-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『椿びより』/イシノアヤ | main | No thanks, I'm just looking...? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『君に捧ぐ恋の証』/楠田雅紀(南月ゆう)
あっ、今日は早く帰れるかも!

中二病的に言えば黄昏時に黒き天使が降臨する
(定時直前に仕事がとつぜん舞い込む)

残業、帰ると深夜

このコンボを繰り返した週でした。

もともと予定していた仕事なら覚悟ができているけれど、
いきなりてんてこ舞いになると、期待していた分、
失望が大きいです。メイドインヘブンは真実の
一面かもしれない。(JOJOネタですみません)

明日は暴君とファインダーの新刊と魔法飛行と……
思う存分引きこもって惰眠をむさぼってやる!


さて、今日の感想作品は、初めて読んだ作家さんですが、
けっこうな当たりでした。以下にて感想です。




『君に捧ぐ恋の証』/楠田雅紀
二見書房 (2008/6/23)
【Amazon】


☆あらすじ
高校三年の高橋秀(すぐる)は、同性にしか興味を持てない嗜好を
ひた隠しにしていたが、『遊んでいる』同級生・東洋平に知られてしまう。
思い詰める秀へ、東はあろうことか本当にゲイなのか証明してみせろと
挑発し、さらには「つきあおうぜ」とまで迫ってくる。
そんな東をどうしても信用できない秀は、まずはセフレから、
という東の要求を呑むことに。躯だけの関係を続け、初めての快感に
溺れる秀だったが、幼なじみの山岡大輔に知られてしまい――

*   *   *   *   *   *

この東という攻め、あらすじで見える部分だけ読むと、
なかなか性格の悪そうな男のように見えます。
正直、最初読み始めたときはそう思ったんです。

しかし、これは『耳をすませば』の聖司くんの名言、
コンクリートロードと一緒で、やなやつ!やなやつ!と
連呼されるほど嫌われてでも相手に近づこうとする、
涙ぐましい努力だったわけなのです。

ツンの部分とデレの部分の配分が良いバランスで、
どんな暴言を吐いても彼なりの表現なのだな、と
時間が経つにつれてすごく許容できるようになります。

私は最初の印象が悪いとなかなかその印象を
払拭できないのですが(木原作品を除き)、
この攻めは大丈夫でした。

それはなぜかというと、彼は自然体なんです。
秀に対してもそうですし、自分自身に対してもそうで、
ツンの演技をしていても「あー、こいつ本当に秀が好きだな」と
ニヤニヤしちゃうくらい、どこかデレが見えています。
だからきっと許せるんだろうなあ。

BLでは珍しく、近しい友人から受ける性的暴行を
正しく「暴行」として描かれるのですが、
それに対しての考え方もとてもよかったです。
ちょっと分別つきすぎのように思えますが、
言えるくらいの誠実さがあると思わせてくれる、
うわっつらで言ってないと信じさせてくれる、
そんな攻めがかなり高得点でした。


受けの秀は普通に見ればとてもいいやつなのですけれど、
自分を卑下してしまう気持ちが強いあまりに、
他人への配慮が足りなくなってしまっています。

これも「ああ、こういうときあるある」という
リアリティがあって共感しやすいです。
そういった普遍な感覚の描き方も的を射ています。
うーん、この方これが初出版作品らしいのですが、
非常に安定しているなあ……。


マイナス点をあげるとすれば、上記のとおり、
暴行としてのレイプがあることでしょうか。
10人対1人による陵辱だの、そこまで現実味がなければ
それはそれで平気なのですが、描写が長くないとはいえ、
近しい人間からのレイプは辛いものがあるので、
苦手な人にはちょっと難しいかもしれません。

あと、ページ数が少ない! あとがきまで合わせても
200ページないんだもの。せっかく丁寧に
作られているのにもったいないなと感じました。

でも、ほかの作品も読んでみようかなと思えた作家さんでした。
苦手そうでなければお手にとってみてはいかがでしょうか。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:42 | - | - |