1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『甘い棘の在処』/萩野シロ(円陣闇丸)
苦痛なスーツコスプレの日、ようやく終わりました。
(客先へ行くためにスーツで出勤する日のこと)

あーやっぱりスーツは耐えがたいわ!
私がスーツ嫌いなのは、苦しいからだとか、
暑いからだとか、多々理由はあるんですが、
「男らしい服!」って印象だからかな。

別にトランスヴェスタイトではないと思うんですが、
どうも「男らしい服」って苦手なんですよね。
私服でいい今の会社を選んだ理由でもあります。
攻めと受けが着るのは全然ありなんですけれど。

というわけで、スーツを着た人物の表紙本を探していたら、
3年ほど寝かしておいたこの本を見つけました。
しかも攻めも受けもスーツ。200冊もあれば、
探したらあるもんです。積読って素晴らしい……かな?

中身はかなり濃かったです。以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]萩野シロ | 21:01 | - | - |
『それは罪なアナタのせい』/萩野シロ(夏目イサク)
……こんばんは、昨日と一転してローテンションです。
なぜかと申しますと、齢XXにして初体験したためです。

…ぎっくり腰を。
岩井課長(『黄昏に花』/樹生かなめ)まっしぐらだ!

昨日の昼ごろから急に痛み出し、父の知り合いが
経営している整体院(これも初体験)に行ったら、
ぎっくり腰と判定されてしまいました。
マッサージのおかげでだいぶ楽(ほぐしてる最中の整体の
オッサンはまさにエンドルフィンマシーン)にはなりましたが、
連休は静養です……それは痛む腰のせい。

と、タイトルにかぶせてオチをつけたところで、
以下、B-PRINCE文庫の初感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]萩野シロ | 21:10 | - | - |
『埃まみれの甘いキス甘いからだ』/萩野シロ(蓮川愛)
今日は床屋へ行きました。
なぜか春の陽気を感じると髪を切りたくなります。

で、私が床屋にこだわっているのは、昔からずーっと
同じ所に通っているので面倒がないというのがひとつと、
無骨な職人ぽい人が多く通っているというのがひとつです。
仕事柄ガテンな人を見ることがないので至福のひと時。

美容院も悪くないんだけれど、あそこは顔剃りをして
寝てしまっているオヤジや、スポーツ刈りの出来を
鏡で満足げに眺めているひとはいないですもの。
ちょっと汚れた感じが素敵なのよね…。

と、ガテン好きな私ですが、そんな私にぴったりの
ガテン系BLが今日の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]萩野シロ | 21:20 | - | - |
『くちびるを濡らす恋の雫』/萩野シロ(亜樹良のりかず)
「ここ、が甘いのは、躰のなかから愛がとろけでてるから」

帯の文句にここを持ってくる意味が分かりません。
さすがプラチナ文庫です。

毎度過激な帯や表紙を目にするたびに思うのですが、
この付加価値をつけることで販促になる、と
思っている人がどこかにいるのでしょうか。
この付加価値があるから買う人がいるのでしょうか。
実はどっちも居ないのに過激になっているのなら、
無駄ですよね…それともBLを買う資格を問う試金石……?
それもまた誰のためにという疑問は残りますか。

まあそれは置いておいて、今日の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]萩野シロ | 20:10 | - | - |