-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『15センチメートルの恋』/砂原糖子(南野ましろ) | main | 『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日(日高ショーコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『エロとじ vol.2』/アンソロジー
よもや出るとは思わなかったエロとじ第2段です。

えーっと…(1回目の記事確認中)、2年も経ったのですか!
書店で買うのが恥ずかしいタイトルですね、あいかわらず。

恥ずかしいのはタイトルだけではなく、ねこ田さんの
エロ表紙に、裏表紙のカットの数々にアオリ……。
(「マハラジャの淫欲儀式」ってインドの人が見たら怒るぞ、きっと。
アラブから見たらそんなのいまさらでしょうか。)

すべてをもってして「エロとじ」ですね。
前回よりは手堅い感じでしたが、エロ好きとしては
これを欠かすわけにはいきません。

ということで2年ぶりのエロとじ感想です。



リブレ出版 (2009/06)
【Amazon】

前回同様、掲載順に軽めに感想+評価(上/中/下)です。

・『大人のおイタ』/中原一也(直野儚羅) ★上

30代後半のおさななじみやんちゃオヤジどもが
キャッキャウフフしているお話です。
やばい……こういうコメディ大好き……!
黒ビキニとか紫ビキニをネタで一緒に選べる親友って
もはや親友を超えているのに、本人たちだけが
気づいていないのが良いです。(最後の最後まで鈍い)
エロはいつもの中原さんの「尿道」と「自分の中の女」、
そして今回は微妙にコスプレつきでした。

・『夜間飛行』/かわい有美子(佐々木久美子) ★上

どこかの帝国の戦時中での隻腕の美貌上官(年下)と、
幼いころからのつきあいで今は部下(年上)とのロマンス。
もちろん、面白かったですし、エロなことはエロなんですが、
醸し出す雰囲気が設定を含めてエロより気品というか、
ここに居るのが場違いな感じがします。

・『視線』/藤森ちひろ(小山田あみ) ★中

小山田さんのイラストがエロい……!
お話自体はオーソドックスに生徒×教師なのですけれど、
最後に明らかになる妄執じみた教師の心情が良いです。
藤森さんは短編のほうが好みかもしれません。

・『秘教の女神は蜜にまみれて』/いとう由貴(みろくことこ) ★下


これが「マハラジャの淫欲儀式」です。4Pです。
インドのマハラジャが秘教を信じていようと勝手ですが、
エロとじとしては間違っていない方向なんですけれど、
いかんせん、女神が受けでなければならない理由が弱い。
どうみたって頭の弱い子快楽に弱い平凡な子のような。
そして、3人の誰が誰でも良いようにも見えてしまいます。
これがやっぱり3P(以上)ものの永遠の課題なのでしょうか。
ところでこれ、ヒン○ゥー教の人に怒られないのかしら。

・『好きだから。』/夢乃咲実(南月ゆう) ★下

この人の作風はかわいさんと別の意味で
エロとじには向かないような気がします。
もういっそのこと、最初からできてるカップルで
新婚生活エロとかを読みたかったなあ、なんて。

・『人狼伝説・淫猥な罠に堕ちて』/愁堂れな(松本テマリ) ★中

興奮するとケモミミが飛び出す受と守ろうとする攻…でいいのかな?と
断言を迷ってしまうのは、攻めの存在より受を研究しようとする、
攻めの兄にしてマッドな研究者が存在感があるからです。
でもこれ、エロとじとして真っ当で嫌いじゃありません。
愁堂さんの作品は設定は好きだったりするからなあ……。

・『離れられない』/桂生青依(町屋はとこ) ★中

藤森さんの話とプレイの大筋が似ているような気がする、
社長×秘書でした。初読み作家さんですが、
読みやすく取り立てて悪いところはないものの、
印象に残るようなところも特になかったというのが本音です。

・『夏休み』/夜光花(本仁戻) ★中


これなんてエロゲ?という感じの設定でした。
夜光さんは兄弟の妄執がお好きなんですかね……?
まあ、一緒に居るから好きになるという理屈は
理解できなくもないのと、エロ描写が好きだから「中」です。
ちなみに3Pです。もうちょっとページが欲しい内容…。

-エロとじSSコミック編-

・『裸エプロンカフェ♂へ行こう!!』/みなみ遥 ★中

うーん、脳みそ働かせる必要がなくっていいですね!
短編の小説を立て続けに読んできたので小休止にもってこいです。

・『アンプラグド』/川唯東子 ★下

読み飛ばしました。言いたいことはわかるけれど……。

・『Doll』/国枝彩香 ★上

そっちか! 国枝さんは何ページでも巧い!
そういや今月の竹書房の作品も見事に騙されて面白かったです。

-コミック編終了-

・『玉響に永遠を誓う』/遠野春日(巴里) ★中

みっ、短い!遊牧民族の王×皇帝の設定は美味しいのですけれど、
ファンタジーに浸るにはページが足りませんでした。
遠野さんらしいロマンスを期待してしまいます。

・『悪魔の証明』/ふゆの仁子(草間さかえ) ★上

ふゆのさんの作品、久しぶりに読みましたが面白かったです。
やっぱりオヤジ受だからかな!(笑) というのは
話半分として、ちょっとほの暗い感じの設定がよく、
草間さんの挿絵ともマッチしていていました。

・『淫夢』/玉木ゆら(一馬友巳) ★下

理由は簡単、触手が苦手だから!というのも真実ですが、
攻と受が揃ってないから楽しめませんでした。
しかもそのオチ、触手と関係ないじゃん!
どうせキワモノ設定ならウツボカズラの精だったとか、
キワモノを貫き通してほしかったというのは贅沢かしら。

・『扉』/花郎藤子(わたなべあじあ) ★上

身売り話か、疲れてきたしパスかなと思いましたが、
辣腕でかつ裏の仕事にも慣れている傲慢な部下と
社長との秘められたエロスが素敵でした。
イロモノ設定もエロスを妨げることなく増幅し、
それでいてラブもちゃんと回収していました。
萌えはしなかったものの、小説として面白かったです。

・『番舞』/浅見茉莉(実相寺紫子) ★下

浅見さんは嫌いじゃない作家さんなんですけれど、
設定がエロにかみ合ってないといいましょうか、
この設定である必要性が弱くて引き込まれませんでした。
花郎さんのあとという掲載順も悪かったかな……。

・『契約の対価』/高尾理一(北上れん) ★上

これは伏兵でした!高尾さんというとエロよりも
理性や理屈が勝っているイメージだったのですが、
エロと理屈とコメディと萌えがうまく融合していました。
ビープリの新刊といいなんだか凄く面白くなったような。


木原さんとか榎田さんとか、自分のベスト作家が
いなくなったのも大きいとは思うのですけれど、
手堅いけれどあまり記憶に残らないものが増えたかな……。

ただ、中原さん・かわいさん・国枝さんは期待通りでしたし、
ふゆのさん・花郎さん・高尾さんに至っては期待以上でしたから、
まあ、買った価値はあったかなと思います。

vol.3 は出すのかわかりませんが、期待せずに待っています。


おまけ
クリアファイルの一部です。…コレをドコでナニに使えと。

下の方は正視できません
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - |