-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平均との距離と5月読書メーターまとめ | main | 3Pコミック3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『告白は花束に託して』/遠野春日(円陣闇丸)
いまだに遠野春日さんの作品のタイトルが覚えられません。

ハーレクインなタイトルで、かつ、シリーズだとわかるように
共通した語呂や似たような単語を使っているのが、かえって
どれを読んだのかわからなくなってしまうという……。
(同類としては和泉桂さんもそんな感じですかね?)

この摩天楼シリーズも1冊目は読んだけど2巻は読まずに
いきなりこのスピンオフに飛んでしまいました。
せめてナンバリングぐらいしても罰は当たらないのでは?
一向に覚えない私が悪いんですけどね。

まあ、それはいいとして…。
べたべたであまーいBLを読みたかった私には良い1冊でした。
以下、感想です。



『告白は花束に託して』新装版/遠野春日
リブレ出版 (2008/06)
【Amazon】


☆あらすじ
ニューヨークの実業家・都筑の有能な秘書を務めるジーン。
都筑への淡い想いを諦めざるを得ず消沈しているところへ、
新進気鋭のフラワーアーティスト・西根が現れて……。
気位の高い猫のように、どんなにすげなくしてみても、
細やかにジーンを包み込む西根のワイルドな面影は、
次第に心の中に忍び込み、波立つ胸をかき乱す。
嫌いなふりを続けていたのに、傾いてしまう心の行く先は!?

*   *   *   *   *   *

もうベタベタもベタベタなので心の行く先は
問うまでもなく西根の胸の中です。
でもこのベタベタ加減がいいんですまた!

あまりにもツンデレすぎて自己嫌悪するほどのジーンは、
はっきりいって外から見たらけっこうやなやつです。

(外から見たら)こんなにかわいげないジーンを西根が
なんで好きになったのか不思議でしょうがないんですが、
好きになった理由なんてこまけぇこたあいいんだよ!と
いわんばかりにジーンの内面を読み取り、心に入り込み、
ありえないくらいの懐の広さでジーンを許して
愛する西根がいい男過ぎて惚れました。(笑)

こんな都合のいい男いねえよ!最近の速水真澄の
体型ぐらいにありえねえよ!とつっこみつつも、
こんなハーレクインでメロウな愛され方が
すごくツボにはまったりします。

中から見たジーンは不器用すぎて愚かで可愛いですし、
西根は上で述べたとおり、いい男すぎてかっこいい。
BLと言うことを除いても、こんな非日常すぎる世界に
波長が合うときに読むと効果覿面です。


それになんていうんですか、その、攻めがクマと呼ばれるほど
ワイルドで無精ヒゲがあるのがいいんですよ、ヒゲスキーとしては。
肌に当たって痛いけれどそれがいつしか快感になってしまう、
という描写があるとそれだけで喜んじゃうんです。
円陣さんの無精ヒゲを生やした西根はめちゃくちゃに
カッコいいですしね、文句なんてございません。

本文中のなかでジーンが固執していたスピンオフ元の
主人公達のこととかかなり忘れてしまっていたのですが、
それでも今作のメインだけで楽しめた良いスピンオフでした。


ただ、1つだけヒゲスキーとして文句を言うとなれば、
最後のあのシーンの前にどうしてヒゲを剃っちゃうかな!
なぜかみんな剃っちゃうんですよね。
最後のHシーンの前にヒゲを剃らないといけない、
なんて不文律がBLにはあるのでしょうか?

最後までヒゲがあったのって『危険な指先、甘い誘惑』ぐらいしか
思いつかないなあ……ずっとヒゲがあるBL切望中です。

ただ、この作品では書き下ろしでヒゲが復活するので
ちょっと嬉しくもあります。どんだけヒゲ好きなんだ自分。


というわけでワイルド×ツンデレのベッタベタなのが
読みたいわ……というときにオススメです!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - |