-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3Pコミック3本勝負 | main | 2009年全サメモ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『セブンデイズ』/宝井理人(原作:橘紅緒)
金曜の夜は付き合いの飲み会(懲りてるので一滴も飲まず)、
帰ってきて3Pコミックの感想を書いたらいつの間にか爆睡。

土曜は起きたかと思えば寝て、合間に逆転検事をやって、
ようやくクリア!したらいつの間にか爆睡。
(最後の黒幕との戦いが長すぎるよ!)

日曜は起きて読書、本を売って買ってまた寝て、
いつの間にかこんな時間。

他人に土日の過ごし方を聞かれても「いえ別に、あの、
特に何も……」としか言いようのない週末でした。


そこへ来てこの『セブンデイズ』は眩しい1週間ですね!
FRIDAY→SUNDAYの2巻が出るまで長かったですが、
待ったぶんだけ面白かった作品でした。
以下、感想です。



セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22) 
大洋図書 (2007/9/1) (2009/6/1)
【Amazon】       【Amazon】
(09/06/07現在Amazonには在庫なし)

高校三年生の篠弓弦(ゆづる)は、月曜日の朝、
弓道部の後輩である芹生冬至と校門で出逢う。
学年を問わず女生徒に人気の芹生は月曜日の一番最初に
告白してきた相手と必ず付き合い、週末に別れると噂されている。
そんな芹生に「つきあってよ」と弓弦の軽い気持ちから
出た一言でつきあうことになったふたりだが……

*   *   *   *   *   *

1冊目が月曜〜木曜、2冊目が金曜〜日曜とまさに
タイトルどおり7日間だけを描いた作品です。

思い返せば2007年の10月、評判は聞こえていたものの、
1週間というあまりにも短い期間をどうやってBLとして
描くのかと期待と不安が半々だったときに買った自分を、
今の自分から褒めてやりたいです。面白かったよ!


「期間限定の恋人」はよく題材にはなるけれど、
1週間でここまで濃密に描かれているのは凄い!

濃密と言ってもエロが濃いだとかドロドロってわけではなく、
恋に落ちる中で発生する期待や思慕の念などのプラスの面から、
不安や緊張や嫉妬などのマイナスの面までを微細に描いているのです。

はじめは「つきあうこと」に失望を抱いていた2人だったので、
なんだか内面が読みづらかったのに、日を追って気持ちが
変化してゆくうちに、いつのまにか感情移入してしまいます。

読む前は1週間でどうやって描くの?そんなに
気持ちって簡単に変わるか?と思っていましたが、
原作が橘さんだけあって、亜弓さんの演じるジュリエットの
スローモーションのような心情の移り変わりは見事でした。

そう、強制的に変えられるのは困難ですけれど、
自分で変わろうと思えば変われるのですよね。
彼らの1週間を見て考えを新たにしました。
(まあ、高校生だから1週間まるまる、行動をともに
できるってのも大きいと思いますけれど……)

それをまた宝井さんの清涼な絵柄で描写されていて、
なんともいいようのない澄んだ雰囲気でした。
この原作+絵の組み合わせは絶妙ですね!


たった、でもあり、されどでもある1週間。
始まりの終わりであり、また新たな始まりでもある1週間。
エロはまったくないし付き合い始めてからのラブラブも
書き下ろしで推測するくらいしか描かれませんが、
この1週間の作品を読めてよかった、と心から思います。


ただ、ちょっと気になった点は、冬至の兄・夏生と
その彼女で冬至たちに絡んでくる紫乃の不完全な描かれ方。
……単なるお騒がせって結論でいいのか?まあ、いいか。(笑)

BLに求めるものは人それぞれでしょうけれど、
恋になるまでを読みたい方には絶対にオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |