-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年7月新刊購入予定リスト | main | 『おおきく振りかぶって (12)』をじっくり腐読み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『SALVA ME』/紺野キタ
もう電車内に夏の臭気がする関東地方です。

夏のお楽しみといえばボーナス。
どのくらいなのかは知らされていないのですけれど、
一応出るようなので、メガネを買い換えたいなあ。
リスパラをイメージしたメガネも販売されるらしいですしね。
情報元はこちら

メガネは顔の形の問題もあるけれど、ケースは欲しい……うーむ。
まったくもって今日の感想とは関係ありません。
というか関係あるときのほうが少ないような。まあいいか。

『日曜日に生まれた子供』を読んでほかのも
読んでみたい!と思ったこちらの作品ですが、
子供からおじさんまで描くのがうまい!
それでは以下1話ごとに短い感想です。



『SALVA ME』/紺野キタ
大洋図書 (2004/11/1)
【Amazon】





*   *   *   *   *

『SALVA ME』

少年のときに見た、教会で歌う少年のことが忘れられず、
彼と何度再会しても「少年の頃の彼」を思い浮かべてしまう、
そんな男が娘のピアノを聴いて自分の感情をなんと
呼べばいいのかを悟るという、あらすじにしづらい作品です。

気づくのが遅いよ!とつっこんだのですけれど、
知識よりも感情が早すぎた、とも言えますね。
彼が好きだったのは「少年」だった相手なので、
早く気づいたとしてもうまく行くかは不明ですが……。

過ぎ去った日々と失ったものをただ自覚するのみという、
BLらしからぬ失恋の情緒があとを惹きます。
もう表紙とこれでつかみはOK!って感じです。


『告白』『小泉くんと愉快な仲間たち』

この2編はタッチがことなるけれど同じキャラたちが登場します。
『告白』はサスペンスミステリ風、『小泉〜』はコメディ。

『告白』はいかにも子供らしい残酷さと純粋さが混じった真相が
待ち受けています。この子供達の描き方が茶目っ気たっぷりで、
いかにも男子校の中学生っぽい感じでかわいらしいです。
(実際にいるかどうかはさておき)

『小泉〜』は『告白』で登場したぽっちゃりな小泉くんの
秘密が明らかになります。BLでは珍しい体型をしているけれど、
そういう理由だったのねー!(笑)

先生とちょっと禁断の雰囲気になりかけますが、
これまた非常にかわいらしい真相があって微笑ましかったです。


『とてもじゃないけどみつからない』『めばえ』

この2編もキャラが重なります。『とても〜』は、
離婚した父親(ゲイ)が3年ぶりに息子に会えることに
なったのだけれど、息子は女装をしていた……という話です。

「女装=オカマ=男好き」なんて強引な結び付けをする人が
もしいたらぜひ読んでもらいたいものです。
男の自認があり女の子を好きだけど女の子の服装をしたい、
というのは矛盾しないということが理解できるでしょう。

『めばえ』では逆に、男の自認があり女装をしたいと
思ったことがなくても男が好き、も矛盾しないことも
理解できるんじゃないかなあと思います。


『天使を踏むを恐れるところ』

夫婦とひとりの男、まさしく三角関係の話なのですが、
ドロドロ感がなく爽やかさがあります。
また、刹那的で寂しげでもあります。

前者は、この夫婦は恋愛関係ではなく親友の上に
成立している、ということを認め合っているからです。
後者は、妻のアーネストが長くは生きられないことを
皆知っているからであり、今の奇妙に安定した三角関係も
長くは続けられないと知っているからです。

だからこそ、この奇妙な関係を「天使も見逃してくれる」と
いう意味のモノローグと、タイトルが繋がるんですね……。
うーん、きれいなつながりです。


『天使を〜』だけでなく、全てラストシーンとタイトルとに
綺麗な繋がりがありますね。そのおかげか、
とても読後感が宜しく感じられました。

BLを読んでいる感覚は全然しないしエロティックな
シーンも皆無ですが、マンガとして面白かったです。
濃いのが苦手な方にはオススメしたい1冊でした。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - |