-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『SALVA ME』/紺野キタ | main | 『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流(草間さかえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『おおきく振りかぶって (12)』をじっくり腐読み
今日は出かけようかと思ったけれど、あまりの暑さに
図書館まででやめてしまいました……無理だって。

まあ、家に帰ってきたおかげで、ようやく、
存分に読み返すことができました。

選手同士(敵へも仲間へも)の心理、監督の駆け引き、
観察者の思惑、すべてが緊張感に満ちていて
もう何度読んでも動悸と汗がとまりません。

今回は試合どころなので萌えどころは少なめですが
(美丞には好みになりそうなカップルもいないし)、
試合での心理も腐読みしたくなるのがサガってもんでしょう……!

ということで、いつもどおり腐読みです。
苦手な人は来ないと思いますがネタバレにもご注意を。


『おおきく振りかぶって』(12)/ひぐちアサ
講談社 (2009/6/23)
【Amazon】

今回は美丞の選手が表紙ですね。
帽子の「B」を「犯」と読み違えた自分はキチ○イでしょうか。

*   *   *   *   *   *

□ カバー下

部室紹介でした。正直ここが一番美味しい(笑)

プール下にあって蒸し暑いということは部室でいたすときは
汗まみれか……。別に何をとはいいませんけれどね、ええ。
泉がバッグを頭にかけてるのが高校生らしくていい!

巣栄派にはうれしいダブル半裸もあります。
それから水谷は水玉トランクスで、
泉はチェックのトランクス…把握した。
千代ちゃんも空気読む子で素敵です。

そしてアベは相変わらずいつでもミハシのことばっかりです。
「こいつも384(ミハシ)じゃん」って可愛すぎるだろ阿部…!

□ p.6 ハマちゃん「女子の声が重要」的セリフ

違うよ1番泉はハマちゃんの声援が必要なんだよ…!
あ、言わずもがなだから言わないのですね腐腐腐。

□ p.25 花井→ミハシへの激励

脇くすぐっちゃえばいいと思うよ!でもそこで恥ずかしがる
花井が花井なんだよなあ……下手に大人びてるから。
そしてうらやましそうな顔で後ろから見てる田島がいい!

□ p.39 阿部の失態

「気をつけねェと振り回される」ってすでに
ミハシにはとっくに振り回されてるから!

□ p.52〜65 阿部、いつもどおりキレるの巻

ミハシがちょっと成長してる!もしかしたらピッチャーを
代えられてしまうかもしれないと頭をよぎっても、
モモカンと阿部に意見するのにおじさん泣いちゃったよ。
三星や桐青と戦ったときから考えると偉大な進歩です。

そして自分のリードを読まれてると知った阿部が
キレまくってるのはやっぱり阿部が弱い証拠ですね。
でもその微妙な心理のバランスがたまらないッ!

□ p.74, p.81-82 泉もキレて、花井はテレるの巻

12巻は泉が田島様に嫉妬…!
花井と田島は4番の座についての確執だったわけだけど、
泉と田島は「身長は同じ」なのに素質が異なることに
コンプレックスを抱くのですね。こういうの好きだ……!
ま、でもカップリング的にはハマイズでツンデレ気味に
ハマちゃんにつっかかってデレて癒されればいいと思う。

□ p.83-85 ダミーサイン

あーあ、阿部さんやっちゃった……!
阿部の戦略とミハシの性格に深い溝があることを、
阿部さんは理解できないんだな、弁慶なだけに。
まあ、そのあとの p.88 の可愛いミハシはこの溝が
なければ発生しないのだから溝は赦す!(笑)

□ p.109 水谷コチョコチョの刑

水谷は脇下がモロ性感帯なのですね!
(くすぐったいところ=性感帯)
打席でくねってるところを見るとドMだな、クソレ。
しかもお礼まで言っちゃって……、そこが可愛いクソレ。
この巻はクソレ大活躍ですね、何気に。

□ p.124 水谷&ミハシ、セーフ!

なにこのイキ顔二連発……!可愛すぎてどうしよう。

□ p.131 水谷、サードランナー!

クソレ、緊張感ねえ!可愛いから許すけど。
でもここまで能天気なのもある意味才能ですよね。

□ p.156-158,185 気遣い屋の花井

ミハシとの距離感に戸惑っている花井っていい子…!
そしてそのあとの田島様との絡みへの流れが神です。
p.166 できもちかったぁって言ってるのは、田島様の
言うとおりにXXXXしたからだってことですよね、わかります。
(XXXX→スイング。スイングって響きもいかがわしい……。)

□ p.186 くすぐり談義

沖、泉、水谷、栄口→くすぐったい人。
巣山、阿部→くすぐったくない人。
自分の中での受/攻に分かれているのは偶然でしょうか?

*   *   *   *   *   *

ふう……今回は少ない分長めに書いてみました。
今回はアベミハとミハシがサービス多めでしたねー。
巣栄、ハナタジあたりももっと増えると嬉しいけれど、
十分堪能したので満足です。

13巻の発売予定が書いてないのが不安ですが、
読み返しながら次の展開を楽しみにします!


おまけ画像コラ

著作権は講談社とひぐちアサさんにあるとわかっていても、
どうしてもしたくなってやってしまった。後悔はしていない。
などとわけのわからないことを供述します。

実際はこんな距離感だと思う12巻コラ
| [その他]おお振り特集 | 23:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |