-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< センチでも面白いかもと思った、6月読書メーターまとめ | main | 2009年上半期 BL小説ワースト5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年上半期 BL小説&コミック ベスト10
定額給付金が届きました。
藤子・F・不二雄大全集の一部に補填されました。
予約特典につられて全巻予約をしてしまいました。
まあ、こういうのは勢いなので気にしなーい!

さて、先日お知らせしましたとおり、今年も上半期が
終わりましたので、個人的ベストの発表です。
今年もよく読んだなあと思っていたのに、去年の記録を
読み返していたら去年はこの時点でBL小説が40冊近くも
多かった……なんかとりつかれてたんでしょうかね?

ただ、数は減ったものの選ぶのにはまったく困らなかった、
むしろ多くて悩んだので幸せなんでしょうね。
それでは以下、発表です。長いです。




□前置き
・今年読んだ本であって出版年月が今年というわけではありません。
・2009年刊の作品は 印です。
・タイトルにリンクが張ってあるものは感想へ飛びます。
・読了日順に並んでいます。今回は最後にその月の思い出をまとめてみました。

□ BL小説

1.『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅

比喩や小ネタがこれでもかと埋め込まれていて、
読む人によってはくどくどしくて苦手かもしれませんが、
はまったら抜け出せない魅力のある小林典雅作品です。


2.『花嫁はマリッジブルー』『花嫁は今夜もブルー』/凪良ゆう

デビュー花丸花嫁もの……無いわー、と煙った私の目をクリアにした、
新人とは思えぬ力量を見せつけられた作品。ほかの作品も、
コメディ〜シリアスまですべて安定しているのも素晴らしいです。


3.『貴公子の求婚』/和泉桂

不細工ってほどじゃないけど地味、磨かれていない牛蒡のような
書痴の小野朝家が可愛すぎる平安もの。スピンオフなのに
スピンオフもとより楽しかった思い出がきらり。


4.『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮

これぞオトナのBLと銘打ってほしい、地味だけど面白かった作品です。
「恋」だけでなく「子供」も絡んだ、大人ならではの描写です。
もちろんアダルトな意味でのオトナも充実。


5.『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla 追憶の獅子

決してAG全体じゃあありません。
<追憶の獅子>を書いた方に、あの1作目-3作目の各々の意味での
ぶっとびっぷりをまとめた方にのみこの賞賛はふさわしいんだからッ!


6.『プレイス』/木原音瀬

天使の羽という点ではファンタジーですが、それ以上に、
攻めにも受けにもひどく人間くささ、言い換えれば
エゴが漂う……けれど温かみも感じる作品です。


6.『愛しているにもほどがある』/中原一也

3年ぶりにドヤ街のオヤジ×医者が帰ってきた!というだけで嬉しい。
もうコレの理由は私の萌えツボなの!としか言いようが無いです。
オヤジばんざーい!


7.『唇にキス 舌の上に愛』/高遠琉加

高遠さんの文章、物語をとことん味わえたシリーズ完結作です。
これを入れなくて何を入れるの?と迷いなく入れてしまう作品。
BL読んでてよかった……!


8.『交渉人は振り返る』

7と同様、これを読まなきゃ今年ははじまらない、といった作品。
コミカルな面は残しつつテイストを少しずつ変えて進み、
次にさらなる期待を持たせる構成に早くも次が読みたくて仕方ない。


9.『茅島氏の優雅な生活』1〜3/遠野春日

元はリーフノベルスだったとは思えないくらいに(失礼)楽しめた新装版。
茅島氏はまことに優雅で、それでいて可愛い稀有な人。
そんな茅島氏にどんどんと庭師もはまっていっているのが素敵です。


10.『楢崎先生とまんじ君』/椹野道流

単品の作品としても面白いと思うのですが、このカップルに
思い入れがありすぎて客観的な判断ができません…。


□ BLコミック

1.『タイトロープ』/夏目イサク

幼なじみだけど、極道と一般人の家庭で育ち、
すれ違う気持ち……萌えました。
「どうしようもないけれどリターンズ」も欠かせない。


2.『僕の知るあなたの話』/鈴木ツタ

オヤジ受けだという理由だけでここにいる。
オヤジスキーブログとして間違っていない自信がある。


3.『子連れオオカミ』/井上佐藤

子持ちバツイチ同士という珍しいシチュエーションで
発生する葛藤や父親の側面を素晴らしく描いております。
これはBLレーベルに限れば年間ベスト1の可能性大の作品です!


