-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年上半期 BL小説トンキワベスト5 | main | 『猿喰山疑獄事件』/遥々アルク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バーゲンとかけてCharaのフェア帯ととく、
そのこころは在庫処分の起爆剤です。
簡単すぎて全然謎解きになりませんね。

結局金曜日まで残業せずに済むような日は無く、
出かけられなかった鬱憤とドライアイの涙の量とはいえ
一応出たボーナスをもとに、バーゲンへ行ってきました。

とはいえバーゲンのためだけに出かけるわけはなく。

この時期といえば、どこでも開催しているバーゲンに比べたら
知名度も場所も少ないけれどBLのフェアがございますね。
そう、Charaバースデーフェアです。
(バーだけ同じだけど知名度は100分の1ぐらいか?)

新しい帯を巻いただけで再度注文されるんだから
美味しい商売ですね。バーゲンだって50%オフ!と
言っても在庫処分しつつ儲けも出すんだから、
どちらも商魂逞しいってもんです。


でもこれ、はっきり言って面倒なんですよね……。
どこぞの書店ではコミック版はAの小冊子しか取り扱わないだの、
こちらの書店では小説版はB&Cの小冊子は取り扱うがAは無いだの。
オタク御用達のアニメイトでさえ、取り扱わない店舗も
あるので、いちいち下調べに手間がかかるのです。
お願いだから統一してくださいといいたくもなります。

そのお願いが届いたのか、今年はだいぶ簡略化されており、
小説版は「Aのみありか全部ありかなし」の3パターン、
コミック版は「ありかなし」の2パターンです。

おお、今年はラクチンだ、でもやっぱり池袋まで
出るのが確実かしら?と開催店を調べていたら、
隣市の書店でも小説はフェアをしていることがわかり、
とりあえず途中下車気分で行ってみました。

そしたら穴場だったのか、結構な量を積まれた小冊子3種類を
あっという間にゲットできてしまいました。

「こういうときにどういう本を買えばいいかわからないの」「挿絵買いすればいいと思うよ」

残すはコミック版。
こちらももしかしたら…と定期で行ける、とあるアニメイトで
いつかは買おうと思っていた「Voice or Noise」1〜3 を買って、
何も問題なく3冊ゲットできました。

「こういうときに(略)」「シリーズ買いすればいいと思うよ」

池袋は便利だけど、皆が「あそこならある」と思って
集まるから無くなる不安要素も高いし、なにより、
遠いんですよね……来年からは穴場を狙おう。


さーて、これからが本番!とショッピングモールや
駅ビルのバーゲンに行ってきたのですけれど、
何を見ても高いとしか思えず退散しました。

たとえばちょっといいな、と思った7000円の夏物ニットが
50%オフになったところで3500円、夏物の寿命は9月、
週1回着たとしても10回ちょっとで本当に酷暑のときは
着れないからさらに機会は減る→来年も着るかわからない
→そこまでの価値は無い、と判断しちゃってなかなか買えません。

Tシャツだって頻繁に着れば大してもたないし、
どんなにナウくてイカす服でも着るのは自分だし、と
明らかに情熱より冷静(屁理屈?)が勝っちゃってます。
自分の被服への情熱は大学生のときで終わったんだなあ。

というかフェア本だけじゃなくてほかにも色々と
本買っちゃったから重くって服を見るのにも
億劫で……はっはっは。情熱のじの字もねえ!


小冊子のフェアのためならお金をぽんと出せるということは、
BLへは未だに冷静より情熱が勝っているってことなんでしょうね。
いつまで続くかわからないけれど、今は流れに身を任せます。


あ、手に入れた小冊子は早々と全部読んでしまいました。

コミック版は京山さんの「仮面ティーチャー」が素晴らしかった。
「私が校長なら毎日が登校日だ!」ってさすがショタ好き教師!
たった4ページにノスタルジィとHENTAIを詰め込んだ傑作です。

小説版は英田さんの「SIMPLEX」かな……予想通りというか、
ヨシュアへの愛情を隠さないロブがいいですね。
「どうして俺に愛させてくれないの?」って、
赤面しちゃうよ読んでるほうが。だがそれがいい。

というわけで、全然バーゲンにはお金を使わなかった1日でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:08 | - | - |