1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加(金ひかる)
今日は少しだけ早く帰れました。
といっても、日付は変わった後ですけれど。

こう毎日本も買えない、寄り道もできないとなると
どうしようもなく散財したくなります。

いけないとはわかりつつ……、いやまてよ、
お金というものは生活を豊かにするためのもの、
ならば今の荒れきった生活を是正したくなるのは、
自然の理と言えるのではないでしょうか。

と、夜中のポチボチポチボチを自己弁護してみました。
(ポチポチを超えてもはや連打に近い衝動買い)
ま、安い古本ばっかりだから自分で自分を許そう…。

さて、今日は久しぶりに新装版で読んだこちらです。
それでは以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 02:18 | - | - |
『甘い運命』/高遠琉加(麻生海)
木曜・金曜と無駄に忙しくて更新できませんでした。
しょっぱなから仕様変更とかやめてください、もう。

そんなわけで自分のブログも見てませんでしたが、
なんかアクセス数がおかしなことになっていたようで…。

確認したところ、時たま話題にしていた、
あのカフェオレライターさんに
(悪い意味ではなく)ネタにされていました。
猿ロックと結びつけて考えるとは…斬新ですね。
どうせなら内容もレビューしてくれればいいのに♪

とまあ、期待薄ながら割と本気な要望を書いたところで、
今日の感想は『愛と混乱のレストラン』のスピンオフ本です。
泣きました。それでは、以下。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 00:20 | - | - |
『好きで好きで好きで』/高遠琉加(六芦かえで)
曇天

金曜日:暴飲暴食
土曜日:プチ断食(二日酔い)
日曜日:ナチュラルハイ

となった今週末、どん底から
ハイにあがった機運にまかせて
擬人化王国3に行ってきました。
脈絡ねえ!



雑感として。
メインがヘタリアなせいか、周りを見る限り全体的に若い!
年齢的な意味(25才以下が多いと見受けられました)でも、
精神的な意味(甲高い声でキャッキャしたりイメソン聴いて
奇声を発したり「〜は俺の嫁」などをのたまったり)でも。
庭のときってあんまりこういうひといないもんなあ……、
だが、ククク……二次創作&ほぼ女性&萌温度的に考えて
圧倒的なアウェー感……このアウェー感がたまらない!
(ドMじゃありません、念のため)

開催時間ギリギリで行ったため、欲しいかなあ、と
思っていたお目当てが厳しいかも?と思いましたが、
メイン級のカプでないせいか全く問題なく買えて、
会場をひとまわりして帰りました。買ったのはこれだけ(↓)。

土×希(リバ可)しか興味ありません

ま、ほとんどお金も使わず、余計な時間も使わず、
行き帰りの電車で本も集中して読めて、
なかなか有意義な日曜日でした。(土曜は無かったことにする)
明日、頑張って暴言を吐いちゃった上司に謝るぞお。


さて、前置きが長くなりましたが、行き帰りに
読んだこちらの作品で涙腺がやばかったです。
再読なのに……以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 22:02 | - | - |
『成澤准教授の最後の恋』/高遠琉加(高永ひなこ)
ワースト記事で申しましたとおり、
親戚関係の法事へ行ってきました。疲れた…。

故人が亡くなったことへの悲しい気持ちも、
移動した距離が長かったのももちろんですが、
親戚の老人どもの「そろそろ嫁はまだか」
「子供はまだか」コールが老人+酒=リピートで
なによりこたえましたよ!

20代で嫁、30までに子供、という現代の未婚率と
出生率をまったく反映していない認識が
田舎ではいまだに根強く残ってるものですねえ。
心の中で供養するから四十九日はパスさせてね、○○(故人)。

さて、疲れきった復路の車内で読んでいたのが
こちらでした。癒されるゥしびれるゥ…。
以下、短めに感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 00:06 | - | - |
『王子様には秘密がある』/高遠琉加(南国ばなな)
なんとか日曜に戻ってこれました。

結論から言うとやはりGENOウィルスにやられていたようで、
リカバリしてログインパスを変更するなどの措置を
していたので珍しく4日も間を空けてしまいました。
大変でしたがサクサクした動作にそれだけで感激!

まとめサイトなどのお知らせを下さった皆様、
どうもありがとうございました!

さて、平常運転ということでこちらの感想です。
最近「えっ…なんでこの作家でこんなXXな作品を……」と
思ったこともあり、リブレにあまり期待しては
いなかったのですが、高遠さんは高遠さんでした。
というわけで、以下感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 20:36 | - | - |
『唇にキス 舌の上に愛 〜愛と混乱のレストラン3』/高遠琉加(麻生海)

このGW中のイベントで買った同人誌を
全て読み終わりました。マンガは読むのに
時間がかからなくていいですね。

逆に小説、特に商業誌はたまってしまいがちです。
けれどどうしてもやめられないのは、やっぱり、
この作品のように小説でしか味わえない面白さが
あるからやめられないんですよねえ……。
完結してさびしいけど読めてよかった!

それでは2巻の感想が無いなりに3巻の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 21:48 | - | - |
『楽園建造計画』1〜4/高遠琉加(依田沙江美)
昨日今日と2日間、夏休みボケでゆるく仕事しただけなのに、
もんのすごく疲れました。8時間ってこんなに長かったっけ?
9日間も休むとリズムが取り戻せなくて大変です。

そういや大学生のときは夏休みが1ヵ月半、
下手をすれば2ヶ月近くもあったんですよね。
いい商売だよな、大学って…。

でもたとえ低学力化が起ころうとも、人生を支える
友人なり思い出なりを作れるあの人生の夏休みは
あったっていいと思う……と、この本を読み終わって
そんなことをつらつらと思いました。

以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 21:22 | - | - |
『この胸をどうしよう』/高遠琉加(笹生コーイチ)
この本に関する、本筋とは全く関係のない、
どうでもいいような話を2つばかり。

BL小説のあらすじの大半を締めくくる「〜ラブ!」を
 色々と見てきましたが、この本は初見、「クリスタルラブ☆」でした。
 クリスタルラブって何さ……、大都会で果てしない夢でも
 追いつづけるのかと連想する年代を狙っているのでしょうか。

奥付を見たら先日感想を書いた『ネタも休み休み言え!』の
 著者、くつきかずやさんの装丁でした。意外な出会い(笑)
 でも、奥付で著者は「著者」なのに、装丁は「装 丁」と
 スペースが入っていたり、フォントが違うのはどうn…って、
 そんなチェックは精神衛生上宜しくないのでやめておいて…、

内容は文句なしの自分の萌えツボでした。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 23:57 | - | - |
『愛と混乱のレストラン』/高遠琉加(麻生海)
楽園建造計画を差し置いて、こちらを先に読了です。
新刊はいったん機を逃すと読む気がなくなってくるので、
早く読まなければいけないと悟りましたゆえです。

いや、新刊に限らず、手にとって「読みたい!」と
感じた直後がいちばんの読み時であって、
その後は死後の体温の変化の如く緩やかに降りていって、
ズドーンと外気に合わせて冷めてしまいます。
(この知識は柏枝真郷さんの小説で知った)
ただ死体と違って気持ちは復活するからいいんですけれども…、
いつ復活するのか自分でも分からないのが問題です。

まあ、それは置いておいて、感想です。
今年の新刊の中では上位に入る面白さでした。

続きを読む >>
| [BL・小説]高遠琉加 | 20:50 | - | - |