4.『アイツの大本命2』/田中鈴木

吉田かわいいよ吉田……っ!似合わなさ過ぎるチアガールとか
現実世界でもBL世界でも痛いはずなのになぜか可愛い。


5.『キネイン!』/えすとえむ

Hシーンはないけれど、じんわりくる男2人女1人の三角関係+幼なじみもの。
「サルビアと理髪師」の還暦近いおっさん2人の話も素晴らしい。


6.『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ

これまた直裁なHはなしでファンシーでポップな
絵柄ながら、人と人の心のつながりを描いた、
良い意味で見た目で騙されたらいけない作品です。


7.『プライベート・ジムナスティックス』1〜3/藤たまき

フィギュアスケートものということで軽い気持ちで
読みはじめたのに、メンタルに重いものを残されたり、
そのぶん浮き上がって泣かされたりと忙しい名作です。


8.『俎上の鯉は二度跳ねる』/水城せとな

3年前に一世を風靡した『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編。
もう慄くほどのドロドロさがたまらない!つらいのに読んでしまう!
BLレーベルじゃないですが、これは読まねば損です。


9.『セブンデイズFRIDAY→SUNDAY』/宝井理人

こちらは2年前の続きがようやく出ました。
まるで今ヶ瀬のドロドロが浄化されるような爽やかさです。


10.『椿びより』/イシノアヤ

ラブまで行っておらず、日常の和やかさが先に
来る作品ですが……こういうのもありだと思います。
BLにエロが無くちゃいけないなんて法律は無いんだし。

--------------------------------

1月の他の思い出:
小説は『しあわせにできる』/谷崎泉を冬休みを利用してようやく読破。
『眠る兎』/木原音瀬は懐かしくも根底の変わらない面白さ、
『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里はどエロス監禁が素敵でした。
コミックは『徒然』/トジツキハジメが出版されて悲しいような嬉しいような。

2月の他の思い出:
小説は3Pばっかり読んでました。ほとんどはずれでした。
そんな中、『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬の書き下ろしの
エゴ丸出しにぐうっ、とやられました。
コミックでは『スイートビターキャンディ』がじんわりきて良かったです。

3月の他の思い出:
小説は問題作・AGを除けば、樹生さんの龍とDr.シリーズが出たり、
『初恋姫』/凪良ゆう、『こどもの瞳』/木原音瀬などなど満足度高めでした。
コミックは『クリムゾン・スペル』/やまねあやのの新刊が久しぶりに出たことかな…。

4月の他の思い出:
『よくある話。』/中原一也、『秋霖高校第二寮リターンズ2』/月村奎、
『吸血鬼と愉快な仲間たち vol.4』/木原音瀬など、この月もあたりが多かったです。
吸血鬼がベスト10オチなのはオチがまだ無いから……!
また、ひちわさんの新刊『奥さまは18歳!』が出たことに嬉し涙を流したとか。

5月の思い出:
小説は『タイトロープダンサー』/久能千明の stage4と5が同時発売したことで。
15年(出版されてから14年)もの間続いたシリーズが完結しました。
寂しいけれど、完結しないよりはした方が嬉しいですね。
そして、JUNE小説第一人者・中島梓(栗本薫)さんが亡くなられた月でした。
本人は望んでなかったかもしれませんが、いまのBLは中島梓さんが
いなければなかったことでしょう……改めてご冥福をお祈りいたします。
コミックは『彩おとこ』/鳥人ヒロミや『純情 3』/富士山ひょうたなど、
こちらも完結した作品が多かったような記憶です。

6月の思い出:
『『寄せては返す波のように』/六青みつみ、『流星シロップ』/かわい有美子、
『ファインダーの真実』/やまねあやの、『恋する暴君』5/高永ひなこなどなど、
小説もコミックも、続き物がものすごく多かった…忙しかった……。

--------------------------------

思い返すと色々あった上半期でした……本以外のことは
語れることなどない生活をしていないのでこれが全てとも言えますが。

後半も選ぶのに迷ってしまうような良い作品に出会えますように!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 23:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |