-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年上半期 BL小説ワースト5 | main | バーゲンとかけてCharaのフェア帯ととく、 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2009年上半期 BL小説トンキワベスト5
昨日更新したと思ったらできてなかったみたい……。
以下は昨日の原文そのままでお送りします。
ちなみにバーゲンは今日も行けませんでした。

*   *   *   *   *   *   *

今日、バーゲンに行こうとしてたのに残業になったことは
「ま、しょうがないか」ぐらいに受け止められたのに、
電車乗ってから読む本がないと気づいたことには
「お願い、開いて!」とドアに向かって演じたい衝動にかられました。
かられただけで実際はしませんでした。

「どこへ行こうというのかね!」と言われずに済んで
よかったですが、読む本が無いってほんと恐怖です。

さて、ほんとにやります、トンキワ小説ベストです。
トンキワを読みこんでいるわけではないので、
「まだまだ甘いなあ」と思って頂ければ幸いです。

それでは、以下続きます。



ちなみに、トンデモ本の定義は、以下のとおり。
「著者の意図とは異なる視点から楽しむことができる本」
(Wikipedia:トンデモ本 より)

キワモノは……際物=販売できる期間が短いこと、
転じて「キワどいモノ」になったのでしょう。となると、
トンキワ本は「邪推読みできてキワどくて楽しい本」でしょうか。
このブログではそんなような意図で使用します。


5位
『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお

これは感想を以前書いたので詳しいところは割愛するとして、
生徒会サロン、生徒会員のキャラとギャップのありすぎる中身の人間、
BLのテンプレ設定を思わせつつ軽妙に裏切る素晴らしいトンキワです。

黒ラキというレーベルがトンキワに貢献した度合いは
ピアスノベルスと同じく、非常に大きいと思います。
それはエロければなんでもありに限りなく近かったから。
だからこそこのようにくだらない個性溢れる作品が出たのでしょう。

かといって文章に魅力が無ければトンキワは成立せずに
単なる駄作となってしまいますので、こうした文章も
話も面白いトンキワというのはありがたいことです。


4位
『以心伝心ABC』/水無月さらら

これも以前感想は書いたので端的に言います。
タコとイカが愛し合います。え?意味がわからない?
ハッチャン・オクトーパとリング・リンガ・ポッポが
愛し合います。……わからない人はその方が幸せです。

今はあまり基本から逸脱しないビーボーイ作品ですが、
昔はチャレンジャーすぎる作品もあったんですよねえ。

仏像が受けになり攻めは若返る『奇跡のオブジェ』、
受けが三万年前にタイムスリップしたのにはさほど動揺せずに
昔の人類に恋するのには動揺しちゃう『三万年ロマンス』、
冷凍人間を解凍しちゃう『クラッシュ・アイス』などなど、
ビーボーイ+水無月作品には良質なトンキワが揃っています。
水無月さんは私のリストに欠かせない人材といえるでしょう。


3位
『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla

これも既出ですね……世界に知られるセレブリティな
ボランティア団体・「アーサーズガーディアン」が
「一介の人間の痔を直すこと」に四苦八苦するお話です。

著者がおそらくUnit Vanilla のKさんだけあって、
こんなキワキワ度マックスの設定でも面白かったんですが、
受けの妄想癖を含めても、トンデモ本の定義である
「著者の意図とは異なる視点から楽しむことができる本」とは
違っい、すべて意図通りに楽しめてしまえるのです。

なので純粋に見て文章の好みや面白さで言えば1位なのですが、
若干順位を下げて3位といたしました。HENTAI度で言えば、
ハゲパンチ(同人誌)のあのプレイの危なさには勝てませんしね…。


2位
・『真珠姫ご乱心!―私立海宝学園シリーズ〈3〉』/水無月さらら

徳間書店 (2000/12)
(2位と1位は今まで書いたことが
無いので情報などを張っておきます。)
【Amazon】


なんとトップ5なのになんと水無月さんが2冊目です。
なぜかというと……もうまさしく妙ちきりんだからです。
ためしに、受の属性を軽く書き出してみます。

・受は白蛇の化身である。(普通はここで脱落)
・受は超能力を持ち、涙は真珠に変化する。(幽○かよ!)
・受は皆にプリンセス扱いされモテモテである。
・というかもろに姫と呼ばれている。
・なのに一人称はワシである。

属性とかいうレベルじゃねえ!(笑)
攻めや周りの環境もたいしたものでして、

・受けの父はイモリ、兄はまむしである。
・クリスマスプレゼントは脱皮した自分の皮である。
・形代という名のダッチワイフを送ったりもする。
・寮には、上級生が下級生の皮をむく伝統がある。(真性はどうするんだ)

BLを読んでいるはずなのに、通常の着地点のイメージが全く見えません。
「これ、BLでいいんだよね……?キャラ文庫……だよねえ…?」と、
BLであることすらわからなくなってきます。
ある意味ミステリのミスリードよりミスリードです。
でも着地点は意外と普通なのですよね……。
トンキワを狙ってはいるわけではないだろうに、
珍妙な味わいになっているのが素晴らしいのです。

このテイストの作品がシリーズ化し3まで来ているところに、
トンキワBLを愛する方々のレベルの高さが見て取れます。
ちなみにシリーズの1作目の感想はこちらです。


1位・『完全版 僕のセクシャルハラスメント』/桃さくら



ビブロス; 完全版版 (2005/2/18)
【Amazon】




『DEAD END』を読んで、あの壊れっぷりに「このひとの作品には
確実に私好みのトンキワがあるはずだ……!」と思い、
代表作?であるこちらの作品を呼んでみました。
これは凄い……!1位はこれ以外考えられません。

営業で仕事を得るためなら体も差し出す受・望月ですが、
それを指示(マネージメント)する上司・本間(攻)の
セリフが笑いを誘います。

企業戦士たるもの、(男とも女とも)両方できなくてどうする。(p.16)
企業戦士ってバイじゃないとだめなんですか!
初めて知りましたよ!しかもそんな本間を理想とする
望月も理想といってもいいくらいの割れ鍋綴じ蓋で、

企業戦士は、疲れを知らない。僕には果てしなく遠い道のりだった。(p.19)
ちょっ、トンデモ企業戦士の話を間に受けるなよ!
しかもタイミングが絶妙で、本間とやったあとにいうもんだから
「本間が絶倫で自分はへとへと、ああ、長すぎ……」
のようにも見えてしまうのです。だめだ、腹筋崩壊です(笑)

本間の迷発言は続き、

浴衣が嫌なら、私のように何も着なければいい (p.23)
などと、どこぞの国の皇后みたいなことを裸でのたまいます。
皇后のほうがブリオッシュ食べながら言ってないだけマシなものです。
また、役割上何人にも抱かれる望月のお相手の一人は、

プリティベイビー。虜になりそうだヨ (p.169)
などと、すでに虜になってとち狂った発言をし、
あげくのはてにとうもろこしを突っ込んだりと、
もう文字通りやりたい放題です。

はあ、はあ……もうおなか痛くて疲れてしまいました。
「企業戦士」と言われたらもうパブロフで笑ってしまいます。
なんでこの作品がOVA化したのか謎で仕方がありませんが、
2巻だとか完結編が出てるくらいですから人気はあったんでしょうかね。

次からまともになるのかしら……と思いつつ、
変わらないでほしい、凄いトンキワでした。


というわけで既読が半分以上でしたが、トンキワベストでした。
トンキワBL界の知識が全然まだまだだなので、
これからも精進したいと思います。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2009年 | 22:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |