-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『寄せては返す波のように』/六青みつみ(藤たまき) | main | 『15センチメートルの恋』/砂原糖子(南野ましろ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン
職場近くの書店から、BL小説が一切なくなりました。

品揃えはあまりよろしくなかったのですが、
12時まで営業している書店なんてそうそうないので、
新刊買いたい!と思ったときになんと1冊だけ入っている、
ラッキー!なんてことがなくなってしまうわけで、不便です。

非BLを読めばいいんですがそういう気分じゃないときが
確実にありますからね…うーん。
べ、別に今月のルチルの新刊がなくて凹んだとか
そういうことじゃないんだからねっ!

さて、いつかは読んでみたいと思っていたこの小説、
ようやく読むことができました。
衝撃的でした…以下、感想です。



『フロント・ランナー』/パトリシア・ネル・ウォーレン
第三書館 (1990/09)
【Amazon】


名前が覚えられない、翻訳調の文体が合わない、
以前にも書きましたがこの条件から海外小説が苦手です。

この2つの条件を満たしているのに、この400ページに
近い作品は、2日で読み切ってしまいました。
それくらいに引き込まれた作品でした。

生徒に誘惑をしかけたと誤解されて波乱万丈の人生を送り、
四十路近くになるまで人を愛せなかったハーラン、
ゲイだという理由でコーチに睨まれ学校を変えたビリーが
コーチと選手として出会い、恋に落ちるストーリーです。

それは今だったらBLにだってそのくらいは書かれるかもね、
という展開ですけれど、その上に、それを成就させるのが
難しいアメリカの歪みを見事に描いています。

ただひとを愛したいだけなのに男同士であることで
男性優位主義や宗教観によって虐げられ、
ただ走りたいだけなのにゲイへの憎悪で
スキャンダルから排斥されます。

そんな中で、陸上も恋も懸命に成立させようと努力し、
人々に受け入れられ、輝かんばかりの栄光を
手に入れたビリーとそれを支えたハーランに感動し、
誰しもいつしか好きにならずにはいられません。


……と、ここまでは「二遊間の恋」と似ているのですが、
その先にある結末は180度違っていました。
「えっ、何それちょっと待って、はっ?…うそ!うそ!」という
めちゃくちゃな衝撃が先に来て、すぐになんて泣けません。

ハーラン視点で描かれているのにあわせて彼に
気持ちを重ねて読んでいたためなのか、
なんでビリーがこんな目に!と怒ることもできず、
泣きたいのにすぐに泣けず、ボーっとしてしまいました。


冷静になって、なぜそんなに異なるのか、と
比較してみるにおそらく時代なのでしょう。
「二遊間の恋」は最近の1993年出版なのに対して
「フロントランナー」は1976年です。
あのストーンウォール事件から10年も経っていないのです。

だからこそ、衝撃的なハプニングをもって、
抑圧された者の光と影を色濃く描き、
強く世に問いかけているのでしょう。
超一流だったランナーのビリーを追いやったもの、
そして犯人をも追い詰めたものはなんだろうか、と。
それが、この作品をベストセラーにしたのだと思います。
(でも殺すことないじゃんよー!)

ビリーとハーランがすごした短い絶頂の期間を、
きっと忘れることはないでしょう。

そして今の日本に生まれてよかった!と思いました。
ネットではあるけれどゲイと普通に言えるし、
BLが好きですなんて言っていられるのだから。
先人達に感謝です。


それにしても女性なのによくここまで……と思うばかり。
濃くはないですけれど胸毛に鼻をすりつけたり、
理想的な脚を凝視したりと官能的なシーンもばっちりですし…。

あ、逆に外から見てるから感情的にならずに描けたのかもしれませんね。
ストレートにしろゲイにしろ、男性であればこうはいかないかも。

もっとたくさんの情報が書かれており、詳しく書きたいところですが、
それは野暮ということで…ぜひご自分の目で確かめられてください。
海外小説が苦手でも、一読の価値ありです。
| [その他]BL以外の小説 | 23:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |