1/1PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年下半期ワースト5
こんばんは、半年に一度のうっぷん晴らし企画、
またの名をワースト5のお時間がやって参りました。

…といいつつ、上半期もそうでしたが、
さほどひどい本にあたりませんでした。
ストライクゾーンが広がったこともありますが、
「あっ、これはトンデモ的に面白そう!」と
なんでもかんでも飛びついていたのを、
ネットで真なるトンデモかただの駄作かを
調べてから買うようになったのもあります。
これって進化?いいえ、深化です。

というわけで、どちらかといえば、
日頃からどうかと思うことに言及するための
やつあたり企画として捉えていただければと思います。
それでは、苦手な方は以下お引き返しください。

続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:07 | - | - |
2009年BL小説ベスト10
大晦日の今日、大掃除を途中でほっぽりだして、
書店とマンガ喫茶で現実逃避してきました。

こんなに本が溢れているのになんでまた外で
本を買ったり読んだりしてるんだか……。
本読みはみんなそうかと思いますが、
自ら率先して賽の河原で罰を受けてるみたいですね。

まあ、帰ってきて一応片付けも終わり、
いい気分で新年を迎えられそうです。

それでは昨日に続き、BL小説ベスト10です。
もんのすっごく、迷いました!
選んだ今もまだ順位に迷いがあります。
それほど良作に恵まれた年でした。

それでは、以下にて。
続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:21 | - | - |
2009年BLコミックベスト10
部屋片づけを半日近くやっているのに終わりません…。
本以外の片付けは1時間ちょっとで終わったんですが、
本の片付けだけはつい読んでしまって終わらない!
今は目をそらしてこちらを優先してます。

しかし今年は心を鬼にして、
「いつか再読するかもしれないのでとりあえずとっておこう枠」
「再読しないだろうけどちょっとお気に入りだからとっておこう枠」
のリストラをしました。すごくもったいないですけれど、
スペースは有限だし、買い戻そうと思えばたいていの本は
買い戻せるし、とダンボール3箱分を処分することにしました。

……まだ心が躊躇してます。忘れようと思うものの、
忘れようと思ってる=忘れてない証明なんだよなあ。

まあそれは忘れて、↑の処分の範囲には決して入らない、
2009年コミックベスト10です。
今年も豊作だった…!それでは以下にて。
続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 00:18 | - | - |
2009年非BL小説ベスト10
納会のあとに残業してる私って……私って…!
まあ、とりあえず今年の業務も終わりました。
明日の祭りには参加しませんが、参加される方は
体調に十分お気をつけていってらっしゃいませ〜。


さてこのブログ的に需要があるのかどうかわかりませんが、
せっかく豊作でしたし、記録もとっていることですし、
5年目にして初の非BL小説ベストを選んでみました。

今年は図書館通いをしていたせいか、
ここ10年で2番目に多い冊数でしたが、
けっこうあっさりと決まりました。
(BL小説/コミックは迷って選べないのに……。
萌えとかあんまり考えないからかなあ。)

それでは早速ですが以下にて10位からです。

<リンク・画像について>---------------------
□ タイトルは(あれば)過去の感想に飛びます。
  画像はAmazonに飛びます。
---------------------------------------------

☆10位
『サイン会はいかが?』『平台がおまちかね』/大崎梢
(↑記事中の2番。『サイン会〜』のみ。)
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア) 平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)

日常系ミステリという枠に入るんでしょうけれど、
本屋さん/出版社の営業さんにまつわる事件のみを
描いているという特長があります。
「凄い!」というほどではないですが本屋さん好きなら。
(『サイン会はいかが?』とその前作『配達あかずきん』は
久世番子さんによるコミカライズもあります。)


☆9位
『ガンパレード・マーチ』シリーズ/榊涼介


以前少し触れたことがあるシリーズですが、
設定を生かしつつ魅力的なキャラが活きる原作の序盤、
オリジナル要素・裏設定を盛り込んだ中盤-終盤、
そして現在はゲームのノベライズを超えて、
原作をはなれて新機軸で動く小説です。
昨年末から一気に読みましたが、1つ1つの戦争に
たるみがなく、メッセージも克明で刺激的です。
「原作と違うのはちょっと…」と思われる方も
読む価値アリだと思います。(ただし未プレイの方は
わけがわからない内容なので避けた方が無難です。)


☆8位
『フライ、ダディ、フライ』/金城一紀


勧善懲悪とまではいかなくとも、清々しさと爽快感、
そしてスピーディでユーモラスな展開は随一でした。
映画版でも、クーデレ高校生×ヘタレオヤジに
不覚にもハァハァさせられてしまいました。
劇場で見なくてよかった…!(あやしいひとになるから)


☆7位
『チョコレートコスモス』/恩田陸
チョコレートコスモス

陸、恐ろしい子…!とガラかめファンは
亜弓さんばりの白目をして読むべき作品です。
あれが小説になるとこうなるのね、という
むちゃくちゃ熱い女同士の演技が描かれます。
どう見てもマヤと亜弓さんなのですが、
インスパイアじゃなくてちゃんとオマージュ!
500ページを1日かからずに「読まされ」ました。
ところで亜弓さんにはなぜさんづけしてしまうのでしょうね。


☆6位
『詩羽のいる街』/山本弘


お金も家もないけれど、わらしべ長者のように、
ひとを紹介し循環させ、その報酬をものでもらい、
ひいては幸せをつくりだしてゆく女性「詩羽」を
軸にして描かれる、現代のわらしべ物語です。

ありえないんだけれど、ありえて欲しい「詩羽」が
とても魅力的です。善人も居れば悪人も居るし、
犯罪も当然あるけれど、それでもみんなが
つながることで少しずつ幸せになれる。
現代に欠けている何かが描かれているように思います。


☆5位
『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン


感想を書いてますので手短に。エイズ問題の前時代、
宗教的価値観において差別されていた時代の、
ゲイリブのさきがけ的ゲイ小説です。
女性が著者というのも素晴らしいところ。


☆4位
『武士道シックスティーン』/誉田哲也


「剛の女の子」と「柔の女の子」、言い換えれば、
「今時ハエを箸でつかむ人の兵法にこだわるヘンな子」と
「日舞の影響で動きがヘンなチャンバラ剣道の子」と
お互いに評しそうな女の子達が出会い、その対比、
剣道に対するスタンスの対立、そして理解、
はたして剣道を含む「道」とはなんぞや、ということを
双方の目を通して感じることができます。

本の作りも面白く、紅と白の2本のひもがついており、
剣道にふさわしいつくりになっています。
こういうのはハードカバーならではのあそびですよね。
なお続編の『武士道セブンティーン』『武士道エイティーン』、
コミカライズ作品もあり、映画化も予定されています。
(エイティーンは私は未だ読んでません。来年のお楽しみに。)


☆3位
『新版 小説道場』/中島梓


これも感想を長々と書いているのでここでは軽めに…。
小説では無いですけれど、そこらの小説よりも
読み応えがあります。特に、1巻〜2巻あたりの
テンションの高さと熱気は一読の価値ありです。
これがあっての今のBL、ひいてはこのブログがありますね。


☆2位
『ななつのこ』/加納朋子(←記事中の5番)


こちらも軽めに。今年は、『シンデレラ・ティース』(坂木司)、
『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』(近藤史恵)
など、多くの日常系ミステリに手を出しましたが、
その中で、構成の妙に驚かされた作品でした。
続編の『魔法飛行』『スペース』も素敵でした。


☆1位
『十二国記シリーズ』/小野不由美
図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(↑これはシリーズ中最も燃えた作品。珠晶大好きです。)

何年か前に2冊ぐらい読んでやめちゃった自分を
説得しに行きたい。もっと早くに読んでおけっ!
ええ、いまさらはまったんです、ええ。
……面白いものに出会うのは何時だっていいじゃない!
というわけで主上のご慈悲(新刊)を希う民草の仲間入りです。

異世界の雰囲気がいい、異世界での冒険が楽しい、
キャラクタの個性が面白い、ショタ黒麒麟萌え…とか
色々と理由はありますけれど、ファンタジーの中で、
麒麟(宰相)と選ばれた王により国が栄え衰退する
システムの不合理さ理不尽さなど、神や政治への
提議も描き出しているところがたまりません。
この作品ほど、「突然王に選ばれた」というドリーム設定が
嬉しいと思えないファンタジーがあるのでしょうか(笑)

でもって恐ろしいことにまだ完結してない……!
どのくらい待てば完結するのでしょうね、これ。
最近は短編をいくつか書かれてはいるようですけれど、
単行本になるのはまだ先だろうし……
続きが読みたくてたまらないよう。
来年こそ出してくだされー!という念もコミで1位です。


というわけで、豊作だった非BL小説ベストでした。
明日はBLコミックベストかな…それでは、また明日。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:28 | - | - |
2009年上半期 BL小説トンキワベスト5
昨日更新したと思ったらできてなかったみたい……。
以下は昨日の原文そのままでお送りします。
ちなみにバーゲンは今日も行けませんでした。

*   *   *   *   *   *   *

今日、バーゲンに行こうとしてたのに残業になったことは
「ま、しょうがないか」ぐらいに受け止められたのに、
電車乗ってから読む本がないと気づいたことには
「お願い、開いて!」とドアに向かって演じたい衝動にかられました。
かられただけで実際はしませんでした。

「どこへ行こうというのかね!」と言われずに済んで
よかったですが、読む本が無いってほんと恐怖です。

さて、ほんとにやります、トンキワ小説ベストです。
トンキワを読みこんでいるわけではないので、
「まだまだ甘いなあ」と思って頂ければ幸いです。

それでは、以下続きます。

続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:19 | - | - |
2009年上半期 BL小説ワースト5
半年に1回の鬱憤晴らし記事ことワースト感想の
時期が今年もやってまいりました。

と、言いたいところなのですが、今年は
ひどいものに当たった確率が低かった!
その理由を推測してみるに、野球で言えば以下の3つ。

・ストライクばかりが来た
・ストライクかボールか微妙な球には手を出さなくなった
・ストライクゾーンが広くなった(楽しめる域が拡大)

↑明らかに3だな……まあ、面白がれるのは良いこととしよう。
なんにも面白くないと認識してるより得なんじゃなくって?
わお、アクティブ思考(嗜好?)!ということでトンデモ感想に
フラグを立てておきつつ、それでもダメだった作品の感想です。

苦手な方は非カムアウト相手と書店のBL棚の前で
ばったり出くわしたときのようにお逃げください。

続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:38 | - | - |
2009年上半期 BL小説&コミック ベスト10
定額給付金が届きました。
藤子・F・不二雄大全集の一部に補填されました。
予約特典につられて全巻予約をしてしまいました。
まあ、こういうのは勢いなので気にしなーい!

さて、先日お知らせしましたとおり、今年も上半期が
終わりましたので、個人的ベストの発表です。
今年もよく読んだなあと思っていたのに、去年の記録を
読み返していたら去年はこの時点でBL小説が40冊近くも
多かった……なんかとりつかれてたんでしょうかね?

ただ、数は減ったものの選ぶのにはまったく困らなかった、
むしろ多くて悩んだので幸せなんでしょうね。
それでは以下、発表です。長いです。


続きを読む >>
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:20 | - | - |
2009年BL系感想一覧
■BLの感想(っぽいもの含む)のみピックアップしています。
■特別お気に入りのものは色がつけてあります。
■1週間に1回くらい更新する予定です。

過去の感想一覧リンク
【2005年】 【2006年】 【2007年】 【2008年】

―――小説―――
1月:16点
01.03 『ウサギ狩り』/鈴木あみ(記事名:2008年下半期 BL小説ワースト5)
01.03 『禽舎の贄』/水原とほる(記事名:2008年下半期 BL小説ワースト5)
01.03 『電脳天使殺人事件』/五百香ノエル(記事名:2008年下半期 BL小説ワースト5)
01.03 『欲情ウソ発見器』/矢神りな(記事名:2008年下半期 BL小説ワースト5)
01.03 『陽だまりに吹く風』/吉原理恵子(記事名:2008年下半期 BL小説ワースト5)
01.04 『しあわせにできる』シリーズ/谷崎泉
01.06 『先生だって我慢できない』/松岡裕太
01.06 『KAIRI』 /高崎ともや
01.06 『ラブ・バチェラー』/小川いら
01.11 『王子隷属 〜仙狐異聞〜』(上・下)/矢城米花
01.14 『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅
01.18 『眠る兎』/木原音瀬
01.20 『天使の飼育』/小塚佳哉
01.22 『彼と愛のトレーニング』/小林蒼
01.25 『花嫁はマリッジブルー』/凪良ゆう
01.28 『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里
2月:13点
02.01 『拉致ってラブ!』/佐伯まお
02.03 『恋愛記憶証明』/名倉和希
02.06 『素敵な愛人』/高崎ともや
02.10 『走れキューピッド』/高橋英里花
02.14 『バスルームでキスをして』/鬼塚ツヤコ(記事名:3P小説3本勝負)
02.14 『背徳の聖者たち』/山藍紫姫子(記事名:3P小説3本勝負)
02.14 『玉帝の箱庭 〜鳳麗国の双子皇子〜』
   『玉帝の箱庭 〜紅蓮の朱雀〜』/橘かおる(記事名:3P小説3本勝負)

02.17 『本番五秒前』/いおかいつき
02.19 『ちょっとアブナイ恋物語』/雅桃子
02.22 『貴公子の求婚』/和泉桂
02.24 『硝子の花束』/杉原理生
02.27 『ラスト・シャンパン』/高橋英里花
3月:11点
03.01 『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬
03.03 『ワガママなアイズ』/小林蒼(記事名:3P小説3本勝負)
03.03 『色彩の檻』/西野花(記事名:3P小説3本勝負)
03.03 『そりゃもう、愛でしょう』/相良友絵(記事名:3P小説3本勝負)
03.15 『初恋姫』/凪良ゆう
03.17 『八王子姫』/海野幸
03.19 『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮
03.21 『硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
03.22 『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
03.24 『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
03.26 『こどもの瞳』/木原音瀬
4月:13点
04.01 『ヒューマン・レプリカ』/五百香ノエル
04.02 『よくある話。』/中原一也
04.07 『以心伝心ABC』/水無月さらら
04.09 『夢にも逢いみん』/かわい有美子
04.12 『愛は強制捜査で暴かれる』/小野田五月
04.14 『おきざりの天使』/夜光花
04.17 『プレイス』/木原音瀬
04.18 『奥さまは18歳!』/ひちわゆか
04.25 『フライ,ダディ,フライ』/金城一紀 (Not BL label)
04.26 『夜には凍る道』/西条公威
04.29 『千の嘘よりひとつのキス』/紫宝司(記事名:3P小説3本勝負)
04.29 『甘くキスして惑わせて』/望月広海(記事名:3P小説3本勝負)
04.29 『DEAD END』/桃さくら(記事名:3P小説3本勝負)
5月:8点
05.02 『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬
05.05 『唇にキス 舌の上に愛 〜愛と混乱のレストラン3』/高遠琉加
05.08 『愛しているにもほどがある』/中原一也
05.13 『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお
05.16 『負けず嫌いな僕ら』/渡海奈穂
05.24 『王子様には秘密がある』/高遠琉加
05.27 『リメイク』/剛しいら
05.31 『交渉人は振り返る』/榎田尤利
6月:9点
06.03 『告白は花束に託して』/遠野春日
06.13 『君に捧ぐ恋の証』/楠田雅紀
06.14 『寄せては返す波のように』/六青みつみ
06.17 『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン
06.19 『15センチメートルの恋』/砂原糖子
06.21 『エロとじ vol.2』/アンソロジー
06.21 『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日
06.28 『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流
06.30 『リベット』/木原音瀬
7月:11点
07.05 『逃亡者×追跡者』/矢城米花(記事名:2009年上半期 BL小説ワースト5)
07.05 『終わりよければすべてラブ』/高月まつり(記事名:2009年上半期 BL小説ワースト5)
07.05 『冒涜の教官室』/高峰あいす(記事名:2009年上半期 BL小説ワースト5)
07.05 『恋の柩』/シギナヲコ(記事名:2009年上半期 BL小説ワースト5)
07.05 『新任教師』(上・下)/矢城米花(記事名:2009年上半期 BL小説ワースト5)
07.08 『真珠姫ご乱心!―私立海宝学園シリーズ〈3〉』/水無月さらら(記事名:2009年上半期 BL小説トンキワベスト5)
07.08 『完全版 僕のセクシャルハラスメント』/桃さくら(記事名:2009年上半期 BL小説トンキワベスト5)
07.19 『獣』『獣・壊滅』『獣・煉獄』/綺月陣
07.24 『ラブストーリーで会いましょう』(上・下)/砂原糖子
07.26 『夜明けには優しいキスを』/凪良ゆう
07.28 『桃色☆王子―胸の秘密はミルキーピンク』/神香うらら
8月:12点
08.03 『ナルシストの憂鬱』/西江彩夏
08.12 『新版 小説道場1〜4』/中島梓(No BL Label)
08.14 『COLD SLEEP』/木原音瀬
08.15 『COLD LIGHT』/木原音瀬
08.16 『COLD FEVER』/木原音瀬
08.18 『お仕事ください!』/音理雄
08.20 『夏の贖罪』/うえだ真由
08.22 『嘘と誤解は恋のせい』/小林典雅
08.23 『キスの余韻、恋のはじまり』/音理雄
08.27 『夜明けの声は甘く』/李丘那岐
08.29 『快楽の支配者』/暁由宇
08.30 『罪深き誓約』/暁由宇
9月:10点
09.01 『ワケアリ』/中原一也
09.08 『飛ぶ男』/吾木香
09.11 『野菜畑で会うならば』/佐々木禎子
09.13 『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜
09.15 『スリープ』/砂原糖子
09.20 『不条理で甘い囁き』/崎谷はるひ
09.21 『愛の弾丸』/小川いら
09.25 『甘い罠』『恋の獲物』/暁由宇
09.27 『さらってみやがれ!』『犯ってみやがれ!』/矢神りな
09.30 『R134』/橘紅緒
10月:7点
10.02 『蛇とワルツ』/榎田尤利
10.06 『白檀の甘い罠』/春原いずみ
10.12 『忘れないでいてくれ』/夜光花
10.18 『僕のセクシャルハラスメント 輪舞』/桃さくら
10.21 『花芽と狼』/須和雪里
10.24 『恋愛・教師―Color of Snow』/西江彩夏
10.29 『奥まで暴いて』/バーバラ片桐
11月:6点
11.01 『はつ恋』/榎田尤利
11.08 『Hard to hold』/暁由宇
11.13 『攻め気なあなた 2』/水無月さらら
11.15 『しのびごと』/松浦巽
11.19 『幻の恋人』/大鳥香弥
11.22 『優しい罠』/剛しいら
12月:7点
12.03 『フレキシブルな恋愛』/月夜野亮
12.06 『薔薇の館―美少年連続殺人事件』/布刈丸洋子(Not BL label)
12.09 『恋ひめやも』/英田サキ
12.13 『夜をわたる月の船』/木原音瀬
12.20 『最果ての空』/英田サキ
12.23 『放水開始! 許可証をください !6』/烏城あきら
12.24 『一途な夜』/砂床あい

―――コミック―――
1月:4点

01.08 『タイトロープ』/夏目イサク

01.12 『初恋の70%は、』/山中ヒコ
01.17 『僕の知るあなたの話』/鈴木ツタ
01.30 『子連れオオカミ』/井上佐藤
2月:6点
02.15 『アイツの大本命』(2)/田中鈴木(記事名:BLマンガ読了メモ@2009.02.15)
02.15 『ほんと野獣』(2)/山本小鉄子(記事名:BLマンガ読了メモ@2009.02.15)
02.15 『満開ダーリン』/山本小鉄子(記事名:BLマンガ読了メモ@2009.02.15)
02.15 『陸軍恋愛士官学校』/水上シン(記事名:BLマンガ読了メモ@2009.02.15)
02.15 『スイートビターキャンディ』/麻生ミツ晃(記事名:BLマンガ読了メモ@2009.02.15)
02.21 『肉体派 vol.12 複数プレイ』/アンソロジー
3月:3点
03.05 『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ
03.07 『ポラリスベル』『ポラリスまでの距離』/テラシマ
03.12 『キネイン!』/えすとえむ
4月:3点
04.05 『風と木の詩』/竹宮惠子 (BLというより少年愛?)
04.19 『プライベート・ジムナスティックス』1〜3/藤たまき
04.23 『Cab vol.1』/アンソロジー
5月:7点
05.09 『俎上の鯉は二度跳ねる』/水城せとな
05.17 『テレビくんの気持ち』/松本ミーコハウス(記事名:BLマンガ読了メモ@09.05.17)
05.17 『日曜日に生まれた子供』/紺野キタ(記事名:BLマンガ読了メモ@09.05.17)
05.17 『社長と秘書、愛の証明』/町屋はとこ(記事名:BLマンガ読了メモ@09.05.17)
05.17 『この世異聞 其ノ参』/鈴木ツタ(記事名:BLマンガ読了メモ@09.05.17)

05.19 『ニッポン擬人化』/アンソロジー
05.30 『春やきぬらん』/杉本亜未
6月:6点
06.06 『妄想カタログ』/かゆまみむ(記事名:3Pコミック3本勝負)
06.06 『HEY! BAD BOY』/桜でんぶ(記事名:3Pコミック3本勝負)
06.06 『肉体派 No.13 フェチ漢全攻略』/アンソロジー(記事名:3Pコミック3本勝負)
06.07 『セブンデイズ』/宝井理人(原作:橘紅緒)
06.11 『椿びより』/イシノアヤ
06.25 『SALVA ME』/紺野キタ
7月:9点
07.02 『惑溺趣味』/明治カナ子
07.12 『猿喰山疑獄事件』/遥々アルク
07.12 『団地ヅマ観察』/かゆまみむ(記事名:3Pコミック3本勝負)
07.12 『オーガニック・サンズ』/定広美香(記事名:3Pコミック3本勝負)
07.12 『1 1/2 Darling』(記事名:3Pコミック3本勝負)
07.17 『田園少年』/紺野キタ
07.30 『リベット』/天野瑰
8月:2点
08.06 『カンゴク69』/阿仁谷ユイジ
08.07 『ダブルミンツ』/中村明日美子
9月:2点
09.03 『フリーパンチ』/夏目イサク
09.06 『王子と小鳥』/山中ヒコ
10月:2点
10.04 『丸角屋の嫁とり』/山中ヒコ
10.15 『僕の頑固オヤジ』/三好ひろみ
11月:5点
11.07 『窓際の林檎ちゃん』/恋煩シビト
11.11 『萌え男子がたり』/アンソロジー (Not BL label?)
11.25 『scarlet』/斑目ヒロ
11.29 『人はなぜ働かなければならないのか』/山田ユギ
11.30 『幸せになってみませんか?』/腰乃
12月:
12.11 『そして続きがあるのなら』/内田カヲル


―――CD―――
12月:3点
12.18 『座布団』/剛しいら, 『交渉人は疑わない』/榎田尤利, 『どうしようもないけれど』/夏目イサク
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 21:50 | - | - |