-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 禍福は風邪のもと | main | 『交渉人は振り返る』/榎田尤利(奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『春やきぬらん』/杉本亜未
先月は少しお金があまったので、溜まりに溜まったAmazonの
ほしいものリストの本を買おうかなと物色していたら、
この作品がありました。…すっかり忘れてた!

これをオススメされたのは 1年以上も前のことで、
そのときはマケプレの値段が異常に高くなっていて、
とりあえずほしいものリストにいれておいたのでした。
ですがこの前見たらなんと1円に!
何をしたわけでもないですがすごくお得感です。

というわけで注文し、今日届いて読みました。
絵柄は古かったけど面白かったので感想です。

春やきぬらん (Asuka comics deluxe)
角川書店 (1993/10)
【Amazon】

私は杉本さんの作品を読んだのは
『ファンタジウム』が初でしたので、
BL的なものはどんなんかと思ってましたが……
時代物!JUNE!でした。


とくに2話めの「枯野行」なんてそのものです。
明治時代前半、没落した士族が過激分子として
活動していた時代、その一派のひとり・原田と、
並々ならぬ剣の腕を持った同志・尾形がとある事情から
ふたりして逃避行をするのですが……暗い。

原田の妹は妓楼に売られている、尾形の妻は病で亡くなる、
もちろんハッピーとはいえない終わり方。
今の時代だったら絶対にBLとして存在できません。

しかし、大義名分のためにはじめた行為がいつの間にか
形が変わってしまい、理想と現実の間で揺れ動くさまや、
この作品でも「どのようにして生きる(た)か?」が
深く描かれ、文学作品を読んでいるような感じがしました。
小説のコミカライズといわれても納得してしまいそう。

それでいて、枯野を行っているときの2人が、
つかの間の幸せと知っているからこそ、
精一杯生きようとしているのがすごく印象的です。
終わりがどんなに無常感の苦味に満ちていても、
その一瞬の幸福さが甘さを与えてくれました。

うーん、やっぱりJUNEはJUNEで偉大だったなあと
中島梓さんの功績を思わずにはいられません。
こんど小説道場探そう……。(漫画は竹宮さんですけどさ)


この単行本には「枯野行」のほか、表題作の
「春やきぬらん」、「For my life」(これだけ現代の設定)、
「タイムマシンにお願い」、「夕凪」の4話が収録されています。

「春やきぬらん」は明治時代、画家を志す学生と
文士を志す書生が下宿で相部屋となり、
芸術への考え方や立場から衝突と共感を繰り返し、
次第に思慕の念を深めていくという作品です。
JUNE掲載作ですがBL寄りで読みやすかったです。

「For my life」もJUNE掲載作ですが、親の会社を継ぐと
決まっている男と、親の要望に添えないちょっと
不思議系の幼なじみが、しがらみから解放される話です。
親とか自由とか男同士とか……JUNEですなあ。
もちろん、まったくもって嫌いじゃありません。

「タイムマシンにお願い」、「夕凪」はJUNEではなく、
SF(すこし不思議レベルの)だったり、高杉晋作と
その愛人を描いた作品だったりとバラバラですが、
こちらも面白かったです。とくに「夕凪」は、
高杉晋作を調べてしまいたくなるくらいでした。
(おかげで「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」は
高杉晋作の作とされていることを知りました…初助師匠……)


絵は今のとは比べ物にならないほど荒いですが、
漫画は絵だけじゃないなあと思えた1冊でした。
1年越しになりますが、オススメどうもありがとうございました!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - |