがしたいとわめく
・飲み会の途中で炬燵なのをいいことに触りまくる
・酔っ払ったのをいいことに野外でHしようとする

う〜ん、素敵なエロオヤジですね!

セクハラが好きってんじゃないですよ、
セクハラされてもいい男が好きなんです。
(セクハラ推奨ではないので念のため)

志野もまた吹っ飛んでいて喧嘩して謝るはずが

「ここ(オフィス)で抱いてくださいっ!」

やばい、笑えてお腹痛い・・・。

スジは同人誌だから詳しく述べない(ほとんどもう言ってるか?)として、
すれ違っちゃって、仲直りして、H!以上!
喧嘩の後のHは燃える(萌える)!
絵が無くても楽しめます。

同人誌とはいえ、見事な短編です。
同人誌を商業作家が作るのは卑怯です!
何が何でも読みたくなっちゃいますから。

冬コミも出られるそうです…。
行きたいナァ(悠季風に読みましょう)。
| [その他]BL・同人誌 | 00:35 | - | - |
西洋骨董洋菓子店、の続き。
わーい、カウンタが三桁になりました!
毎日どのくらい来てるか知りたかったもんですから。
あ、今日アクセス解析という便利なものがあることを今更知りましたw

さあて、本題。

西洋骨董洋菓子店 1
西洋骨董洋菓子店 1
よしなが ふみ著
新書館 (2000.6)
[BK1]

BL界においてよしながふみさんを知らない人はいないでしょう。

知らない人は自分が痴れ者と知るべし!(ヴァルプロのレザードっぽく言いましょう・・って、わかる人いるかな・・・)


その中でも有名なのが↑の西洋〜ですね。
(知らないなら右回れしたほうがよろしいかもです。
ずっとその話ですから。ここで作品の解説もしませんし)


ドラマの原作(原作のほうが100倍楽しい)でもあるこの作品は
BL・・・というより物語として素晴らしいです。


なんていう至極真っ当なレビューは色んなサイトで
やってるでしょうからここでやめて(短っ)、
全4巻の「続き」の話をしましょう。

続きというか、ここまで有名な作者としてでは珍しい
オリパロ?オリジュネ?同人誌です。
続きを読む >>
| [その他]BL・同人誌 | 23:48 | - | - |