-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年上半期 BL小説&コミック ベスト10 | main | 2009年上半期 BL小説トンキワベスト5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年上半期 BL小説ワースト5
半年に1回の鬱憤晴らし記事ことワースト感想の
時期が今年もやってまいりました。

と、言いたいところなのですが、今年は
ひどいものに当たった確率が低かった!
その理由を推測してみるに、野球で言えば以下の3つ。

・ストライクばかりが来た
・ストライクかボールか微妙な球には手を出さなくなった
・ストライクゾーンが広くなった(楽しめる域が拡大)

↑明らかに3だな……まあ、面白がれるのは良いこととしよう。
なんにも面白くないと認識してるより得なんじゃなくって?
わお、アクティブ思考(嗜好?)!ということでトンデモ感想に
フラグを立てておきつつ、それでもダメだった作品の感想です。

苦手な方は非カムアウト相手と書店のBL棚の前で
ばったり出くわしたときのようにお逃げください。



5位・『逃亡者×追跡者』/矢城米花


☆萎えツボは変えられないで賞
二見書房 (2009/3/23)
【Amazon】



人間誰しも苦手だったり萎えなものがあると思いますが、
それでも「この作家さんが書いているなら……」と
試してみるのもまた人間なり、だと思います。
というわけで触手が苦手な私、矢城さんのこの触手本を
試してみたのですが、アウトの中のアウト!
ゲッツーどころかゲッスリーアウトでした。

これはワーストというか相性の問題に近いとわかっています。
ただそれでも、蜘蛛に触手やら産卵管を入れられて、
卵も産み付けられちゃうってどうなのでしょうか。
これは一般的にセーフなのでしょうか。
教えて触手は萌えでも萎えでもないひと!

触手はこれだけに終わらず、受けが追っている
「逃亡者」はマッドサイエンティストで自分の身体を
改造して触手がわりのタコの足を持っています。
しかもそのうえ、性器が10メートルに伸びます。
もうそれは性器というより触角だろう……怖いよ!

描写力があるだけに逆に辛いケースでした。
萎えは「変わる」かもしれないけど「変える」のは難しいなあ…。


4位・『終わりよければすべてラブ』/高月まつり


☆つっこみにつっこめないで賞
竹書房 (2009/3/25)
【Amazon】



「今月(3月)のラヴァーズはいおかさんor高月さんか、
うーんひさしぶりに高月さんでも買おうかな」と
思ったのが間違いでした。おめでたくないワースト2回目です。

前回はセリフのテンポの悪さが耐えられなかったのですが、
今回はがっつり使用されていたつっこみ形式心理描写が辛かった。
「なんか、パワーアップしたような気がするっ!」という
一文を見て力が抜けたよあたしゃ。パワーダウンだよ。
舞台の上で客席に対して過剰に呼びかけすぎというか、
内の世界に入り込めないような物語は苦手です。

あと苦手なのは「ドS」「M汁」だのを地の文で多用するところ。
言葉で端的に描写されても興奮できないワードであって、
それを文章や行為から感じさせるからこそのSMだろうっ!

私が欲しかった奈良さんのチラシは、素敵でした。


3位・『冒涜の教官室』/高峰あいす


☆薄いのにエロつめこみすぎで賞
プランタン出版 (2006/09)
【Amazon】



ついに3Pものからワーストが登場です。
数学の出来ない祐くんは、理事長兼数学教師(両方とも
大変なのに兼任できる時点でお里が知れる学校)の岩倉に
呼び出され、進級したくば奴隷になることを提案されます。
開始40ページにして1回目のエロシーンが終わります。

ま、まあ、この程度ならたまに無くはないけど、と
イヤーな予感を抱えつつ読みすすめると、
60ページで中出しされることに快感を覚える2度目、
75ページでローターの調教をされる3度目、
100ページで親友の前で見られる(これが視姦3P)4度目、
んで、あと何回かのエロをちょこまかと挟み、
なぜか奴隷になることを受け入れてすべてが終わります。

10年前ならまだわかるけど、過激な要素を散りばめただけの
エロに終始したこの話を依頼した編集の意図がわからない。
エロ描写もエロくなく、このレーベルが消えた
理由だけがよくわかった1冊でした。


2位・『恋の柩』/シギナヲコ


☆消えてよかったレーベルで賞
プランタン出版 (2005/11)
【Amazon】



なんと3P&同レーベルが2冊目のワースト入りです。
いやな予感はしてたんですよ、ラピスmoreだし
表紙の右上の人物は首関節がおかしいし……でも、
偏見よくない!と読んでみましたが偏見じゃなかった。

時系列が何度も過去に戻るのでとにかくわかりづらい!
文章全体もくどく、同じ事を換言して重ねる技法が
使われすぎていて非常に読みづらかったです。

エロを多く入れなきゃいけないレーベルでしかも
先述したとおり何度も同じ事を言い換えて書いているので
ページがぜんっぜん足りない印象になってしまっています。
エロに特化した3位のほうがマシだった。(いや、どっちも底辺だけど)

あとどうしても苦手だったのが、受けの喘ぎに、
ナカグロが使われていること。

「ひぁ・んッ」「ひっ・ぁ―――!」

……全然感じているように見えないのは自分だけでしょうか。
アリス文庫もこのレーベルに比べたら全然マシでしょう!


1位・『新任教師』(上・下)/矢城米花


☆ブチャラティにアリアリアリしてほしいで賞
二見書房 (2008/10/23)
【Amazon】(画像・リンクは上巻)



2位までは苦手、1位は嫌悪です。
何がダメって、痛々しく虐げられるだの輪姦だの
スカだのはもちろんなんですけれど、それ以上に、
攻め以外がまったく後悔をしていないのが嫌いです。

人格破綻しきってるならまだしも、彼女が出来たから
やめるとか普通に言うんですよ。今までしてきたことに
懺悔も後悔も負い目も覚えず、利用するだけ利用して。
悪意が無いけど、自覚の無い純然たる悪意でしょう。

先生にしたことを、自分の彼女がもし他人にされたら、
遊びだったで赦せないことだろうに。

ぜひ、ブチャラティに「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
何も知らぬ無知なる者を利用する事だ……!」と説教されて
アリアリ…、アリーヴェデルチ!とボコられて欲しい。

そんな流れの中で、攻めと受けだけ方向転換して
純愛テイストにされても受け付けられませんでした。
5位もそうでしたが、描写がしっかりしているだけに、
なんちゃって、な残虐さと違って許せなかったです。


以上、ワースト5でした。1つもオススメしませんが、
怖いもの見たさで読みたい方がいらしたらどうぞ。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |