-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『エロとじ vol.2』/アンソロジー | main | 2009年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日(日高ショーコ)
今日は夏至でした。

曇りときどき雨だった気候とひきこもりだったわが身には
なんら関係がありませんでしたが、この時期を迎えると
もうすぐ夏だなあ、と思ってしまいます。
……夏をスキップできる道具が欲しいよドラえもん。

そのわりに来週、ついに来週発売のおお振りの夏の戦いを
楽しみにしているという矛盾。人間って変ですね。(自分だけか)

さて、変人奇人エロ魔人がたくさんいるBL界ですが、
茅島氏ほど変人にして可愛い人は初めてかもしれません。
茅島氏のラブリーさにやられたというだけの感想ですが、
以下よろしければどうぞ。



『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日


幻冬舎 (2009/4/15)
【Amazon】





幻冬舎 (2009/5/15)
【Amazon】

1巻と2巻は今在庫がないみたいです。
重版かけてほしいなー。


幻冬舎 (2009/6/16)
【Amazon】



★あらすじ(1巻のみ)
桁外れの資産家だが孤独な青年・茅島氏の心を初めて捉えたのは庭師の「彼」。
嵐の夜、突然アパートに押しかけてきて告白する茅島氏に、
つい意地悪をしてしまう庭師だが、世俗にまみれてない茅島氏の
素直さに次第に惹かれてゆく。美しいイングリッシュガーデンに
囲まれたお屋敷を舞台に、庭師×主人の恋を描く人気作。

*   *   *   *   *   *

茅島氏……茅島澄人という人は本当にかわいらしい。

酔狂な行動理由もよくわからず傲慢なようでいて、
実は彼独特のプロセスによって導き出される結論に対して
素直に行動していること、世間知らずではあるけれど
他人への距離の取り方がほかの人間とは違うだけで、
斟酌ができないわけではないことがわかると、
なんかもう、すべてが可愛く見えてくるんです。

超絶高貴な家系に生まれ生活の心配がないのも
聞くだけならいやみったらしいのですが、
他人の目を意識している「セレブ」じゃなくて
本当のセレブリティらしい品のよさによって、
まったく嫌味にならないのです。

レベルが違いすぎてマヤに対して素直に拍手を
送ってしまう雪村みちるの気分になります。

この無感情ツン⇔微かにデレを繰り返す「茅島氏」という
無上の可愛いキャラを生み出した遠野さんに敬礼です。


攻の庭師の「彼」が茅島氏に落とされていくのも良かったです。
茅島氏を振り回したり振り回されるうちに、
いつの間にか深く愛するようになる過程は
茅島氏を可愛く思うようになる自分(読み手)の
心情と重なるようで、凄く感情移入しやすかったです。
その点で「彼」の名前が出ないことが効果的だったかもしれません。


あ、そうだ、↑のとおり、攻めの庭師の名前は
地でもセリフでも「庭師」「彼」「おまえ」などで
固有名詞が登場しません。

これはあとがきでも特に触れられておらず、
どういう理由からなのかは不明です。
茅島氏があまり主語を言わないのに合わせたのか、
茅島氏が主眼だから「彼」はなんでもいいのか……(笑)

とにかく、茅島氏が思いを馳せて愛するのは「彼」のみと
わかっているからまったく気にならないんですけどね。
BLで名前は重要ポイントだと思いますが、それがなくても
ちゃんと成立しているというのは面白いですね。

多角的な視点や細かいエピソードを積み重ねた構成も、
この二人を描写するのにぴったりでした。


惜しむらくは、自分のせいなんですが、風景がわからん!
もっと植物に詳しければ、彼らが見ている風景が
頭に浮かべられたのに、と悔しさいっぱいです。

一部は日高さんの素敵な挿絵で楽しめましたけどね。
肌の色の差に萌えまくった……!

今まで読んできた遠野さんの著作とは違った趣ですが、
楽しく読めました。もちろんオススメでございます。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - |