1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『神の囲い人』/沙野風結子(梨とりこ)
『神の囲い人』/沙野風結子(梨とりこ)
プラチナ文庫(2011/9/9)
【Amazon】

☆あらすじ
ガイゼル帝国の圧倒的な武力を前に
制圧されていくラカン神国。
ラカンの兵士・セツは自決するところを
ガイゼル帝国の皇帝新鋭隊員・ヨルクに
止められ捕らわれてしまい――「神の人形」。
捕虜となったガイゼル帝国軍医のキールは、武骨で純情な
ラカン軍の中将・シンを誘惑し、籠絡を企てるが――「神の愛人」。
皇帝・アーシェイドは、神秘的なラカン神国の天子・ミコトを嬲り、
蹂躙しようとするが――「神の囲い人」の3編と書き下ろしSSを収録。
・心と亡くすが揃ったら忙しいとは愉快……でもなんでも
 ありませんでした。(元ネタは女三人揃ったら、です)
 すみません、忙しさにかまけて感想をご無沙汰していました。
 心が無いときに読んでも心に余裕がなくてダメですね。
 というわけでさほど忙しくもなかった1ヶ月前に
 書きかけかけていたこちらの感想をいまさらアップです。

・先にTwitterなどで6Pと聞き及んでいたこの作品、
 「さすが沙野さん!他の作家にできない(=やらない)事を
 平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」と
 思いつつ、少し不安でもありました。

・ゲイビデオの乱交ものだとそうなんですが、
 人数にあかせたものって途轍もなくつまらないんです。
 比較対象がちょっと間違っている気もしますが、
 要は、人数が多くなるのに比例して
 各人への描写が薄くなり焦点が定まらないのと、
 心理描写は不要なのは分かっているものの、
 ただ大人数がやってるってのは受け付けないのです。

・BLの複数人も同じような事が言えて、1人1人の描写と、
 感情の描写が薄れて肉欲優先になってしまわないか、
 3人でも多いのに6人て!という不安でした。

・ところがどっこい、恐る恐る読んでみた結果、
 3つのカップルが成立してからの6Pとは!
 というより2人×3CPに毛が生えたようなレベルかな?
 くんずほぐれつ蠢くような6Pではなかったので、
 少々(勝手な)肩透かし感はあったものの、
 この構成はとてもよかったのです。

・なぜなら、6Pする理由が儀式(神事)なんですが、
 その背景を3CPを読む間に受け入れやすくなることと、
 3CPの恋愛の過程が短くもしっかりと描かれており、
 感情の描写が満ち足りるのです。

・そして、各人の性格なども先に描かれることで、
 6Pに発展する流れも受け入れやすくなります。
 6Pにするためにはこれしかない、と舌を巻く構成でした。

・まあ、各CPの話が、もっとページ使っていいよ!
 なにこんな面白い話をまとめちゃったのよ!
 それぞれ書き下ろしを追加して3冊にすればいいのに!と
 思ったほど、魅力的なCPを描く筆力があるからこそ
 できる荒業ですよね。ファンタジーの世界観も
 この世界でシリーズにしたりしないのかな?と
 思うくらいにもったいないです……。

・6Pかと思ってたらとっても贅沢な3CPプラス、
 おまけにして本命の6P本でした。
 多少受け入れやすいつくりだと思いますので、
 多人数に抵抗ある方も挑戦してはいかがでしょうか。
| [BL・小説]沙野風結子 | 21:35 | - | - |
『タンデム 〜狂犬と野獣〜』/沙野風結子(小山田あみ)
昨日、眠気に耐えながらIpodだけは充電しようと
コンセント式の充電器をつないで寝たのに、
充電がまったくされていませんでした。

なんで!?と悩む時間もなく出勤して、
帰ってきて調べてみたら原因がわかりました。
右の穴に左のプラグを差してました……。
壁に差し込むんだったら気づいてたんでしょうが、
電源延長コードを使っているので、
眠くてまーったく気づかなかったようです。

他にもこのところ感想も全然書けていないし、
他に続けていることも微妙に遅れがちだし、
忙しいとは言え、よくないなあこういうのは。

明日も外出する必要があるので(厳密には仕事では
ないけれど仕事上のつきあい)、すっきりと
切り替えられはしないけれど、とりあえず
日曜でリセットしたい今日この頃です。

さて、今日はラヴァーズの沙野作品の感想です。
高級料理名風に言いますと、
「衆人環視プレイ 恥辱と初体験のハーモニー」
「乱交 女装とエネマグラを添えて」
ってところでしょうか。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]沙野風結子 | 02:06 | - | - |
『つる草の封淫』/沙野風結子(朝南かつみ)
月日が経つのは早いもので、もう1月も10日以上も
過ぎたわけですが、認識は年々鈍くなっているようです。

まあ、何を言いたいかというと、麗人小冊子の
申し込みが去年いっぱいで終わりだったのに
今更気づきました……凹みます。

ほかの応募しようと積んでいるやつも調べて、
小為替の手数料が悔しくて買いたくないけれど、
背に腹は変えられぬ、光陰矢のごとし、善は急げ、
明日まとめて買ってこようっと。

さて、今日は某スマタ好きさんに「3P獣姦素股」と
報告された、沙野さんの新刊の感想です。
すげーよ沙野さん…!それでは、以下にて。


続きを読む >>
| [BL・小説]沙野風結子 | 23:23 | - | - |
『赫蜥蜴の閨』/沙野風結子(奈良千春)
今日は上司に本を借りました。
その上司も本が好きで、よく本の話をするのですが、
「今何読んでる?」と聞かれるとちょっと困ります。

「赫蜥蜴の閨」です、とは相手が知らずとも言いづらい。
並列して読んでいても優先度はBLが上なので、
つい正直に言ってしまいそうになり、危ないです。

ちなみに今日答えた本は「ショートソング」。
オススメされた一般本ですが、まあ、BLくさいわ…。
感想は書くかもしれないし書かないかもしれません。

話がそれましたが、それでは今日のエロ本(失礼)です。

続きを読む >>
| [BL・小説]沙野風結子 | 23:53 | - | - |
『蝶宮殿の王子様』/沙野風結子(稲荷家房之介)
来週からはもう7月ですね。
今年も半分が終わってしまうだなんて、
信じたくもないけれど、自分が読んだBL本の
数を振り返ってみれば信じざるを得ません。

今年も例年通り、上半期の Best と Worst 企画を
やりたいと思い準備にとりかかっております。
なんでたまにやる Worst はこんなに楽しいんだろう。

さて、Worst に入らなくてもあまり自分好みの
作品が出ないアルルノベルスですが、
この沙野さんのアラブはエロ面白かった!
以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]沙野風結子 | 21:54 | - | - |
『獣の妻乞い』/沙野風結子(実相寺紫子)
まだ2月なのに早くも今年 No.1候補が出てしまいました。
衝撃作という意味で。獣姦きちゃったよ!
レ○プは隠すくせに、獣姦は隠さないのは
単なる様式(プレイ)に対する好き嫌いです。

女性もいないのに「姦」ってのも変な話ですが、
男に頻繁に「花嫁」という言葉が使われるぐらいだから
BLにとっては瑣末な問題なのでしょう、きっと。

トンチキかと思いきや、意外としっかりしたつくりで
大満足でした。以下、感想です。
ちょっとエロめの画像があるので背後にご注意を。

続きを読む >>
| [BL・小説]沙野風結子 | 20:30 | - | - |