-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『春やきぬらん』/杉本亜未 | main | 平均との距離と5月読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は振り返る』/榎田尤利(奈良千春)
PCのバックアップをし忘れて困ったことがひとつ。
変換機能がパーになってしまいました。

エダさんは枝有利だし、剛さんは合資医らですし、
高遠さんは高と折るかですし、まったくもう、と
変換に憤りますがやっぱり作家名が特殊ですよねこの業界。

新しく登録すればいいだけの話なんですけど、
その読みが変換できるだろう範囲内だ、と
無自覚に考えちゃってるんだなあと気づいた次第でした。

さて、それでは5月で一番楽しみにしていた交渉人シリーズです!
ちょっと重い内容でしたがやはり面白かった…!
というわけで、以下、感想です。


『交渉人は振り返る』/榎田尤利
大洋図書 (2009/5/28)
【Amazon】



☆あらすじ
元検事で元弁護士、優秀な頭脳と口八丁を駆使する美貌の男、芽吹章。
弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外は
なんでもござれの交渉人として、『芽吹ネゴオフィス』を経営している。
そんな芽吹が泣く子も黙ると評判のヤクザ、兵頭寿悦と
深い関係になり、この頃ではお互いの存在になれつつあった。
だが、考え方も違えば生き方もまるきり違う、おまけに
ヤクザなんて大嫌いなのに寝ている事実に戸惑いがあるのも事実だった。
そんなとき、芽吹は弁護士時代に関わっていたある青年と再会して……

*   *   *   *   *   *

事件自体はさほど重くはないのです。
受けがクスリを盛られて監禁状態だの、
ヤク中の犯人が殺されたなんて、
BLのヤクザ本を探せばいくらでもありますもの。
(慣れちゃってる自分は重症だと思いますが)

じゃあ何が、というと芽吹の過去を振り返ったときに
あらわれる、芽吹の中に根差している懊悩です。

過去に耐えられなかった弁護士の立場と法への疑念でしたが、
辞して交渉人になった今も結局は「偽善」なのではと煩悶し、
ひとを「信じたい」という信念で押さえ込んでいるそれを
クスリの幻覚ゆえに直面してしまうシーンが痛々しい。

けれど、その痛々しい闘いから逃げない芽吹が
かっこいいんですよね……!中身がおっさんで
兵頭いわく温暖化対策に貢献できるオヤジギャグを
とばしてたとしても、完璧なヒーローでないがゆえに
逆説的に皆に共感されるヒーローになりえる、
その芯の部分をより強く感じられた3作目でした。


ところで芽吹が懊悩していた「偽善」って、
何をもって偽善というのか難しいですよね。
偽善だといっても行為自体で見たら偽でないんだもの。
善いことをしている自分を自覚しているか、それを
どう捉えているかによって変わるだけのような気がします。

まあどちらにせよ、「偽善かもしれないけれど、自分が信じたい、
だから善いと思えることをやる」というスタンスの芽吹は、
たとえ偽善であっても善には変わりないと思います。
(逆に怖いのは、自分の善行は間違っていないのでは
ないか、と疑わないひとだと思うけど)

……という意見を芽吹に言ったって芽吹自身が
考えて答えを出す問題なので届かないでしょうけれど。

ま、意見より『あんたの過去なんてどうでもいい…
現在だって、どうでもいいくらいだ』と
芽吹そのものを肯定する兵頭がいるんだから、
芽吹は絶対に潰れないという安心感もあります。

嫌よ嫌よというわりに兵頭受け入れる芽吹、
芽吹を必要としている兵頭、さらなる絆の深さが
感じられて素敵でした。


語り口は軽妙で読みやすいのに重めの内容ですが、
痛々しくも逃げずに闘おうとする芽吹、全力で支える兵頭、
芽吹を思いやる脇役、すべて面白く読みました。
BL小説読みなら今の必読書です、シリーズ未読ならぜひ!

P.S.
(現時点で)Amazonで15位って凄くないですか……人気だなあ。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |