-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< No thanks, I'm just looking...? | main | 『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『寄せては返す波のように』/六青みつみ(藤たまき)
ゲームのサントラが大好きです。
ゲームがよければかなりの確率で買ってしまうし、
ゲームの中身を知らなくても好きな作曲家だったら
それだけで買ってしまうこともあります。

そんな私、去年「PRESS START 2008」に行きましたが、
今年もそろそろかな?とサイトを覗いてみたら
なんと今年は公演日が8/2と1ヶ月早く、
とっくにチケット販売も始まっていました。
「この速水真澄ともあろうものが…!」と白目演技しつつ
チケット販売サイトを見たらまだ売ってたー!
もちろん速攻で購入しました。
『俺屍』の花、『幻想水滸伝』、『大神』…楽しみすぎる!
今年は池袋とのことで、直前にお買い物もできるわねっと。

ご興味がある方がいらっしゃるかもしれませんので、
いちおうリンクです。→PRESS START 2009サイト

さて、この顛末は20:00〜21:00 に起こったことであり、ほんとは
「この作品はクロノクロスの楽曲『回想 〜消せない想い〜』を思い出した」
と書きたかっただけだったのに長くなってしまいました。
それでは以下、感想です。



『寄せては返す波のように』/六青みつみ
海王社 (2009/5/28)
【Amazon】


☆あらすじ
“エリィは、おれの好きな人。でもエリィが好きなのは別の人。おれは身代わり”
記憶障害を持つルースは、忘れないようにそれを手帳に記した。
研究所所長のエリィにとって、一時間程度しか記憶が保てないルースは
都合の良い存在なのだ。だからエリィは、去った養い子に似た
容姿のルースを気まぐれに所長室に呼びつけ、身代わりに抱く。
一方的で身勝手だけど、あなたが好き―。切なくも愛おしい恋物語。

*   *   *   *   *   *

人生において一番BLを読んだ年になるであろう2006年に読み、
その多くの本の中で切なさゆえに強く記憶に残っている、
『蒼い海に秘めた恋』の続編が出るとは思わなかった!

といってもスピンオフのため、前作でもっとも
可哀想な男だったエルリンクことエリィが主人公です。
しかし可哀想ではあったけれど同情はできないなあ、
今作でもルースに対して好き放題やってるしなあ……と
はじめのうちは思っていましたが、完璧人間に見えていた
エリィの孤独にころっとやられました。
ほんと可哀想すぎるんだもん!

いつも六青さんの作品だと受けが不憫すぎるんですが、
今回はエリィが不憫すぎでした。ひどい男ではあったものの、
彼がどのくらいショア(前作の受けで養子)を愛していたか、
愛し方を間違えたことをどれだけ悔いているかがわかり、
なんていうかもう…赦す!私が赦す!と許容できました。

もちろん彼の心が自分へ向かっていないとわかっていても、
慈愛を与えるルースが居てこその懺悔なんですけれどね。
エリィがルースの前では弱さをさらけだすことで救われ、
自分の居場所をつかめて本当によかった、と思えました。


前作はもっと切なさを前面に押し出していましたが、
今作は甘めでした。受けがいびられていないから、と
思ったのですが、ルースだって読み返してみると
かなりひどい目にあっていました。

が、エリィのほうが可哀想というのもありますし、
彼は大変な目にあっているという感覚はあっても
その原因を忘れてしまう(いびり甲斐がなさそう(苦笑))なため、
不憫さが後を引かずに痛しさが弱く感じたのかもしれません。

まあ、六青作品は受けが救われているように見えて、
いつでも攻めが一番救われているので、今作では
それが明確になっていたように思います。


もちろん記憶障害は大変でしょうが、エリィのように
尽くしてくれるひとがいれば大丈夫でしょうし。
収録されているショートの「跡白波」でも
そのラブラブっぷりがわかり、大満足です。
このショートではショアとの訣別(恋愛的な意味で)も良かった。
あー、なんだか凄く心が凪いで幸せです。

ぜひ前作とあわせて読まれることをオススメします。

P.S.クロノクロスの楽曲『回想 〜消せない想い〜』の演奏が
Youtubeにあったのでおまけに張っておきます。
原曲と同じではないですがラスト以外はかなり近い……。

| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |