-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流(草間さかえ) | main | 『惑溺趣味』/明治カナ子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『リベット』/木原音瀬(藤田貴美)
5月は1冊も木原本を読めませんでした。
し、4月に2冊読んだからいいよね!
同人誌も読んだしいいよね!
よーし、自分をごまかせた。

そして6月もぎりぎりになってこちらの本を読みました。
この本、2年と9ヶ月も積読してたのか……!
やあ、やっぱり公約にでもして強制的に読まないと
死ぬ前に後悔しそうなのでガンガン読もう。

さて、こちらの感想ですが、まんじ本とは別の意味で
書かずにいられないので、感想にならないかも
しれませんが、以下つらつらと。




蒼竜社 (2006/9/21)
【Amazon】




☆あらすじ
初芝公平は、誰にも知られたくない大きな問題を抱えて暮らしていた。
しかし、その悩みと明るく向き合いながら、一人で
生きていこうとしていた初芝の心を乱すものがあった。
それは、いつも温かく抱き締めてくれる恋人の由紀と、
常に初芝の我が侭を聞いてくれる職場の後輩の乾の存在だった。
二人は初芝の心を弱くも強くもする。
自分の悩みを告げるべきか、初芝は葛藤するが…。

*   *   *   *   *   *

ひ、ひきずられる!
打ち消すようにトンデモ本やマンガを読んでも、
読み終わったあとに頭に浮かぶのはこの本のこと。

このプロットを出す木原さんも木原さんですし、
GOを出した雑誌の編集者と単行本の編集者も編集者だ。
ほんと、よくこのHIVというテーマで書いたなあ!

BL世界では、「洗浄なしゴムなし・強姦あり中だしあり」という
現実では怖くてやる人はほぼいない行為が多いものです。

洗浄とゴム率は最近増えた気がしますけれど、それでも、
それを行った場合に起こる、「最悪の結果」というものは、
存在しないかのように描かれているわけです。
それもそのはず、あくまで「恋愛」がメインであり、
その先の性病やHIVなんて求めていないのです。
(だからこそ、現実との乖離がありすぎてBL全般を憎み、
受け入れられないゲイも多い要因の1つなのかもしれません。)

しかし、そのタブーを書いちゃうんだもん、凄い。
そのセンセーショナルな凄さだけではなくて、
「最悪の結果のその先」を描いているのも、凄い。

感染経験(ここにBLのお約束のほとんどが入ってるのは皮肉か?)、
他人からの拒絶、死ぬことへの恐怖、容赦がない絶望的な描写の中、
そこに見える1つだけの安堵をこれまた余さずに描かれています。

これが私が木原さんの作品を読んでいて、
心から揺さぶられる理由なんですよね。

あえてBLというフィールドでHIVを扱い、ネタだけでした!
なんてオチにならず、現実の世界を描写するだけにならず、
説教くさくもならず、侮蔑にもならず、愛情を求める話に
できるのは、きっと木原さんだけだと思います。
さういふものに私は感動できて幸せです。
読めばわかる!(感想としてどうなんだ。まあいいか)


しっかし感動できたとは言え、ちょっと重すぎるなあ、と
思ったところに、Amazonのレビューという名の朗報により、
なんとカバー下に、書下ろしからさらに3年経ったさらなる
おまけ書下ろしを読むことができました。

いやあ、これはさらに感動!幸せそうな初芝と乾を
見れて、本当に嬉しいです。


2年9ヶ月近くも積読していた不届き者や未読の方が
いらっしゃいましたら、ぜひコミックス版が7月に
出るこの機会に、読まれてみてはいかがでしょうか。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |